このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

赤川農業水利事業所

地区の水源、赤川頭首工  

                                                                  【地区の水源、赤川頭首工】

   厳しい冬、信仰の山、月山に降り積もった深い雪は、春、恵みの水となって庄内平野を豊かに潤します。
   中世以来、この地の先人たちは数多の堰を設け、近世には新田を開発し、庄内米の確固たる生産基盤として営々と築き上げてきました。
   また、庄内平野では古くから多くの篤農家たちが稲の品種改良に精魂を傾け米作りの技術を培ってきましたが、その情熱は現代の山形県の新たなブランド米「つや姫」の開発へと引き継がれています。

   米どころ庄内平野における近代化農業を実現するため、昭和39年度から昭和49年度にかけ、国営事業により赤川流域の基幹的な農業水利施設が整備されました。
   しかしながら、これらの施設も老朽化するとともに営農も変化し、維持管理に多大な経費と労力を要するようになったため、現在、施設の改修などを行う赤川二期農業水利事業が国営事業として実施されています。

 月山と赤川

                                                        【月山と赤川】

関連情報

農業農村整備の情報をお届けしているメールマガジン「田園通信」について。

 

お問合せ先

赤川農業水利事業所
〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町5-29
電話:0235-29-1655
FAX:0235-29-1665