このページの本文へ移動

農林水産政策研究所

メニュー

環境

近年、地球温暖化をはじめとする地球規模の環境問題の進展が大きな課題となっており、農林水産分野においてもその対応が求められています。特に農林水産業は、自然環境と密接な関係を持つ産業であることから、生産活動が環境問題に直接的に影響を与えるだけでなく、逆に生産活動が周辺環境に大きな影響を受けるという双方向的な関係にあります。

このため、農林水産業でどのような環境対策ができるのか、また環境状態の悪化が農林水産業へどのような影響があるのか、農林水産業でどのように持続可能性を確保すべきか等を明らかにすることを目的として、これまで地球温暖化対策、バイオマス利活用、生物多様性などさまざまな分野において研究を行ってきました。

タイトル 冊子名・セミナー名等 著者・編著者・報告者 発行年月・開催日
デンマークにおけるバイオガス政策とプラントの普及 -はじめに- セミナー
「デンマークにおけるバイオガス政策とプラントの普及」
浅井真康 2017年1月11日
小規模木質バイオマス発電の経済性評価-岩手県陸前高田市生出地区における木炭発電の費用推計- 新たな価値プロジェクト研究資料 第3号
農村における地域資源の活用とその効果-バイオマスのエネルギー利用を中心として-
 林岳 2016年8月
木質エネルギー利用による森林管理及び地域経済への影響評価-岩手県西和賀町における木質チップボイラー導入を事例に- 新たな価値プロジェクト研究資料 第3号
農村における地域資源の活用とその効果-バイオマスのエネルギー利用を中心として-
國井大輔,澤内大輔(北海道大学),林岳 2016年8月
複数の大規模木質バイオマス発電所における燃料木材の競合-岩手県における大規模木質バイオマス発電所を事例に- 新たな価値プロジェクト研究資料 第3号
農村における地域資源の活用とその効果-バイオマスのエネルギー利用を中心として-
國井大輔 2016年8月
バイオガス関連政策と主体間関係-デンマークでの取組を事例に- 新たな価値プロジェクト研究資料 第3号
農村における地域資源の活用とその効果-バイオマスのエネルギー利用を中心として-
浅井真康 2016年8月
IRENAとの協同によるバイオエネルギー評価ツールの開発 新たな価値プロジェクト研究資料 第3号
農村における地域資源の活用とその効果-バイオマスのエネルギー利用を中心として-
林岳,國井大輔,仲田俊一(国際再生可能エネルギー機関) 2016年8月
まとめと結論 新たな価値プロジェクト研究資料 第3号
農村における地域資源の活用とその効果-バイオマスのエネルギー利用を中心として-
 林岳 2016年8月
デンマーク有機農業における家畜排せつ物の取引を介したパートナーシップの現状 農林水産政策研究 第24号 浅井真康 2015年3月
メタン発酵による消化液の液肥利用に関する多角的評価 -中国江蘇省金壇市を事例として- 農林水産政策研究 第23号 國井大輔,高橋義文(中央水産研究所),林岳,田中宗浩(佐賀大学) 2014年12月
温暖化緩和策及びそのコベネフィットの概念整理と既存施策の温暖化緩和効果の検証 -福岡県築上町における飼料米生産・利用を事例として- 農林水産政策研究所レビュー No.61 林岳 2014年9月
バイオエネルギーの定義および導入の効果と課題 温暖化プロジェクト研究資料 第2号
バイオエネルギーの活用とその評価
澤内大輔,林岳 2014年4月
バイオエネルギー導入効果の評価とその視点 温暖化プロジェクト研究資料 第2号
バイオエネルギーの活用とその評価
林岳 2014年4月
家庭における木質バイオマス利用の影響評価手法の開発― 岩手県西和賀町の薪利用を事例とした実証分析― 温暖化プロジェクト研究資料 第2号
バイオエネルギーの活用とその評価
澤内大輔,國井大輔 2014年4月
バイオ燃料の持続可能性評価の動向と国産バイオ燃料の必要性 温暖化プロジェクト研究資料 第2号
バイオエネルギーの活用とその評価
林岳,矢部光保 2014年4月
国内バイオ燃料生産への国際バイオエネルギー・パートナーシップ(GBEP)持続可能性指標の適用可能性の検証 温暖化プロジェクト研究資料 第2号
バイオエネルギーの活用とその評価
林岳 2014年4月
国際バイオエネルギー・パートナーシップ(GBEP)のバイオエネルギーの持続可能性指標における包括的評価手法の開発 温暖化プロジェクト研究資料 第2号
バイオエネルギーの活用とその評価
林岳 2014年4月
気候変動が農業所得に及ぼす影響の評価手法開発 ―農業集落別データを用いたリカーディアン・モデル分析― 温暖化プロジェクト研究資料 第1号
地球温暖化緩和策がもたらすコベネフィットの解明とその評価
澤内大輔,國井大輔 2014年3月
気象条件が農産物の単収および品質に及ぼす影響 温暖化プロジェクト研究資料 第1号
地球温暖化緩和策がもたらすコベネフィットの解明とその評価
川崎賢太郎 2014年3月
農業分野における温暖化緩和策に関連する副次的効果とその評価 -コベネフィットの概念整理と環境分野の取組からの示唆- 温暖化プロジェクト研究資料 第1号
地球温暖化緩和策がもたらすコベネフィットの解明とその評価
田中耕一郎,林岳 2014年3月
温暖化緩和策が生物多様性等に与える影響 -土壌への有機物投入を対象とした文献サーベイから- 温暖化プロジェクト研究資料 第1号
地球温暖化緩和策がもたらすコベネフィットの解明とその評価
田中淳志 2014年3月
飼料米の利用による環境コベネフィット 温暖化プロジェクト研究資料 第1号
地球温暖化緩和策がもたらすコベネフィットの解明とその評価
林岳,矢部光保 2014年3月
温暖化緩和策としての家畜ふん尿の液肥利用の多角的評価 -中国江蘇省金壇市を事例として- 温暖化プロジェクト研究資料 第1号
地球温暖化緩和策がもたらすコベネフィットの解明とその評価
國井大輔,髙橋義文,林岳,田中宗浩 2014年3月
温暖化緩和策及びそのコベネフィットの概念整理と既存施策の温暖化緩和効果の検証-福岡県築上町における飼料米生産・利用を事例として- 農林水産政策研究 第21号 林岳,田中耕一郎(農林水産省 大臣官房) 2014年2月
地域内における木質バイオマス利用の多角的影響評価-岩手県西和賀町を事例に- 農林水産政策研究所レビュー No.53 國井大輔,澤内大輔 2013年5月
地域内における木質バイオマス利用の多角的評価:岩手県西和賀町を事例に 研究成果報告会
「地域内における木質バイオマス利用の多角的評価:岩手県西和賀町を事例に」
國井大輔,澤内大輔 2013年3月5日
FAOにおける気候変動と世界の食料安全保障に関する国際的議論と課題 農林水産政策研究所レビューNo.51 小泉達治 2013年1月
家庭における木質バイオマス利用の効果分析:西和賀町における薪利用を事例に 平成24年度農林水産政策研究所シンポジウム「東北地域の農山漁村の再生・活性化に向けて」 澤内大輔 2012年11月29日
カナダ及びオーストラリアのカーボン・オフセット制度における農業分野の取組 農林水産政策研究所レビュー No.49 澤内大輔 2012年9月
ニュージーランド排出数量取引制度における農業分野の取組 農林水産政策研究 第19号 澤内大輔 2012年7月
カナダ及びオーストラリアのカーボン・オフセット制度における農業分野の取組 研究成果報告会
「カナダ及びオーストラリアのカーボン・オフセット制度における農業分野の取組」
澤内大輔 2012年7月17日
木質バイオマスエネルギー導入の効果とその評価 平成23年度 農林水産政策研究所シンポジウム「東北地域の農山漁村の復興・活性化に向けて」 林岳 2012年1月22日
国内クレジット制度による農家の省エネルギー機器への投資促進効果 農林水産政策研究所レビュー No.44 澤内大輔 2011年11月
国内クレジット制度による農家の省エネルギー機器への投資促進効果 研究成果報告会
「国内クレジット制度による農家の省エネルギー機器への投資促進効果」
澤内大輔 2011年11月1日
国際バイオエネルギー・パートナーシップ(GBEP)のバイオエネルギー持続可能性指標 農林水産政策研究所レビュー No.43 林岳 2011年9月
国際バイオエネルギー・パートナーシップ(GBEP)のバイオマスエネルギーの持続可能性指標 研究成果報告会
「国際バイオエネルギー・パートナーシップ(GBEP)のバイオマスエネルギーの持続可能性指標とブラジルのバイオ燃料政策」
林岳 2011年8月30日
ブラジルにおけるバイオ燃料政策 研究成果報告会
「国際バイオエネルギー・パートナーシップ(GBEP)のバイオマスエネルギーの持続可能性指標とブラジルのバイオ燃料政策」
小泉達治 2011年8月30日
ニュージーランド排出量取引制度における農業分野の取組 農林水産政策研究所レビュー No.40 澤内大輔 2011年3月
生きものマーク農産物の取組と地域経済に与える影響 セミナー
「持続的な農業を支援するための多様な手法について」
林岳,田中淳志 2011月3月9日
住民参加型生態系保全活動と大規模農業の連携による地域活性化に向けた課題 シンポジウム「生態系保全活動と地域農業との共存 ―北海道根釧地域の事例から―」 杉戸克裕 2011年3月1日
西別川流域における河畔林造成活動を通じたシマフクロウ保全活動 シンポジウム「生態系保全活動と地域農業との共存 ―北海道根釧地域の事例から―」 田中淳志 2011年3月1日
農業生産における生物多様性保全の取組と生きものマーク農産物 環境プロジェクト研究資料 第2号
生物多様性保全に配慮した農業生産の影響評価とその促進方策
田中淳志,林岳 2010年12月
生物多様性保全に配慮した農産物生産の経済的価値 環境プロジェクト研究資料 第2号
生物多様性保全に配慮した農業生産の影響評価とその促進方策
矢部光保,中川瑠美,林岳 2010年12月
生物多様性配慮型農業生産が地域経済に与える影響 環境プロジェクト研究資料 第2号
生物多様性保全に配慮した農業生産の影響評価とその促進方策
林岳 2010年12月
生物多様性保全に配慮した農業生産の環境影響評価 環境プロジェクト研究資料 第2号
生物多様性保全に配慮した農業生産の影響評価とその促進方策
澤内大輔 2010年12月
地域におけるバイオ燃料生産の経済および環境の両立性評価-環境効率指標による分析- 農林水産政策研究 第18号 林岳 2010年10月
地域におけるバイオ燃料生産の経済および環境の両立性評価-環境効率指標による分析- 農林水産政策研究所レビュー No.38 林岳 2010年10月
農業分野における排出量取引制度:ニュージーランドにおける制度設計 定例研究会(2113回)
「農業部門における排出量取引制度:ニュージーランドにおける制度設計」
澤内大輔 2010年10月19日
生物多様性保全に配慮した農産物生産の高付加価値化に関する研究 農林水産政策研究所レビュー No.37 田中淳志 2010年8月
わが国農業分野における国内クレジット制度の利用実態 農林水産政策研究所レビュー No.37 澤内大輔 2010年8月
わが国農業分野における排出量取引の取組 定例研究会(2107回)
「わが国農業分野における排出量取引の取組」
澤内大輔 2010年7月13日
全国の生きものマーク米について
全国の生きものマーク米について(参考)
生物多様性に配慮した農産物生産に関するセミナー 田中淳志 2010年4月23月
バイオ燃料導入の諸効果とその評価手法 環境プロジェクト研究資料 第1号
バイオ燃料導入による諸効果の定量的評価
林岳 2009年9月
LCA分析による温室効果ガス削減効果の計測 環境プロジェクト研究資料 第1号
バイオ燃料導入による諸効果の定量的評価
林岳,増田清敬,山本充 2009年9月
産業連関分析による地域への影響の評価 環境プロジェクト研究資料 第1号
バイオ燃料導入による諸効果の定量的評価
林岳,山本充,増田清敬 2009年9月
環境と経済の統合指標による総合評価 環境プロジェクト研究資料 第1号
バイオ燃料導入による諸効果の定量的評価
林岳,増田清敬,山本充,高橋義文 2009年9月
インドネシア・マレーシアにおけるバイオディーゼル政策と生産構造についての比較・分析 農林水産政策研究所レビュー No.32 小泉達治 2009年7月
インドネシア・マレーシアにおけるバイオディーゼル政策と生産構造についての比較・分析 農林水産政策研究 第15号 小泉達治 2009年6月
米国におけるバイオエタノール政策・産業の展開と課題 農林水産政策研究所レビュー No.29 小泉達治 2008年10月
バイオエタノール生産における環境負荷削減効果と地域経済効果の計測 農林水産政策研究所レビュー No.27 林岳 2008年3月
バイオマス利活用ビジネスモデルに関する考察-優良表彰事例を素材に- 農林水産政策研究所レビュー No.26 福田和久(農林水産省 農村振興局) 2007年12月
米国におけるバイオエタノール政策の展開と農畜産物需給に与える影響 農林水産政策研究所レビュー No.25 小泉達治 2007年9月
バイオマスプラスチックの普及と必要な方策について 農林水産政策研究所レビュー No.25 酒井正裕(農林水産省 大臣官房) 2007年9月
米国における燃料用エタノール政策の動向――とうもろこし需給に与える影響―― 農林水産政策研究所レビュー No.21 小泉達治 2006年10月
米国における燃料用エタノール政策の動向-とうもろこし需給に与える影響- 農林水産政策研究 第11号 小泉達治 2006年7月
農林業の持続可能性について考える 農林水産政策研究所レビュー No.19 高橋義文 2006年3月
多面的機能プロジェクト研究 ――環境会計と環境チェックソフトの開発を中心に―― 農林水産政策研究所レビュー No.18 高橋義文,林岳,合田素行 2006年1月
地域における第1次産業の持続可能な発展に関する分析 ――北海道地方を事例とした環境経済統合勘定の構築・推計―― 農林水産政策研究所レビュー No.12 林岳 2004年6月
地域における第1次産業の持続的な発展に関する分析 ――北海道地方を事例とした環境・経済統合勘定の構築と推計―― 農林水産政策研究 第6号 林岳 2004年3月
研究の枠組みと要約 循環利用プロジェクト研究資料
循環利用政策と環境評価
合田素行,嘉田良平 2004年3月
有機性資源循環利用システム評価における勘定体系の適用 循環利用プロジェクト研究資料
循環利用政策と環境評価
林岳 2004年3月
ハウステンボスにおける修復人工環境の価値評価 循環利用プロジェクト研究資料
循環利用政策と環境評価
矢部光保 2004年3月
農業由来有機質資源の循環利用政策の変遷 循環利用プロジェクト研究資料
循環利用政策と環境評価
山本昭夫 2004年3月
日本における作物及び家畜生産にともなう窒素負荷の現状と課題 循環利用プロジェクト研究資料
循環利用政策と環境評価
西尾道徳(筑波大学) 2004年3月
共同利用たい肥センターにおける運営状況:運営主体及び処理料金に着目して 循環利用プロジェクト研究資料
循環利用政策と環境評価
久保香代子 2004年3月
農林業水産業における環境会計のフレームワークと政策評価 循環利用プロジェクト研究資料
循環利用政策と環境評価
矢部光保 2004年3月
農業由来の有機質資源の循環利用に係る政策の評価手法の開発 農林水産政策研究所レビュー No.11 合田素行 2004年3月
広がる環境保全型農業 農林水産政策研究所レビュー No.7 藤栄剛 2003年3月
食品リサイクルに関する経済波及効果の推計 農林水産政策研究所レビュー No.4 吉田泰治 2002年7月
エコラベルとWTO協定 農林水産政策研究所レビュー No.3 藤岡典夫 2002年3月
外食産業における生ごみ・食べ残し等の処理の実態 有機性資源プロジェクト研究資料 合田素行,秦隆夫,小野一弘,宇野雅美 2002年2月

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX番号:03-6737-9600

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader