このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

調査管理事務所管内の紹介 

北奥羽管内の農業の概況

農業概況H28

*出典:青森のうまいものたちホームページ

北奥羽管内の農作物

青森には、全国でも作付面積・収穫量がトップクラスにランクされる農産物がたくさんあります。

青森県の農作物

農産物

年次

作付面積
 (果樹:結果樹面積)

収穫量

りんご(※) 26年産 20,000 ha (全国第 1 位) 468,000 t (全国第 1 位)
おうとう(※) 26年産 301 ha (全国第 4 位) 605 t (全国第 4 位)
西洋なし(※) 26年産 139 ha (全国第 2 位) 1,750 t (全国第 4 位)
うめ 26年産 239 ha (全国第23位) 1,350 t (全国第12位)
ぶどう 26年産 442 ha (全国第 8 位) 4,310 t (全国第 9 位)
にんにく 26年産 1,360 ha (全国第 1 位) 13,500 t (全国第 1 位)
やまのいも
(ながいもを含む)
26年産 2,250 ha (全国第 1 位) 59,400 t (全国第 2 位)
ごぼう 26年産 2,230 ha (全国第 1 位) 54,100 t (全国第 1 位)
だいこん 26年産 2,970 ha (全国第 2 位) 125,500 t(全国第 3 位)
にんじん 26年産 1,250 ha (全国第 3 位) 38,200 t(全国第 4 位)
かぶ 26年産 212 ha (全国第 4 位) 8,590 t(全国第 3 位)
メロン 26年産 555 ha (全国第 5 位) 9,880 t (全国第 5 位)
春植えばれいしょ 26年産 845 ha (全国第 8 位) 18,000 t(全国第 8 位)
米(水陸稲) 27年産 43,500 ha (全国第11位) 268,000 t (全国第11位)
大豆(乾燥子実) 27年産 4,500 ha (全国第10位) 7,290 t (全国第10位)

*出典:(果樹)農林水産省果樹生産出荷統計(H26)

*出典:(野菜)農林水産省野菜生産出荷統計(H26)

*出典:(米・大豆)農林水産省作物統計(H27)

*参考:(※)の農作物の全国順位は、調査対象が3客体未満の県を除いた順位

北奥羽管内の代表的農産物 

りんご

「りんご」

青森りんごは、結果樹面積や収穫量で全国のりんごの半分以上(平成26年では約54%)を占めており、全国一の産地となっています。(中でも主力品種の「ふじ」は、全国で出荷された全部のりんごのうち青森県産「ふじ」が約3割を占めています。)また、昔からりんごは健康に良い食べ物とされてきましたが、最近ではりんごの持つ栄養やその機能性が証明されるなど、医学的効能も明らかになってきたほか、海外でもその味や品質の良さから、青森りんごの評価が上がっており、今後の飛躍が更に期待される農産物となっています。

ながいも

「ながいも」

ながいもは青森県の野菜の中では最も生産額が多く、野菜生産額の約2割を占めています。また、出荷量は全国2位(平成26年)を誇り、国内流通量の約4割を占めています。アメリカや台湾にも輸出され、好評を得ています。品種は、首が短く肉付きの良い「ガンクミジカ」と呼ばれる系統が普及しており、色白で粘りが強くアクがないのが特徴です。

*参考:青森のうまいものたち(あおもり産品情報サイト)>あおもりの特産品図鑑

ごぼう

「ごぼう」

出荷量が全国第1位(平成26年)の青森県のごぼう。繊維質が豊富で、腸内の掃除をしてくれる働きがあり便秘に効果的、と人気上昇中です。また、銅などのミネラル分も多く含まれており、更に低カロリーであることからヘルシー野菜として人気上昇中です。

*参考:青森のうまいものたち(あおもり産品情報サイト)>【特集】あおもりの旬

 

北奥羽管内の伝統行事
(青森の紹介:行事名をクリックすると詳細がご覧になれます。) 

・ 八戸三社大祭(八戸市/7月31日~8月4日)
・ 弘前ねぷた祭(弘前市/8月1日~7日)
・ 青森ねぶた祭(青森市/8月2日~7日)
・ 黒石よされ(黒石市/8月15日、16日)
・ 川内八幡宮例大祭(むつ市/9月第3土・日曜)
・ 八戸えんぶり(八戸市/2月17日~20日)

お問合せ先

北奥羽土地改良調査管理事務所
〒036-8214 青森県弘前市大字新寺町149-2
電話:0172-32-8457
FAX:0172-35-3490