このページの本文へ移動

農林水産政策研究所

メニュー

(1)品目別

食の外部化が進展し、簡便さや低価格商品が求められる一方、国内原料や製法にこだわった製品へのニーズが高まっています。また、人口減少や高齢化に伴い、今後とも食料消費は減少していくことが予想されています。このため、麦類、大豆、野菜、果実、水産物等を対象として、食料消費の多様化等に対応したサプライチェーンを構築し、国産農産物・食品等の需要を確保していくための課題を整理するとともに、その解決方策について研究を進めています。

1.米

タイトル 冊子名・セミナー名等 著者・編著者・報告者 発行年月・開催日
米生産調整対策の評価と政策見直しに関する検討 農林水産政策研究所レビュー No.9 嘉田良平 2003年9月
自主流通米の価格形成とその評価 農林水産政策研究所レビュー No.9 薬師寺哲郎 2003年9月
自主流通米の価格形成と計画外流通米との競争 農林水産政策研究所レビュー No.7 薬師寺哲郎 2003年3月
自主流通米の価格形成と計画外流通米の競争 農林水産政策研究 第3号 薬師寺哲郎 2002年12月

2.麦

タイトル 冊子名・セミナー名等 著者・編著者・報告者 発行年月・開催日
民間流通制度導入後の国内産麦のフードシステムの変容に関する研究(大麦・はだか麦編) ~最新の需給事情も踏まえた今後の対応方向~ 農林水産政策研究所レビューNo.77 吉田行郷 2017年5月
民間流通制度導入後の国内産麦のフードシステムの変容に関する研究(小麦編) ~最新の需給事情も踏まえた今後の対応方向~ 農林水産政策研究所レビュー No.76 吉田行郷 2017年3月
農林水産政策研究叢書第11号
『民間流通制度導入後の国内産麦のフードシステムの変容に関する研究』
農林水産政策研究所レビュー No.75 吉田行郷 2017年1月
民間流通制度導入後の国内産麦のフードシステムの変容に関する研究(小麦編)~最新の需給事情も踏まえた今後の対応方向~ 研究成果報告会
「民間流通制度導入後の国内産麦のフードシステムの変容に関する研究(小麦編)~最新の需給事情も踏まえた今後の対応方向~」
吉田行郷 2016年12月20日
民間流通制度導入後の国内産麦のフードシステムの変容に関する研究 農林水産政策研究叢書 第11号 吉田行郷 2016年8月31日
主産地毎にみた近年の国内産大麦・はだか麦に対する需要の変化と需要拡大に向けた新たな動き 農林水産政策研究所レビュー No.65 吉田行郷 2015年5月
主産地毎にみた近年の国内産小麦に対する需要の変化と需要拡大に向けた新たな動き 農林水産政策研究所レビュー No.63 吉田行郷 2015年1月
主産地毎にみた国内産大麦・はだか麦に対する需要の変化と需要拡大に向けた新たな動き~ 研究成果報告会
「主産地毎にみた国内産大麦・はだか麦に対する需要の変化と需要拡大に向けた新たな動き~」
吉田行郷 2015年1月20日
主産地毎にみた近年の国内産小麦に対する需要の変化と需要拡大に向けた新たな動き 研究成果報告会
「主産地毎にみた近年の国内産小麦に対する需要の変化と需要拡大に向けた新たな動き」
吉田行郷 2014年11月14日
国内産小麦の需要拡大に向けた今後の対応方向~北海道産小麦と九州産小麦の比較分析から~ 農林水産政策研究所レビュー No.51 吉田行郷 2013年1月
国産小麦の需要拡大に向けた今後の対応方向~北海道産小麦と九州小麦の比較分析から~ 研究成果報告会
「国産小麦の需要拡大に向けた今後の対応方向~北海道産小麦と九州小麦の比較分析から~」
吉田行郷 2012年11月6日
小麦の国際価格変動下における国内産小麦需要の変化について 農林水産政策研究所レビュー No.42 吉田行郷 2011年7月
小麦の国際価格変動下における国内小麦需要の変化について 研究成果報告会
「小麦の国際価格変動下における国内小麦需要の変化について」
吉田行郷 2011年6月21日
小麦の需要変化や国際価格高騰の影響を踏まえた国内産小麦の需要拡大の可能性 農林水産政策研究所レビュー No.35 吉田行郷 2010年3月
小麦の需要変化や国際価格高騰の影響を踏まえた国内産小麦の需要拡大の可能性 農林水産政策研究 第17号 吉田行郷 2010年1月
小麦の需要の構造変化と国際価格の高騰の影響を踏まえた国内産小麦の需要拡大について 食料フロープロジェクト研究資料 第1号
麦類で見た消費者・実需者ニーズに対応した我が国の食料供給構造の分析
吉田行郷 2009年7月
大麦・はだか麦の需要構造と国内産需要の変化を踏まえた国内産大麦・はだか麦の需要拡大について 食料フロープロジェクト研究資料 第1号
麦類で見た消費者・実需者ニーズに対応した我が国の食料供給構造の分析
吉田行郷 2009年7月
国内産麦の需要に応じた生産拡大のために産地で取り組むべき課題について 食料フロープロジェクト研究資料 第1号
麦類で見た消費者・実需者ニーズに対応した我が国の食料供給構造の分析
吉田行郷 2009年7月
国内産麦の流通実態とそれを踏まえた麦産地での対応方向 食料フロープロジェクト研究資料 第1号
麦類で見た消費者・実需者ニーズに対応した我が国の食料供給構造の分析
吉田行郷 2009年7月

3.野菜

タイトル 冊子名・セミナー名等 著者・編著者・報告者 発行年月・開催日
野菜の用途別需要の動向と対応課題 農林水産政策研究所レビュー No.48 小林茂典 2012年7月
野菜の用途別需要の動向と対応課題 研究成果報告会
「野菜の用途別需要の動向と対応課題」
小林茂典 2012年3月6日
野菜の用途別需要の動向と国内産地の対応課題 農林水産政策研究所レビュー No.21 小林茂典 2006年10月
野菜の用途別需要の動向と国内産地の対応課題 農林水産政策研究 第11号 小林茂典 2006年7月
野菜産地の再編過程 ――果菜類を中心に―― 農林水産政策研究所レビュー No.15 香月敏孝 2005年3月
ねぎの生産と消費の動向 農林水産政策研究所レビュー No.3 堀越孝良 2002年3月
野菜の輸入動向と輸入野菜流通の特徴 農林水産政策研究所レビュー No.1 小林茂典 2001年9月

4.果物

タイトル 冊子名・セミナー名等 著者・編著者・報告者 発行年月・開催日
りんごの業務・加工用需要の拡大及び業務・加工用契約栽培 農林水産政策研究所レビューNo.79 三澤とあ子,八木浩平 2017年9月
年齢・性別間で果物及びカットフルーツ消費が偏在する要因―構造方程式モデリングを用いた分析― 農林水産政策研究 第25号 八木浩平,山本淳子,河野恵伸 2016年1月
国産りんごのカットフルーツ仕向け拡大に向けて 農林水産政策研究所レビュー No.67 三澤とあ子,八木浩平 2015年9月
カットフルーツ消費の拡大と原料果物の使用状況 食料供給プロジェクト 【品目別】研究資料 第1号
カットフルーツのサプライチェーンに関する研究 -国産りんごの加工仕向け拡大へ向けて-
三澤とあ子 2015年8月
カットフルーツ製造業者の原料調達の現状 食料供給プロジェクト 【品目別】研究資料 第1号
カットフルーツのサプライチェーンに関する研究 -国産りんごの加工仕向け拡大へ向けて-
八木浩平 2015年8月
カットりんごメーカーの有する課題と対応状況 食料供給プロジェクト 【品目別】研究資料 第1号
カットフルーツのサプライチェーンに関する研究 -国産りんごの加工仕向け拡大へ向けて-
種市豊 2015年8月
国産りんごのカットフルーツ仕向け拡大へ向けて 食料供給プロジェクト 【品目別】研究資料 第1号
カットフルーツのサプライチェーンに関する研究 -国産りんごの加工仕向け拡大へ向けて-
八木浩平 2015年8月
小売業者等におけるカットフルーツ販売の現状 研究成果報告会
「国産りんごのカットフルーツ仕向け拡大に向けて」 
三澤とあ子 2015年7月28日
果物・カットフルーツ消費における消費者属性と「食の志向」の関係 研究成果報告会
「国産りんごのカットフルーツ仕向け拡大に向けて」 
八木浩平 2015年7月28日
付表1 各社の用いる原料りんごの品質 研究成果報告会
「国産りんごのカットフルーツ仕向け拡大に向けて」 
八木浩平 2015年7月28日
コメント-カットりんごサプライチェーンの成立条件の解明に向けて- 研究成果報告会
「国産りんごのカットフルーツ仕向け拡大に向けて」 
長谷川啓哉(東北農業研究センター) 2015年7月28日
果実の流通コストと価格形成 ――みかんを中心に―― 農林水産政策研究所レビュー No.13 香月敏孝 2004年9月
果実価格予測モデルと品質要因 農林水産政策研究所レビュー No.12 吉田泰治 2004年6月
果実の小売流通の実態と流通コストの変化 行政対応特別研究[果実]研究資料 第1号
果実の小売流通コストと価格形成要因に関する実態調査報告書
香月敏孝 2003年8月 
アンケート調査結果概要(平成14年度果実の流通コストと価格形成要因分析実態調査報告書) 行政対応特別研究[果実]研究資料 第1号
果実の小売流通コストと価格形成要因に関する実態調査報告書
松崎俊(食品需給センター) 2003年8月 

5.畜産

タイトル 冊子名・セミナー名等 著者・編著者・報告者 発行年月・開催日
肉類におけるサプライチェーンの分析 ―牛肉,豚肉,鶏肉の用途別需要に占める国産・輸入の推移― 農林水産政策研究所レビュー No.56 廣川治 2013年11月
肉類におけるサプライチェーンの分析-牛肉、豚肉、鶏肉を比較して- 研究成果報告会
「肉類におけるサプライチェーンの分析-国産牛肉、豚肉、鶏肉を比較して-」
廣川治 2013年9月3日
肉類に関するサプライチェーンの分析-国産牛肉、豚肉、鶏肉を比較して- サプライチェーンプロジェクト研究資料 第2号
肉類に関するサプライチェーンの分析-国産牛肉、豚肉、鶏肉を比較して-
廣川治 2013年7月
肉類に関するサプライチェーンの分析-国産牛肉、豚肉、鶏肉を比較して-
別表1 食肉消費構成割合, 別表2 食肉消費の国産・輸入比率, 別表3 家計消費の国産・輸入比率, 別表4 食肉加工品材料の国産・輸入比率
サプライチェーンプロジェクト研究資料 第2号
肉類に関するサプライチェーンの分析-国産牛肉、豚肉、鶏肉を比較して-
廣川治 2013年7月
肉類に関するサプライチェーンの分析-国産牛肉、豚肉、鶏肉を比較して-
別添資料1 和牛、乳用種、交雑種の流通経路の分析
サプライチェーンプロジェクト研究資料 第2号
肉類に関するサプライチェーンの分析-国産牛肉、豚肉、鶏肉を比較して-
廣川治 2013年7月
肉類に関するサプライチェーンの分析-国産牛肉、豚肉、鶏肉を比較して-
別添資料2 牛肉流通コストの概算モデルと輸送経費
サプライチェーンプロジェクト研究資料 第2号
肉類に関するサプライチェーンの分析-国産牛肉、豚肉、鶏肉を比較して-
廣川治 2013年7月
肉類に関するサプライチェーンの分析-国産牛肉、豚肉、鶏肉を比較して-
別添資料3 米国農務省における畜産物価格スプレッド公表について
サプライチェーンプロジェクト研究資料 第2号
肉類に関するサプライチェーンの分析-国産牛肉、豚肉、鶏肉を比較して-
廣川治 2013年7月
肉類に関するサプライチェーンの分析-国産牛肉、豚肉、鶏肉を比較して-
別添資料4 国産牛肉の小売価格は需給を反映しているか?
サプライチェーンプロジェクト研究資料 第2号
肉類に関するサプライチェーンの分析-国産牛肉、豚肉、鶏肉を比較して-
廣川治 2013年7月
肉類に関するサプライチェーンの分析-国産牛肉、豚肉、鶏肉を比較して-
別添資料5 農家販売価格、卸売価格及び小売価格の1個体あたり平均精肉価格への換算
サプライチェーンプロジェクト研究資料 第2号
肉類に関するサプライチェーンの分析-国産牛肉、豚肉、鶏肉を比較して-
廣川治 2013年7月
肉類に関するサプライチェーンの分析-国産牛肉、豚肉、鶏肉を比較して-
別添資料6 食肉のサプライチェーンが有するリスクに関する予備調査1 (東日本大震災が肉類のサプライチェーンに及ぼした影響と復旧状況)
サプライチェーンプロジェクト研究資料 第2号
肉類に関するサプライチェーンの分析-国産牛肉、豚肉、鶏肉を比較して-
廣川治 2013年7月
肉類に関するサプライチェーンの分析-国産牛肉、豚肉、鶏肉を比較して-
別添資料7 食肉のサプライチェーンが有するリスクに関する予備調査2 (欧州馬肉スキャンダルのレビュー)
サプライチェーンプロジェクト研究資料 第2号
肉類に関するサプライチェーンの分析-国産牛肉、豚肉、鶏肉を比較して-
廣川治 2013年7月

6.水産

タイトル 冊子名・セミナー名等 著者・編著者・報告者 発行年月・開催日
アジアの水産加工業における比較優位の変動パターン-エビ調整品とツナ缶詰を対象として- 農林水産政策研究 第20号 多田稔,松井隆宏,大石太郎 2013年3月

7.その他

タイトル 冊子名・セミナー名等 著者・編著者・報告者 発行年月・開催日
国産大豆の流通・消費動向と利用拡大に向けた課題 農林水産政策研究所レビュー No.45 佐藤孝一 2012年1月
国産大豆の流通・消費動向と利用拡大に向けた課題 研究成果報告会
「国産大豆の流通・消費動向と利用拡大に向けた課題」
佐藤孝一 2011年12月6日
砂糖関連部門の波及効果と国民負担-地域間産業関連表を用いた分析- 農林水産政策研究 第12号 薬師寺哲郎 2006年9月
沖縄県におけるサトウキビ作と製糖業の現状と課題 農林水産政策研究 第12号 井上荘太朗 2006年9月
砂糖の価格関連政策に関する経済分析 農林水産政策研究所レビュー No.22 薬師寺哲郎 2006年12月
砂糖関連部門の波及効果と国民負担 農林水産政策研究所レビュー No.22 薬師寺哲郎 2006年12月
沖縄甘しゃ糖業の現状と課題 農林水産政策研究所レビュー No.22 井上荘太朗 2006年12月

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX番号:03-6737-9600

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader