ホーム > 食料産業 > 6次産業化情報 > 農商工連携 > 東北地域農商工連携促進協議会及び東北地域農商工連携促進フォーラムの開催について


ここから本文です。

平成21年10月16日

東北農政局

東北地域農商工連携促進協議会及び東北地域農商工連携促進フォーラムの開催について

東北農政局及び東北経済産業局では、東北地域における農商工連携の重要性について、関係者が理解を深め、地域の農林漁業と商工業それぞれが持つ強みを活用した取り組みが一層進展するよう、国の機関、県、農林漁業関係団体、商工業関係団体等による「東北地域農商工連携促進協議会」を昨年9月に設立し、農商工連携に係る普及啓発を中心に活動を行ってきました。

協議会発足一年を迎え、これまでの取り組みを総括し、今後の農商工連携の促進に向けた活動の強化及び農商工連携による新事業展開への意識の醸成を図ることを目的とし、下記により協議会及び東北地域農商工連携促進フォーラムを開催しますのでお知らせします。

主催

東北地域農商工連携促進協議会、東北農政局、東北経済産業局、中小企業基盤整備機構東北支部

開催日時、定員

開催場所

ホテルモントレ仙台 3階 翠鳴館 <http://www.hotelmonterey.co.jp/sendai
仙台市青葉区中央4-1-8

プログラム

【第一部】  東北地域農商工連携促進協議会 13時30分~14時30分

*東北地域農商工連携促進協議会

国の出先機関、東北6県、農業協同組合中央会、森林組合連合会、漁業協同組合連合会等の農林漁業関係団体、商工会議所連合会、商工会連合会、中小企業団体中央会等の商工業関係団体等の111機関で構成。

【第二部】 東北地域農商工連携促進フォーラム 14時40分~16時30分

需要者のニーズに応じた高品質なイチゴの安定供給と、独自の流通体制の構築による全国の大手菓子店等への販路確保等による、経営の戦略的な展開について紹介。

地域の魅力的な素材や技術シーズなど、地域が持つ魅力的なポテンシャルを整理し、その優位性と課題を分析するための手法について紹介するとともに、食が担うべき地域産業の活性化に向けた連携構築の意義について解説。

東北で唯一「先進的植物工場施設整備事業費補助金」に採択された地方独立行政法人青森県産業技術センターから、雪などの地域特有の資源を活かした、寒冷地に適した植物工場の研究開発の内容について紹介。

フォーラムの申込み方法

 

<別添>

 

お問い合わせ先

生産経営流通部食品課
担当者:桃野、丸岡
代表:022-263-1111(内線4336、4066 )
FAX:022-217-4180

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

東北農政局案内

リンク集