このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

  各地域の「人と農地の問題」を解決しましょう!

平成29年3月27日

各地域の「人と農地の問題」を解決しましょう!

高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加などの「人と農地の問題」があり、5年後、10年後の展望が描けない地域が増えています。 皆さんの地域ではいかがでしょうか?

これまで、皆さんの地域の将来像を「人・農地プラン」としてとりまとめて頂いています。

このプランの作成プロセスにおける意見を踏まえ、信頼できる農地の受け皿として、農地中間管理機構を整備することとしました。 農地の流動化が進むよう、このスキームをうまくご活用下さい。

東北農政局では、皆さんの地域の「人と農地の問題」の解決を応援します。

新着情報


 「人・農地プラン」推進連絡会議   

  • 平成27年11月27日(金曜日)、東北農政局(仙台市)において、『「人・農地プラン」推進連絡会議』が発足しました。この会議は、国(支局)・各県・各県農業団体(農地中間管理機構、農業会議、JA中央会)の担い手(認定農業者、新規就農者、集落営農組織等)や農地利用集積、農地基盤整備等の実務担当者で構成されており、今後、各地域において、「人・農地プラン」の作成・見直しが促進されるように、各機関がそれぞれ連携して取り組むこととなります。

  • 東北地域では、214市町村の2,141地域(平成28年3月末現在)[農林水産省へリンク]  において、「人・農地プラン」が作成されており、約4万の農業者等が担い手に位置付けられています。当連絡会は、地域農業の将来を託すこれらの担い手に農地利用が集積されるよう、地域の話合いを促進し、農地中間管理事業の活用等を内容とする「人・農地プラン」の作成・見直しを進める市町村や地域をサポートしていきます。

「人と農地の問題」の解決に向けた施策について

人・農地プラン   農地集積   新規就農

ご意見・お問い合わせ

    ・ 相談窓口   東北農政局 経営事業支援部

関連資料

 パンフレット

「人と農地の問題解決」に関するパンフレット(平成28年度版)を掲載しました。
「人・農地プラン」、「農地中間管理事業」の概要について、わかりやすく記載しています。まずはこちらからご覧ください!

H28panhu

地域農業の人と農地の問題解決に向けて[農林水産省へリンク]

お問合せ先

経営事業支援部 担い手育成課
代表:022-263-1111(内線4070、4113)
ダイヤルイン:022-221-6241
FAX:022-722-7378

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader