このページの本文へ移動

農林水産政策研究所

メニュー

研究成果報告会 「世界の食料需給の動向と中長期的な見通し-世界食料需給モデルによる2026年の世界食料需給の見通し」

日時

平成29年3月16日(木曜日)14時00分~15時30分(13時30分受付開始)

場所

農林水産政策研究所 セミナー室

東京都千代田区霞が関3-1-1 中央合同庁舎4号館9階

報告者

小泉 達治(農林水産政策研究所 食料・環境領域 主任研究官)

報告内容

  食料の輸入大国である我が国にとっては、世界の食料需給の現状を的確に把握するとともに、将来の食料需給についても最新の情報を踏まえた的確な見通しを持つことが重要な意味を持ちます。このような観点から、農林水産政策研究所においては、自ら開発した「世界食料需給モデル」を用いて、平成20年度以来、10年後の世界の食料需給見通しを推計・公表してきたところです。
  今回の報告会においては、当所が新たに推計した2026年における世界の食料需給見通しの概要について、大豆、とうもろこし等の主要農産物の最新の需給動向や、新興国の農産物需給を巡る最近のトピックス等とあわせて報告します。

お申し込み

参加を希望される方は、3月14日(火曜日)までにFAXまたはお申し込みフォームにて、お名前(ふりがな)、所属、連絡先(電話番号またはメールアドレス)をご連絡ください。

注) 定員(100名)に達した場合には締め切らせていただくことがございます。 お申し込みを受け付けた場合、特にご連絡はいたしません。お断りする時のみご連絡いたしますので、あらかじめご承知おきください。

その他

中央合同庁舎4号館を訪問される際は、正面玄関にて受付手続が必要なため、身分証明書(免許証、社員証など)をお持ちください。

参加に当たっての注意事項

参加に当たっては次の留意事項を厳守してください。お守りいただけない場合は参加をお断りすることがあります。

  • 会場以外の場所に立ち入らないこと。
  • 携帯電話等の電源は必ず切ること。
  • 静粛を旨とし、担当職員の指示に従うこと。

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX番号:03-6737-9600