このページの本文へ移動

農林水産政策研究所

メニュー

セミナー開催案内等(平成19年度)

開催日 種別・開催案内 テーマ 講演者等(敬称略) 配布資料・概要
3月24日 定例2060回 農政転換期における農業金融の現状について 長谷川 晃生
(農林水産政策研究所 農業・農村領域)
 
3月18日 セミナー
農生態学: 持続的な食料システムづくりのための生態学的基礎(Agroecology: Ecological Foundations for Transition to Sustainable Food System) ステファン・グリースマン
(米国カリフォルニア大学サンタクルーズ校 教授)
 
3月14日 セミナー
コーヒー産業の持続性と市場展望(Sustainability of the Coffee Sector and Market Perspectives) ネスター・オソリオ
(国際コーヒー機関(ICO)事務局長)
 
3月6日 セミナー
中国の農業・環境政策を現場にみる 原 剛
(農林水産政策研究所 客員研究員 / 早稲田大学教授)
 
3月4日 定例2059回 オーストラリアの水資源問題と農業 玉井 哲也
(農林水産政策研究所 政策研究調整官)
第2059回定例研究会報告要旨(2008年3月4日) オーストラリアの水資源問題と農業(玉井)(PDF:18KB)
2月26日 セミナー
個別割当方式(IQ方式)による漁業管理の条件-カナダ大西洋岸ズワイガニ漁業の事例から- 東村 玲子
(農林水産政策研究所 客員研究員 / 福井県立大学講師)
 
2月21日 シンポジウム
平成19年度農林水産政策研究所シンポジウム農業環境政策の展望と課題(-洞爺湖サミットに向けて-)の開催 キティ・スミス
(米国農務省経済研究所長)
植田 和弘
(京都大学大学院経済学研究科 教授)
荘林 幹太郎
(学習院女子大学国際文化交流学部 教授)
林 岳
(農林水産政策研究所 食料領域 研究員)
 
2月12日 定例2058回 食品安全性をめぐるWTO紛争 藤岡 典夫
(農林水産政策研究所 国際領域)
第2058回定例研究会報告要旨(2月12日) 食品安全性をめぐるWTO紛争(藤岡)(PDF:98KB)
2月7日 セミナー
地域再生について 神野 直彦
(農林水産政策研究所 客員研究員 / 東京大学大学院経済学研究科 教授)
地域再生へのアジェンダ(神野)(PDF:214KB)
2月5日 定例2057回 バイオエタノール生産における環境負荷削減効果と地域経済効果の計測(続報) 林 岳
(農林水産政策研究所 食料領域)
 
1月31日 セミナー
農林水産物の輸出促進について 青戸 直哉
(農林水産省大臣官房国際部貿易関税チーム輸出促進室長)
 
1月29日 定例2056回 水産物の流通構造の変化-多獲性魚介類のブランド化を目指す取組- 高橋 祐一郎
(農林水産政策研究所 食料領域)
 
1月15日 定例2055回
農家以外の農業事業体の躍進がもたらす農業構造再編-2005年農林業センサス分析より- 鈴村 源太郎
(農林水産政策研究所 農業・農村領域 経営局経営政策課併任)
 
12月26日 セミナー
EUにおける漁業政策 ―水産基盤整備概況等の実態について― 長野 章
(はこだて未来大学 教授)
桑原 伸司
(北日本港湾コンサルタント株式会社技術部次長)
伊藤 正人
(農林水産政策研究所 政策研究調整官)
 
12月20日 セミナー
スローフードの理念と活動 石田 雅芳
(スローフード協会国際本部日本担当、スローフード・ジャパン国際部長)
「スローフードの理念と活動」(石田)(PDF:110KB)
セミナー(12月20日)「スローフードの理念と活動」(高橋)(PDF:22KB)
12月12日 セミナー
2007年FAO食料農業白書 ―発展途上国における農業に対する環境支払い― 作山 巧
(農林水産省大臣官房国際部経済連携チーム国際交渉官)
セミナー報告要旨(2007年12月12日)2007年FAO世界食料農業白書:農業者に対する環境支払い(作山)(PDF:134KB)
12月11日 定例2054回 アメリカ農業法案の概要-下院案と上院案の比較- 吉井 邦恒
(農林水産政策研究所 食料領域)
 
12月7日 セミナー
FAO食料見通しFood Outlook 2007年11月版 ―農産物の高価格と乱高下― アブドレザ・アバシアン
(国連食糧農業機関(FAO)経済社会局貿易市場部品目別市場・政策分析および見通し課(国際穀物協議グループ事務局長))
セミナー概要 2007年12月7日「FAO食料見通しFood Outlook 2007年11月版 ―農産物の高価格と乱高下―」(上林)(PDF:93KB)
12月4日 定例2053回
近年のアメリカの自由貿易協定に対する農業利益団体の見解 福田 竜一
(農林水産政策研究所 国際領域)
 
