ホーム > 農村振興 > 荒廃農地の発生防止・解消等 > 東北管内耕作放棄地解消事例発表会(第2回)


ここから本文です。

東北管内耕作放棄地解消事例発表会(第2回)

耕作放棄地の解消や遊休農地対策の活動等の取組事例の発表や意見交換等を実施することにより、東北管内の優良農地の確保と有効利用の促進を図ることを目的として、昨年度に引き続き、本事例発表会を開催しました。

日時場所

平成22年10月14日(木曜日)13時00分~17時00分  事例発表会
    下郷町ふれあいセンター 1階ホール(福島県下郷町)

平成22年10月15日(金曜日) 9時50分~12時00分 現地調査
    下郷町・南会津町内耕作放棄地再生利用農地

参加者数 

県、県耕作放棄地対策協議会、市町村、地域耕作放棄地対策協議会、農業委員会、農業協同組合、土地改良区、耕作放棄地の引き受け手となる方 等 約170名

主催者

東北農政局、福島県、福島県耕作放棄地対策協議会、下郷町耕作放棄地対策協議会

内容

<事例発表会>

講演

「遊休農地の解消等新たな農地利用改革の課題と展望」
東北大学総長特命教授 工藤 昭彦 氏

事例発表

  1. 青森県「中山間地域等直接支払交付金制度による耕作放棄地の復旧」
        青森市農林水産部農業政策課りんご支援室 千葉 則幸 氏
  2. 岩手県「耕作放棄地解消取り組み事例について」
        山田町農業委員会 木村 良一 氏
  3. 秋田県「地域とNPOとの連携による県産菜種油の生産拡大に向けた取組」
        秋田県耕作放棄地対策協議会 池田 裕一 氏
  4. 福島県「地域の遊休農地再生に向けたF.K.ファームの取組み」
        (有)F.K.ファーム 羽田 正 氏

パネルディスカッション

コーディネーター 工藤教授
パネラー 事例発表者

工藤教授の基調講演    パネルディスカッション 
工藤教授の基調講演    パネルディスカッション 

<現地調査>

(有)南会津高原ファーム(下郷町)による耕作放棄地再生作業実演(ストーンクラッシャー、ストーンピッカー)、(有)南会津高原ファーム及び(有)F.K.ファーム(南会津町)の再生地の営農状況調査

ストーンクラッシャーによる石礫粉砕実演   ストーンピッカーによる石礫除去実演
ストーンクラッシャーによる石礫粉砕実演   ストーンピッカーによる石礫除去実演

事例発表会(第2回)の概要PDF版(PDF:136KB)

お問い合わせ先

農村振興部農村計画課
担当者:技術班
代表:022-263-1111(内線4125)
ダイヤルイン:022-221-6018
FAX:022-715-8217


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

東北農政局案内

リンク集