ホーム > 食料産業 > 6次産業化情報 > 東北ブロック6次産業化推進行動会議 > 平成26年度東北ブロック6次産業化推進行動会議の開催について


ここから本文です。

平成26年度東北ブロック6次産業化推進行動会議の開催について

「東北ブロック6次産業化推進行動会議」(以下「行動会議」という。)は、6次産業化の取組を推進するため、多様な関係機関等の賛同の下、ネットワーク組織として設立され、県域を越えた連携活動の促進、東北地域の特徴を活かした新たなビジネスモデル・推進方策の検討、情報共有・発信等の取組を行っています。

この度、平成26年度行動会議を開催し、平成26年度活動報告等を行うとともに、「食と健康」をテーマに、講演を通じて6次産業化推進のヒントとなる情報発信を行うため、以下のとおり平成26年度の行動会議を開催いたしますので、農林水産業関係者をはじめ農林漁業の6次産業化に関心のある多くの皆様のご参加をお待ちしております。

参加申込

定員に達しましたので受付を終了しました。

参加人数は200名程度を予定しています(入場無料)。
参加を希望される方は、平成27年2月25日(水曜日)17時までにインターネット又はファクシミリでお申し込みください。

 

インターネットによる申込方法

 

ファクシミリによる申込方法

*定員(200名)に達した際は、お申込みをいただいても参加できない場合があります。

    (定員に達し参加いただけない場合は、事務局よりご連絡をさせていただきます。)

開催日時

平成27年3月2日(月曜日) 13時00分~16時00分(受け付け開始12時30分~)

開催場所

仙台市情報・産業プラザ多目的ホール(アエル5階)
(宮城県仙台市青葉区中央1丁目3-1AER)

電話022-724-1200

内容

第1部活動報告等(13時00分~13時35分)

  1. 活動報告等
  2. 事例発表「食品製造業と大学の連携による新商品開発の仕組み」 浅見紀夫 氏 (株式会社一ノ蔵名誉会長)

 

第2部講演(13時40分~16時00分)

  1. 「6次産業を俯瞰する」  鈴木建夫 氏(宮城大学名誉教授)
  2. 「農産物の発酵による付加価値高揚化(六次化)」 小泉武夫 氏(東京農業大学名誉教授)

 

展示コーナー(17時00分まで)

      発酵食品の紹介、六次産業化・地産地消法認定事業者の取組事例等の紹介

 

 

お問い合わせ先

東北ブロック6次産業化推進行動会議事務局(東北農政局経営・事業支援部事業戦略課)
担当者:齋藤博之、齋藤淳一
ダイヤルイン:022-221-6146
FAX:022-722-7378

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

東北農政局案内

リンク集