11月27日 定例2052回
農家数減少下における農業集落の機能と活動-2005年農林業センサス農村集落調査の分析から- 橋詰 登
(農林水産政策研究所 農業・農村領域)
農家数減少下における農業集落の機能と活動 -2005年農村集落調査の分析から-(橋詰)(PDF:378KB)
第2052回定例研究会(11月27日)農家数減少下における農業集落の機能と活動 -2005年農村集落調査の分析から-(橋詰)(PDF:89KB)
10月30日 定例2051回
バイオエタノール生産における環境負荷削減効果と地域経済効果の計測 林 岳
(農林水産政策研究所 食料領域)
第2051回定例研究会報告要旨(10月30日) バイオエタノール生産における環境負荷削減効果と地域経済効果の計測(林)(PDF:89KB)
10月23日 定例2050回
アメリカ次期農業法をめぐる最近の状況 吉井 邦恒
(農林水産政策研究所 食料領域)
第2050回定例研究会報告要旨(10月23日) アメリカ次期農業法をめぐる最近の状況(吉井)(PDF:95KB)
10月10日 講演会
農水産廃棄物の再利用と環境の浄化 小泉 武夫
(農林水産政策研究所 客員研究員 / 東京農業大学応用生物科学部 教授)
客員研究員講演会(10月10日)「農水産廃棄物の再利用と環境の浄化」(佐々木)(PDF:157KB)
10月9日 定例2049回
米国におけるバイオエタノール政策の展開と課題 小泉 達治
(農林水産政策研究所 国際領域)
第2049回定例研究会報告要旨(10月9日) 米国におけるバイオエタノール政策の展開と課題(小泉)(PDF:114KB)
10月2日 定例2048回
EUにおけるバイオ燃料事情および関連する農業政策の動向-フランスおよびバイオエタノールを中心として- 上林 篤幸
(農林水産政策研究所 国際領域)
第2048回定例研究会報告要旨(10月2日) 「EUにおける燃料事情及び関連する農業政策の動向-フランス及びバイオエタノールを中心として-」(上林)(PDF:113KB)
7月31日 定例2047回
アメリカ次期農業法をめぐる最近の動き-農業経営安定対策を中心に- 吉井 邦恒
(農林水産政策研究所 食料領域)
第2046回定例研究会報告要旨(7月31日) アメリカ次期農業法をめぐる最近の動き -農業経営安定対策を中心に-(吉井)(PDF:94KB)
7月24日 定例2046回
サステイナブル・アグリカルチャーとコミュニティの再構築-地域間競争の時代を切り拓くまちづくり- 井上 弘司
(長野県飯田市企画部企画幹)
 
7月18日 セミナー
途上国農業を支援するFAOの役割 木本 長
(元国連食糧農業機関(FAO)インドネシア・カンボジア事務所長)
 
7月10日 セミナー
2007年アメリカ農業法の背景・議論の過程 ラリー・バーマイスター
(アメリカ・ケンタッキー大学社会学部大学院 教授)
講演会(7月10日)「2007年農業法:新しい政策方向?」(立川)(PDF:94KB)
6月19日 セミナー
将来を見通すためのOECDにおける政策分析-農業見通しとバイオ燃料への適用(Forward looking policy analysis at the OECD: an application to outlook and biofuels)
ルーク・ブーネカンプ
(経済協力開発機構(OECD)貿易・農業局農業・食料貿易・市場課長)
 
6月14日 セミナー
これからの農林水産分野の国際協力のあり方 井上 龍子
(農林水産省大臣官房国際部国際協力課長)
 
6月12日 定例2045回
市場経済下ベトナム農村における就業構造 岡江 恭史
(農林水産政策研究所 国際領域)
第2045回定例研究会報告要旨(6月12日) 市場経済下ベトナム農村における就業構造(岡江)(PDF:102KB)
6月5日 定例2044回
フードシステムにおける安全性の心理的評価構造と行動 高橋 克也
(農林水産政策研究所 食料領域)
第2044回定例研究会報告要旨(6月5日) フードシステムにおける安全性の心理的評価構造と行動(高橋)(PDF:89KB)
5月29日 定例2043回
2005年農業センサスにみる構造変化の特徴と分析視角 橋詰 登
(農林水産政策研究所 農業・農村領域)
農政転換期における日本農業の構造変化 -2005年農業センサスにみる構造変化の特徴-(橋詰)(PDF:879KB)
第2043回定例研究会報告要旨(5月29日) 2005年農業センサスにみる構造変化の特徴と分析視角(橋詰)(PDF:96KB)
5月22日 定例2042回
複数集落を範囲とした集落営農の展開と労務管理―集落や家を構成単位とした作業分担に着目して― 鵜沢(金子) いづみ
(日本学術振興会特別研究員)
第2042回定例研究会報告要旨(5月22日) 複数集落を範囲とした集落営農の展開と労務管理――集落や家を構成単位とした作業分担に着目して――(金子)(PDF:150KB)
5月15日 定例2041回
アジアにおける鳥インフルエンザ-各国の対応と農業・経済への影響- 會田 陽久
(農林水産政策研究所 国際領域)
櫻井 武司
(農林水産政策研究所 国際領域)
岡江 恭史
(農林水産政策研究所 国際領域)
山下 憲博
(農林水産政策研究所)
 
5月10日 セミナー
オーストラリアの政策評価の目的・手法・活用 ジョン・M・オーウェン
(メルボルン大学プログラム評価センター 主席研究員)
パメラ・セントレジャー
(メルボルン大学プログラム評価センター 上席講師)
セミナー概要(5月10日)「オーストラリアの政策評価の目的・手法・活用」(吉田)(PDF:83KB)
4月24日 定例2040回
科学的専門知と食料安全行政―食品安全庁(EFSA, AFSSA)設置以降の欧州・フランスを事例に― 須田 文明
(農林水産政策研究所 国際政策部 ヨーロッパ研究室)
 
4月17日 定例2039回
アメリカ及びカナダにおける農業経営安定対策の動向 吉井 邦恒
(農林水産政策研究所 評価・食料政策部 政策評価研究室長)
第2039回定例研究会報告要旨(4月17日) アメリカにおける農業経営安定対策の動向(吉井)(PDF:124KB)
4月9日 セミナー
ナノテクノロジーと食品:新しい技術が与える約束は信頼できるか ローレンス・ブッシュ
(ミシガン州立大学社会学科教授)
特別研究会(4月9日)「ナノテクノロジーと食品-その登場,融合,選好,信頼をめぐって」(立川)(PDF:97KB)

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX番号:03-6737-9600

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader