ホーム > 農村振興 > 荒廃農地の発生防止・解消等 > 第3回東北管内耕作放棄地解消事例発表会


ここから本文です。

第3回東北管内耕作放棄地解消事例発表会

耕作放棄地の解消事例の発表等を実施することにより、管内の優良農地の確保と有効利用の促進を図ることを目的として、昨年度に引き続き、本事例発表会を開催しました。

日時場所

平成23年10月13日(木曜日)13時00分~ 事例発表会
   山形県鶴岡市 出羽庄内国際村(山形県鶴岡市伊勢原町8-32)
平成23年10月14日(金曜日)  9時20分~ 現地調査
   山形県鶴岡市 たらのき代天狗森地区内放棄地再生利用農地

参加者数

県、県耕作放棄地対策協議会、市町村、地域耕作放棄地対策協議会、農業委員会、農業協同組合、土地改良区、耕作放棄地の引き受け手 等 約250名

主催者

東北農政局、山形県、山形県耕作放棄地対策協議会、鶴岡市、鶴岡市農業振興協議会

内容

<事例発表会>

基調講演

「農地の有効利用によって果たす食料供給責任-消費者は何で行動を変えるのか-」
山形大学農学部教授 小沢 亙 氏

事例発表

  1. 青森県横浜町 NPO法人 菜の花トラストin横浜町 
    事務局長 宮 桂子 氏
  2. 岩手県一関市 社会福祉法人 平成会 
    一関広域障害者就業・生活支援センターメイフラワー所長 小山 芳信 氏
  3. 宮城県南三陸町 南三陸地域耕作放棄地対策協議会 
    (南三陸町産業振興課 主事) 千葉 和人 氏
  4. 山形県鶴岡市 農業法人 有限会社 米作 
    専務取締役 金内 広和 氏
小沢教授の基調講演    事例発表者への質疑応答 
小沢教授の基調講演    事例発表者への質疑応答 

<現地調査>

再生利用農地の現地調査

(有)米作より再生地の概要説明   耕作放棄地の再生状況
(有)米作より再生地の概要説明   耕作放棄地の再生状況

第3回事例発表会の概要PDF版(PDF:478KB)

お問い合わせ先

農村振興部農村計画課
担当者:技術班
代表:022-263-1111(内線4125)
ダイヤルイン:022-221-6018
FAX:022-715-8217

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

東北農政局案内

リンク集