このページの本文へ移動

農林水産政策研究所

メニュー

食料品アクセスマップ

1. 食料品アクセス困難人口の推計値

平成27年国勢調査(2015)に基づく推計結果(平成30年6月更新)

2. 食料品アクセスマップについて

近年、飲食料品店の減少、大型商業施設の郊外化等に伴い、過疎地域のみならず都市部においても、高齢者を中心に食料品の購入に不便や苦労を感じる「食料品アクセス問題」が顕在化しています。農林水産政策研究所では、食料品アクセス問題がどこで発生しているのかを全国的に把握するために、GIS(地理情報システム)を活用して食料品アクセスマップを作成しました。

2.1. 食料品アクセス困難人口の定義

食料品アクセス困難人口とは、店舗まで500m以上かつ自動車利用困難な65歳以上高齢者を指します。店舗は、食肉、鮮魚、野菜・果実小売業、百貨店、総合スーパー、食料品スーパー、コンビニエンスストアが含まれます。

2.2. 食料品アクセスマップの推計方法

食料品アクセス困難人口は食料品アクセスマップより推計されます。食料品アクセスマップは、平成27年国勢調査(2015年)及び平成26年商業統計の地域メッシュ統計から、店舗まで500m 以上かつ自動車利用が困難な65歳以上の高齢者を「食料品アクセス困難人口」として推計したものです。食料品アクセス困難人口は、過去の研究事例等から徒歩で無理なく買い物に行ける距離として500mを設定し、買い物での不便・苦労を感じる人の多くが自動車を持たない65歳以上の高齢者であることから定義しました。

3. 都道府県別・食料品アクセスマップ(PDF形式)

平成27年国勢調査(2015年)に基づく推計結果(平成30年6月更新)

都道府県をクリックするとその都道府県・地域の地図(PDF形式)を表示できます。
通信環境によっては表示までに時間がかかることがあります。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

4. 公開資料や関連リンク

4.1. 報道発表資料

4.2. GIS活用事例としての紹介

4.3. 食料品アクセス問題ポータルサイト

4.4. 学術論文等

5.引用・転載について

このページに掲載している本文及び地図データ(PDF形式)を引用する場合には、出典として「農林水産政策研究所食料品アクセスマップ」の表記をお願いします。転載・再配布する場合には、お手数ですが事前に担当まで御連絡ください。

6.担当

食料品アクセスチーム
 高橋克也・大橋めぐみ・菊島良介・池川真里亜

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX番号:03-6737-9600

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader