ホーム > 研究概要 > 研究員等紹介 > 上林篤幸


ここから本文です。

上林 篤幸(うえばやし あつゆき)

1.専門分野

世界の食料需給・価格動向の将来見通しに関する分析や研究を行っております。特に、世界全体および主要国・地域の農産物市場の中期見通し(おおむね10年ぐらい)に関連する研究を行っています。このような将来見通しは、USDA、EU、農林水産省等各国政府およびFAO,OECD,世界銀行等の各国政府や国際機関から数多く発表されています。

このような見通しの手法として計量経済モデル、特に農業セクターを詳しく扱う部分均衡モデルが用いられる事が多いのですが、各見通しが提示する予測結果を比較・検証するためには、これらのモデルの構造や安定性などを理解する必要があるため、この分野についても分析や研究を実施しております。

2.略歴

1959年   生まれ(和歌山県)

1982年   東京大学農学部農業経済学科卒

同年        農林水産省入省   経済局国際部貿易関税課配属

1984~86年   OECD事務局(経済協力開発機構:仏パリ市)農業局に準専門家として勤務

1990年   大臣官房企画室企画官(計画斑)

1991年   IFPRI(国際食料政策研究所;米ワシントンD.C.市)にコンサルタントとして勤務

1992年   農林水産省「世界食料需給モデルによる予測結果について」の策定作業に参加

同年        ガット・ウルグアイ・ラウンド非公式多国間交渉(スイス・ジュネーブ市)に日本側政府代表団の一員として参加(12月) 

1996~2001年   OECD事務局農業局にエコノミストとして勤務。「OECD Agricultural Outlook」(毎年春公表)の策定作業に参加

2002年   農林水産政策研究所

2005年   農林水産省(大臣官房長および総合食料局長)が主催する「国際食料問題研究会」に有識者委員として参加

2011年   博士(農学)(東京大学)

 3.研究課題

 「食料の安定供給-世界食料需給モデルの開発」(平成20-22年度  行政対応特別研究)

4.発表論文等

          ・・・・・その他雑誌等への世界の食料需給情勢に関する寄稿・講演等多数

5.  所属学会 

日本農業経済学会、日本国際地域開発学会、日本地域学会

 

 

[更新日:20160204]

組織案内・調達

関連リンク集