このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

東北地方における荒廃農地解消の実践事例(平成30年10月)

事例位置図

事例位置図(PDF : 407KB)

1.農業法人等による取組

長年耕作者不在の荒廃農地を再生し、畜産用飼料畑として再生利用(PDF : 208KB)

経営規模の拡大と農地の集積・保全(PDF : 260KB)

担い手の規模拡大意向を踏まえ農業委員会が荒廃農地をマッチング(PDF : 226KB)

農地利用最適化推進委員と連携し荒廃農地を再生(PDF : 228KB)

隣接した荒廃農地を再生し、アスパラガスのほ場として再生利用(PDF : 282KB)

荒れた畑を再生し、ICTを活用してトルコギキョウの作付けを拡大(PDF : 267KB)

2.農業者・農業者団体等による取組

土地改良区、JAと連携して荒廃農地を解消(PDF : 244KB)

長年荒れ放題だった農地を再生し、枝豆の大規模栽培に取組む(PDF : 263KB)


3.県、市町村、農業委員会による取組

農地の売買・貸借情報の共有と農業委員会活動の見える化(PDF : 228KB)

所有者不明の遊休農地の再生利用(PDF : 358KB)

耕作放棄地の解消と付加価値の高い農作物による農業所得の向上(PDF : 330KB)

「耕作放棄地ゼロのまち」を目指し菜の花畑に再生(PDF : 256KB)

町外からの2農業法人の参入で遊休農地化を防止(PDF : 288KB)

お問合せ先

農村振興部農村計画課

担当者:業務班
代表:022-263-1111(内線4062)
ダイヤルイン:022-221-6246
FAX番号:022-715-8217

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader