ホーム > セミナー・研究会 > セミナー・講演会等 一覧 > わが国における今後の農業環境・資源保全政策を考える


ここから本文です。

わが国における今後の農業環境・資源保全政策を考える

農林水産政策研究所及び学習院女子大学・岩手大学・東京大学の共同研究チームは、共催で下記のとおりセミナーを開催いたします。

日時

平成24年3月7日(水曜日)  13時30分~17時 (13時 受付開始)

場所

農林水産政策研究所セミナー室

東京都千代田区霞が関3-1-1 中央合同庁舎4号館9階 

講演者及び内容等

農業分野において資源や環境を保全することは、持続可能な農業生産システムを構築するためにきわめて重要です。

本セミナーでは、学習院女子大学・岩手大学・東京大学の共同研究チーム(農林水産政策科学研究委託事業の研究チーム)による農業環境・資源保全政策に関する研究(※)の本年度の研究成果を報告するとともに、わが国のほか米国、豪州の専門家や実務家からの講演を踏まえ、今後の農業環境・資源保全政策を広角的に考えます。

1. 趣旨説明(10分)

木下幸雄氏(岩手大学農学部 准教授)

2. 「新たな農業環境・資源保全政策手法の確立を目指して-集団行為をベースにした環境支払いオークション制度に係る社会実験」(30分)

竹田麻里氏(東京大学大学院新領域創成科学研究科 助教)

3. 豪州における市場的な手法による農業環境・資源保全(30分)

リン・クレーズ氏(豪州ラトローブ大学教授・水政策管理研究センター長)

4. 米国における資源保全主体としてのかんがい区の挑戦(30分)

サンディ・ウイラード・デン氏(米国グレン・コルサかんがい区 副理事長)

5. コメント

及川 正和氏(胆沢平野土地改良区 理事長):「農業資源保全の現場から」

林岳(農林水産政策研究所食料・環境領域 主任研究官):「政策研究の観点から」

<休憩>

6. パネルディスカッション(60分)

「わが国の今後の農業環境・資源保全政策の挑戦と課題」

司会:荘林幹太郎氏(学習院女子大学国際文化交流学部  教授)

パネリスト:講演者及びコメンテーター

 (※)農林水産政策科学研究委託事業「農業分野における資源・環境保全のための総合的政策の構築にかかわる研究」(研究総括者:学習院女子大学 荘林幹太郎)(PDF:95KB)では、持続可能な農業生産システム構築のために、規制と補助金に加え、市場的手法を取り入れた総合的な資源・環境保全政策に関する研究に取り組んでいます。

 

使用言語

日本語-英語同時通訳 

申し込み

参加を希望される方は、3月5日(月曜日)までにFAXまたはインターネットにて、お名前(ふりがな)、所属、連絡先(電話番号またはメールアドレス)をご連絡ください。

注)定員(100名)に達した場合には締め切らせていただくことがございます。お申し込みを受け付けた場合、特にご連絡はいたしません。お断りする時のみご連絡いたしますので、あらかじめご承知おきください。

その他

中央合同庁舎4号館を訪問される際は、正面玄関にて受付手続が必要なため、身分証明書(免許証、社員証など)をお持ちください。

お問い合わせ先

企画広報室広報資料課
ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX:03-6737-9600

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

組織案内・調達

関連リンク集