このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

「農観連携セミナー2017」の概要について

農林水産省と観光庁は、「農山漁村の活性化と観光立国実現のための連携推進協定(農観連携の推進協定)」を締結するなど、農林漁業者と観光需要を結びつける取組を推進しています。
このような農観連携の取組の一環として、農林漁業者と観光事業者等との連携による、東北の地域資源を活用した取組及び魅力ある観光地域づくりに向けた「農観連携セミナー2017」を開催しました。
昨年度に引き続き、第4回目の開催となる「農観連携セミナー2017」は、平成29年12月21日(木曜日)に、仙台合同庁舎で開催し、農林漁業者や観光事業者の方々など約160名が参加しました。
第1部では、特定非営利活動法人 素材広場理事長横田純子氏から「地方の強みは食と風景」、一般社団法人 ジャパンショッピングツーリズム協会事務局次長吉川廣司氏から「日本の美味しい農産物を訪日外国人に!」と題してそれぞれ講演をいただきました。
また、第2部では「農泊インバウンドの取組」について、山形県飯豊町と(株)イーハトーブ東北から事例発表をいただき、「食文化資源を活用したインバウンドの取組」について、(一社)秋田犬ツーリズムと(一財)会津若松観光ビューローから事例発表をいただきました。


日時

平成29年12月21日(木曜日)13時30分~17時15分

場所

仙台合同庁舎A棟8階講堂

内容

1.基調講演
    (1)「地方の強みは食と風景」
             特定非営利活動法人  素材広場
             理事長  横田  純子  氏
    (2)「日本の美味しい農産物を訪日外国人に!」
          一般社団法人 ジャパンショッピングツーリズム協会(JSTO)
             事務局次長  吉川  廣司  氏
2.事例発表
     (1)「農泊インバウンドの取組」
             ・山形県飯豊町商工観光課観光交流室
             ・平泉一関エリア農泊推進協議会
     (2)「食文化資源を活用したインバウンドの取組」
             ・一般社団法人秋田犬ツーリズム
             ・会津若松市食と農の景勝地推進協議会

展示コーナー

東北農政局、東北運輸局、東北経済産業局、東北地方整備局、中小企業基盤整備機構東北本部

農観連携セミナー2017の状況


    
     
  主催者挨拶を行う
木内東北農政局長
  主催者挨拶を行う
角野東北運輸局次長
  講演を行う 特定非営利活動法人
素材広場 理事長 横田氏
   講演を行う(一社)ジャパンショッピング
ツーリズム協会 事務局次長 吉川氏

    
    
  事例発表を行なう
飯豊町商工観光課 伊藤氏
  事例発表を行なう
株式会社イーハトーブ東北 松本氏
  事例発表を行なう
  秋田犬ツーリズム 登利屋氏
  事例発表を行なう
(一社)会津若松観光ビューロー 馬場氏

  
  

  
  
  会場の様子   展示コーナー   東北農政局展示コーナー   東北運輸局展示コーナー
        

お問合せ先

東北ブロック6次産業化推進行動会議

担当者:東北ブロック6次産業化推進行動会議事務局
代表:022-263-1111(内線4379)
ダイヤルイン:022-221-6402
FAX番号:022-722-7378