このページの本文へ移動

農林水産政策研究所

メニュー

(2)安全・安心

消費者の求める「安全・安心な食料供給」というニーズに応えるには、農産物・食品の安全性の確保は不可欠です。農林水産政策研究所では、食品安全政策に関する社会科学的アプローチとして、食品安全に関わる経済分析と政策対応のあり方に関する総合研究等を行っていました。

タイトル 冊子名・セミナー名等 著者・編著者・報告者 発行年月・開催日
FAOにおける気候変動と世界の食料安全保障に関する国際的議論と課題 農林水産政策研究所レビューNo.51 小泉達治 2013年1月
中国の食品安全制度-食品安全に関する中国の現状と取組- 研究成果報告会
「中国の食品安全問題-食品安全に関する中国の現状と取組-」
河原昌一郎 2012年10月2日
中国の食品安全問題 農林水産政策研究所レビュー No.47 河原昌一郎 2012年5月
SPS協定の「科学」に関する規律の解釈適用-ホルモン牛肉紛争を中心に- 農林水産政策研究所レビュー No.35 京極(田部)智子(東京大学),藤岡典夫 2010年3月
SPS協定の「科学」に関する規律の解釈適用:ホルモン牛肉紛争を中心に 農林水産政策研究 第17号 京極(田部)智子(東京大学),藤岡典夫 2010年1月
生野菜に対する心理的安全性評価のプロセス-事件事故の記憶が取扱安全感に及ぼす影響- 農林水産政策研究所レビュー No.34 竹西亜古(兵庫教育大学),高橋克也 2009年12月
生野菜に対する心理的安全性評価のプロセス-事件事故の記憶が取り扱い安全感に及ぼす影響- 農林水産政策研究 第16号 竹西亜古(兵庫教育大学),高橋克也 2009年10月
食品安全性の危機と量販店による市場セグメント― フランスの牛肉部門を事例に― 農林水産政策研究所レビュー No.30 須田文明 2009年1月
マイマイガを巡る状況からみた植物検疫 農林水産政策研究所レビュー No.28 横地洋 2008年7月
アジア地域の人獣共通感染症について-鳥インフルエンザの場合- 農林水産政策研究所レビュー No.24 會田陽久 2007年6月
アジアにおける鳥インフルエンザの概況 人獣共通感染症チーム研究資料 第1号
アジアにおける鳥インフルエンザ-各国の対応と農業・経済への影響-
會田陽久 2007年3月
高病原性鳥インフルエンザのアセアン諸国への社会経済的影響 人獣共通感染症チーム研究資料 第1号
アジアにおける鳥インフルエンザ-各国の対応と農業・経済への影響-
松本隆平 2007年3月
ベトナムの家畜衛生行政と鳥インフルエンザへの取り組み 人獣共通感染症チーム研究資料 第1号
アジアにおける鳥インフルエンザ-各国の対応と農業・経済への影響-
岡江恭史 2007年3月
中国の鶏インフルエンザとトウモロコシ需給の動向について 人獣共通感染症チーム研究資料 第1号
アジアにおける鳥インフルエンザ-各国の対応と農業・経済への影響-
山下憲博 2007年3月
インドにおける鳥インフルエンザの発生と養鶏業への影響 人獣共通感染症チーム研究資料 第1号
アジアにおける鳥インフルエンザ-各国の対応と農業・経済への影響-
櫻井武司,中島亨,芝原真紀 2007年3月
【連載】食品安全・動植物検疫措置に関するWTO紛争事例の分析 第5回 EC-バイテク産品(GMO)事件 農林水産政策研究所レビュー No.23 藤岡典夫 2007年3月
【連載】食品安全・動植物検疫措置に関するWTO紛争事例の分析 第4回 日本―リンゴ(火傷病)事件 農林水産政策研究所レビュー No.20 藤岡典夫 2006年7月
【連載】食品安全・動植物検疫措置に関するWTO紛争事例の分析 第3回 日本―農産物(コドリンガ)事件 農林水産政策研究所レビュー No.19 藤岡典夫 2006年3月
【連載】食品安全・動植物検疫措置に関するWTO紛争事例の分析 第2回 オーストラリア-サーモン事件 農林水産政策研究所レビュー No.18 藤岡典夫 2006年1月
研究の目的と各章の要約 先駆者・支援プロジェクト研究資料 第1号
食、農、環境に関する政策ニーズ等調査研究資料
石原清史 2005年11月
環境保全型農業等の生産者の政策ニーズに関する調査 先駆者・支援プロジェクト研究資料 第1号
食、農、環境に関する政策ニーズ等調査研究資料
足立恭一郎 2005年11月
環境保全型農業の先駆者的担い手・旭愛農生産組合の展開過程-事業・会計とライフヒストリーの事例研究- 先駆者・支援プロジェクト研究資料 第1号
食、農、環境に関する政策ニーズ等調査研究資料
相川良彦 2005年11月
アメリカ農務省の有機・持続型農業に関しての政策:オハイオからの展望 先駆者・支援プロジェクト研究資料 第1号
食、農、環境に関する政策ニーズ等調査研究資料
リチャード・モア(オハイオ州立大学) 2005年11月
物質循環から見たドイツおよび日本の環境保全型農業の現状とその発展背景 先駆者・支援プロジェクト研究資料 第1号
食、農、環境に関する政策ニーズ等調査研究資料
木村園子ドロテア(東京農工大学),グィド・ハース(ボン大学),波多野隆介(北海道大学) 2005年11月
韓国における環境保全型農業への取組み動向調査 先駆者・支援プロジェクト研究資料 第1号
食、農、環境に関する政策ニーズ等調査研究資料
足立恭一郎 2005年11月
トレーサビリティ導入における情報ニーズと情報開示-フードチェーンの情報の非対称性について- 先駆者・支援プロジェクト研究資料 第1号
食、農、環境に関する政策ニーズ等調査研究資料
高橋克也,河野恵伸,佐藤和憲,大浦裕二 2005年11月
アメリカにおけるGAP(Good Agricultural Practices)の現状 先駆者・支援プロジェクト研究資料 第1号
食、農、環境に関する政策ニーズ等調査研究資料
熱田健一,山本昭夫 2005年11月
【連載】食品安全・動植物検疫措置に関するWTO紛争事例の分析 第1回 EC-ホルモン牛肉事件 農林水産政策研究所レビュー No.17 藤岡典夫 2005年10月
規制インパクト分析のフレームワークとコメのカドミウム吸収抑制対策に関する費用分析 危機管理プロジェクト研究資料 第3号
食料・農業の危機管理に関する社会学的アプローチ(第2集)
久保香代子,吉井邦恒 2005年7月
食の安全と安心,および食の情報に関する消費者意識調査 危機管理プロジェクト研究資料 第3号
食料・農業の危機管理に関する社会学的アプローチ(第2集)
鈴木由紀 2005年7月
補論 食の安全と安心,および食の情報に関する大学生意識調査 危機管理プロジェクト研究資料 第3号
食料・農業の危機管理に関する社会学的アプローチ(第2集)
鈴木由紀 2005年7月
わが国における市民参加型テクノロジー・アセスメント(pTA)の展望について 危機管理プロジェクト研究資料 第3号
食料・農業の危機管理に関する社会学的アプローチ(第2集)
高橋祐一郎 2005年7月
BSE後のドイツの肉食トレーサビリティ-制度と実態- 危機管理プロジェクト研究資料 第3号
食料・農業の危機管理に関する社会学的アプローチ(第2集)
市田知子 2005年7月
米国農務省食品安全検査局の食品安全行政について 危機管理プロジェクト研究資料 第3号
食料・農業の危機管理に関する社会学的アプローチ(第2集)
近藤浩 2005年7月
中国の食品安全制度と畜産物のトレーサビリティ 危機管理プロジェクト研究資料 第3号
食料・農業の危機管理に関する社会学的アプローチ(第2集)
河原昌一郎 2005年7月
予防原則の意義 農林水産政策研究所レビュー No.16 藤岡典夫 2005年6月
予防原則の意義 農林水産政策研究 第8号 藤岡典夫 2005年3月
食の安全・安心と環境に関する消費者意識のインターネット調査 危機管理プロジェクト研究資料 第2号
食料の安全・安心と環境意識、トレーサビリティに関するインターネット調査と定量分析
矢部光保,鈴木由紀 2005年3月
食の安全・安心と環境に関する消費者意識のクロス表分析 危機管理プロジェクト研究資料 第2号
食料の安全・安心と環境意識、トレーサビリティに関するインターネット調査と定量分析
矢部光保,鈴木由紀 2005年3月
食の安全・安心意識と購買行動に関する定量分析 危機管理プロジェクト研究資料 第2号
食料の安全・安心と環境意識、トレーサビリティに関するインターネット調査と定量分析
鈴木由紀,矢部光保 2005年3月
米国動物衛生行政のトレーサビリティシステムをめぐって 農林水産政策研究所レビュー No.13 近藤浩 2004年9月
消費者不安をともなう食品関連新技術導入による農産物需給への影響分析:乳牛の乳量増加ホルモン剤(rbST)の事例 危機管理プロジェクト研究資料 第1号
食料・農業の危機管理に関する社会学的アプローチ
木下順子,鈴木宣弘 2004年6月
食の安全と安心に関する消費者意識の計量分析:トレーサビリティと遺伝子組換え食品に関するインターネット調査 危機管理プロジェクト研究資料 第1号
食料・農業の危機管理に関する社会学的アプローチ
矢部光保,嘉田良平,大谷智一 2004年6月
改正JAS法の虚偽表示抑止効果についての考察 危機管理プロジェクト研究資料 第1号
食料・農業の危機管理に関する社会学的アプローチ
明石光一郎,矢部光保 2004年6月
「食品安全の経済分析」の研究動向と今後の課題 危機管理プロジェクト研究資料 第1号
食料・農業の危機管理に関する社会学的アプローチ
嘉田良平 2004年6月
戦後から現在までのわが国の食品の安全に関する事例とその変遷および特徴 危機管理プロジェクト研究資料 第1号
食料・農業の危機管理に関する社会学的アプローチ
佐藤京子,西尾健 2004年6月
国産牛肉「トレーサビリティ・システム」の安全性保証と品質保証 危機管理プロジェクト研究資料 第1号
食料・農業の危機管理に関する社会学的アプローチ
市田知子 2004年6月
明治期における食品安全制度の概要:食肉政策を中心として 危機管理プロジェクト研究資料 第1号
食料・農業の危機管理に関する社会学的アプローチ
堀越孝良 2004年6月
食品安全の経済分析:研究動向と政策的含意(2002年6月17日報告) 危機管理プロジェクト研究資料 第1号
食料・農業の危機管理に関する社会学的アプローチ
浅野耕太(京都大学) 2004年6月
ゲーム理論によるBSEのリスク分析(2002年6月17日報告) 危機管理プロジェクト研究資料 第1号
食料・農業の危機管理に関する社会学的アプローチ
吉野章(京都大学) 2004年6月
食品安全性の需要分析とデータ:体験的感想 危機管理プロジェクト研究資料 第1号
食料・農業の危機管理に関する社会学的アプローチ
澤田学(帯広畜産大学) 2004年6月
CVMによる牛肉トレーサビリティの経済評価(中間報告) 危機管理プロジェクト研究資料 第1号
食料・農業の危機管理に関する社会学的アプローチ
佐藤和夫(酪農学園大学),岩本博幸(北海道大学),澤田学(帯広畜産大学) 2004年6月
離散選択・潜在変数統合モデルによる消費者行動分析:牛肉選択を対象として 危機管理プロジェクト研究資料 第1号
食料・農業の危機管理に関する社会学的アプローチ
合崎英男(農業工学研究所) 2004年6月
危機にあたってのコミュニケーション 危機管理プロジェクト研究資料 第1号
食料・農業の危機管理に関する社会学的アプローチ
吉川肇子(慶應義塾大学) 2004年6月
日本における畜産物の安全・安心システム(2002年12月19日報告) 危機管理プロジェクト研究資料 第1号
食料・農業の危機管理に関する社会学的アプローチ
矢坂雅充(東京大学) 2004年6月
中国の食品安全制度 農林水産政策研究所レビュー No.12 河原昌一郎 2004年6月
Assessing the Impacts of Alternative 'Opt-out' Formats in Choice Experiment Studies:Consumer Prefereces for Genetically Modified Content and Production Information in Food 農林水産政策研究 第5号 Andreas Kontoleon and Mitsuyasu Yabe 2003年12月

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX番号:03-6737-9600

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader