このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

6次産業化シンポジウムの概要について

概要

平成30年11月13日(火曜日)、東北農政局は、「6次産業化シンポジウム」を仙台市で開催しました。
シンポジウムには、農林漁業者、食品製造業・流通事業者、地方公共団体、農業団体等の方々、計72名の参加がありました。

シンポジウムでは、農林水産省から6次産業化の現状や支援施策の内容を説明した後、優良な取組を行っている4名の6次産業化法認定事業者の方から事例紹介を行っていただきました。
続いて、「6次産業化のメリット活用を探る」をテーマにパネルディスカッションを行い、パネリストからは、(1)6次産業化法の認定を取得したことにより信用が増した、(2)プランナーのアドバイスや自治体の支援等で事業計画が明確になった、(3)商談会等に関する行政からの情報提供により「出会い」や「仲間作り」の機会を活用することができたなど、6次産業化のメリットについて様々な意見が出されました。



日時

平成30年11月13日(火曜日)13時30分~16時30分

場所

仙台合同庁舎A棟8階(講堂)

内容

1 施策紹介
       農林水産省 食料産業局 産業連携課長 髙橋 広道
2 事例紹介
    (1) 青森観光りんご園 川村 美紀氏(青森県)
    (2) 株式会社深谷農産 代表取締役 佐藤 仁美氏(宮城県)
    (3) 株式会社やまがたさくらんぼファーム 代表取締役 矢萩 美智氏(山形県)
    (4) 瓜生 和徳氏(福島県)
3 パネルディスカッション
      「6次産業化のメリット活用を探る~6次産業化の推進に向けて~」
      ・ファシリテーター  NPO法人元気な日本をつくる会 組織運営本部長  須田 憲和氏
      ・パネリスト  事例紹介者(4名)、
                         農林水産省食料産業局産業連携課長 髙橋 広道、桃山学院大学経営学部 室屋 有宏氏 

6次産業化シンポジウムの状況

   
主催者挨拶する
東北農政局佐藤次長
  施策紹介を行う
農林水産省 髙橋 弘道産業連携課長   
  事例紹介を行う
青森観光りんご園 川村 美紀氏
         
     
事例紹介を行う
(株)深谷農産 佐藤 仁美氏
  事例紹介を行う
(株)やまがたさくらんぼファーム 矢萩 美智氏
  事例紹介を行う
瓜生 和徳氏 
         
         
講演に聴き入るシンポジウム参加者   パネルディスカッションの様子    

お問合せ先

東北ブロック6次産業化推進行動会議

担当者:東北ブロック6次産業化推進行動会議事務局
代表:022-263-1111(内線4379)
ダイヤルイン:022-221-6402
FAX番号:022-722-7378