ホーム > 報道・広報 > 刊行物・広報誌 > 農総研季報 > 第37号


ここから本文です。

農総研季報第37号(1998年3月)

農村アメニティと政策インセンティヴ-OECD農村アメニティワークショップにおける事例研究-(PDF:4,354KB)

背景と経緯

吉永健治

第1章 農村アメニティの需給と政策インセンティヴ

吉永健治

第2章 明日香地域の歴史的風土とアメニティ

吉永健治

第3章 棚田による農村アメニティ

吉田謙太郎

付論1 多様な農村アメニティとその保全政策-能登・丸山千枚田を対象として-

吉田謙太郎

付論2 多様な農村アメニティとその保全政策-野焼きと童話の里-

吉田謙太郎 

担い手問題の研究の課題-担い手問題研究会記録(平成9年7月11日)(PDF:1,480KB)

駐村研究員だより(PDF:186KB)

180日間で100万人-安城デンパーク-

山口伸

YASAIが安い

関根芳朗

農村の国際化

平野正俊

定例研究会報告要旨(PDF:517KB)

第1729回~第1737回-

その他の研究会開催記録(PDF:22KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

組織案内・調達

関連リンク集