ホーム > セミナー・研究成果報告会 > セミナー開催案内(平成18年度)


ここから本文です。

 セミナー開催案内(平成18年度)

開催日 種別 テーマ・概要 講演者・報告者 会場
3月22日 特別研究会 BSEをめぐる日米消費者の反応-食品安全を国際化するフードシステムの視点から考える 田中敬子
(米国ケンタッキー大学助教授)
本所
3月20日 シンポジウム 世界バイオ燃料政策 東京フォーラム ホセイン・シャポーリ
(米国農務省経済研究局上級エコノミスト)
ヴァレリー・コール
(欧州エタノール生産者組合 理事長)
ベルナール・ショー
(フランス農業省 バイオマス・バイオ燃料課長)
末松広行
(農林水産省 環境政策課長)
分室
3月13日 定例
2038回
耕作放棄とソーシャルキャピタル 櫻井武司(当所国際政策部)
芝原真紀(東京大学大学院農学特定研究員)
本所
3月6日 定例
2037回
地域漁業における活性化への方策-クラスター戦略論からの接近- 竹ノ内徳人 本所
3月5日 シンポジウム WTO加盟後の中国の農業・食糧・農産物貿易等の動向 田島俊雄(東京大学社会科学研究所教授)
宋洪遠(中国農業部農村経済研究中心副主任)
伊藤順一(当所評価・食料政策部)
河原昌一郎(当所国際政策部)
分室
2月27日 定例
2036回
水産物の安心を目指す関係者の意識の違い~意思決定法による分析の試み~ 高橋祐一郎 本所
2月20日 定例
2035回
環境会計による農林業の環境評価 林岳 本所
2月14日 講演会 2006年度FAO世界食料農業白書―食料安全保障と食料援助:役割と課題 プラブー・ピンガリ
(国連食糧農業機関(FAO)経済社会局 農業開発経済部長)
国連大学
2月13日 特別研究会 開発途上国における多様な農業の役割―FAOプロジェクトからの知見と教訓 プラブー・ピンガリ
(国連食糧農業機関(FAO)経済社会局 農業開発経済部長)
作山巧
(同部比較農業開発課エコノミスト)
コメンテーター:坪田邦夫
(九州大学アジア総合政策センター教授)(元FAO比較農業開発課長)
分室
2月1日 特別研究会 食料自給率問題に対する数理モデル分析手法の活用 大山達雄
(政策研究大学院大学副学長)
分室
1月30日 定例
2034回
韓国の自由貿易協定締結の可能性~締結構造分析による検討~ 福田竜一 本所
1月25日 講演会 【食料・農業協力講演会第7回】ネリカ米の育成と普及 金田忠吉
(JAICAF技術参与)
分室
1月23日 定例
2033回
GMO紛争WTOパネル裁定 藤岡典夫 本所
12月19日 定例
2032回
スリランカの食料・農業情勢 河口正紀 本所
12月12日 定例
2031回
アメリカ・カナダの農業保険とリスク管理 吉井邦恒 本所
11月28日 特別研究会 韓国およびアメリカにおける環境保全型農業の推進政 金種淑
(韓国農業専門学校教授)
リチャード・モア
(オハイオ州立大学准教授)
本城昇
(埼玉大学経済学部教授)
分室
11月21日 講演会 新農村建設背景下における中国農業政策の行方 徐小青
(中国国務院発展研究センター農村経済研究部副部長)
分室
11月16日 講演会 【食料・農業協力講演会第6回】WTO農業交渉について 木下寛之
((独)農畜産振興機構理事長/前・農林水産審議官)
分室
11月14日 定例
2030回
中国の社会主義新農村建設の推進政策について 山下憲博 本所
11月 7日 定例
2029回
圃場特異的な降水量変動リスクと農民行動:西アフリカ,マリにおける実証 櫻井武司 本所
10月25日 講演会 地球温暖化が農業と水資源に与える影響評価のためのモデル構築 マーク・W・ローズグラント
(国際食料政策研究所(IFPRI)環境・生産・技術部部長)
分室
10月23日 定例
2028回
人びとのリスク判断と信頼 中谷内一也
(帝塚山大学心理福祉学部教授)
本所
10月19日 講演会 【食料・農業協力講演会第5回】世界の食糧需給動向 柴田明夫
(丸紅経済研究所所長)
分室
10月17日 定例
2027回
農村共有資源の共同管理と直接支払いに関する理論的考察――中国雲南省紅河州元陽県の事例とわが国農村への含意―― 伊藤順一 本所
10月11日 特別研究会 信頼のマネジメント――行政の視点から―― 木下冨雄
(財団法人国際高等研究所フェロー)
分室
10月10日 定例
2026回
中国雲南省における灌漑管理の成果と農民間の協調行動――進化ゲーム理論による仮説の提示と実証―― 伊藤順一 本所
10月 5日 定例
2025回
我々の社会における『安心』と『リスク』――主として「食」の問題を題材に―― 神里達博
(科学技術振興機構社会技術研究開発センター研究統括補佐)
本所
10月 4日 特別研究会 動物感染症との闘い 松本隆平
(当所国際政策部)
マーティン・バイテンス
(オランダ農務省獣医官)
分室
9月26日 定例
2024回
民俗学の地域論 赤坂憲雄
(東北芸術工科大学東北文化研究センター所長)
本所
9月21日 特別研究会 「ぎょしょく教育」の実践と課題~愛媛県における魚の食育~ 阿部覚
(愛媛大学大学院連合農学研究科)
竹ノ内徳人
(当所地域振興政策部)
分室
9月19日 定例
2023回
農水産物のブランド理論と展開 波積真理
(熊本学園大学商学研究科助教授)
本所
9月13日 講演会 【食料・農業協力講演会第4回】国際農林水産研究の最近の動向について 沖 浩幸
(前農林水産省農林水産技術会議事務局国際研究課長)
分室
9月 8日 特別研究会 水産物の安全・安心の構築におけるITの活用と波及効果 長野章(公立はこだて未来大学システム情報科学部教授)
古屋温美(有限会社マリンプランニング代表取締役)
分室
8月 1日 定例
2022回
ベトナムの村落と農家経済――北部2ヶ村における家計調査より―― 岡江恭史 本所
7月28日 講演会 FAO-開発途上国の食料安全保障増進のために ケビン・ガラガー(FAO本部技術協力局フィールド事業部食料安全保障特別事業課)
今井伸(FAO食料安全保障事業地域コーディネーター(在インドネシア))
分室
7月25日 定例
2021回
欧米における最近の経営安定対策をめぐる動向 ――アメリカ次期農業法案に関する動きを中心に―― 吉井邦恒 本所
7月19日 講演会 【食料・農業協力講演会第3回】EPA/FTAにおける農林水産分野の取組み 増田 敏明
(農林水産省大臣官房審議官(国際))
分室
7月18日 定例
2020回
中国における農村専業合作経済組織の動向と課題 河原昌一郎 本所
7月12日 特別研究会 開発途上国におけるバイオテクノロジー――インドを例として―― ロナルド・J・ヘリング
(コーネル大学政治学科教授)
分室
7月11日 定例
2019回
農業金融を取り巻く環境変化と民間金融機関の農業分野への取組み動向 長谷川晃生 本所
7月 7日 講演会 【食料・農業協力講演会第2回】食品の安全性をめぐる最新動向 西郷 正道
(内閣府食品安全委員会事務局リスクコミュニケーション官)
分室
7月 4日 講演会 【新たな視点からの政策提言シリーズ第9回】大豆と日本人――これまでとこれから―― 小泉武夫
(農林水産政策研究所客員研究員/東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)
本省
6月29日 講演会 【食料・農業協力講演会第1回】JICAの農村開発協力がめざすもの 古賀 重成
(独立行政法人国際協力機構(JICA)農村開発部部長)
分室
6月27日 定例
2018回
ツーリズム・レクリエーションと牧野(草地)保全 大橋めぐみ 本所
6月20日 定例
2017回
農業集落の変容が農村地域社会に及ぼす影響―― 90月0日年農業集落調査の構造動態分析から―― 橋詰 登 分室
6月 6日 定例
2016回
地域漁業の活性化に向けた新たな展開~愛媛県における産地直売所・ぎょしょく教育を事例として~ 竹ノ内徳人 本所
5月30日 定例
2015回
国際貿易モデルによる関税交渉の理論的検討 福田竜一 本所
5月23日 定例
2014回
最近の中国の農業政策の動向と農業社会化服務体系の現状 山下憲博 本所
5月16日 定例
2013回
農林業が持つ環境改善能力の評価手法の開発 林 岳 本所
5月 9日 定例
2012回
EUコメ政策2004年抜本改革の意義と影響――北イタリアを中心に―― 上林篤幸 本所
4月18日 定例
2011回
西アフリカの低湿地の土地所有制度と水管理技術への投資(2005年度日本農業経済学会学会誌賞受賞記念報告) 櫻井武司 本所
4月14日 講演会 【新たな視点からの政策提言シリーズ第8回】日本の健康の鍵は農山漁村が握る 白石真澄
(農林水産政策研究所客員研究員/東洋大学経済学部社会経済システム学科教授)
分室

 セミナー・研究会のページに戻る 

 

ページトップへ

組織案内・調達

関連リンク集