ホーム > 農村振興 > 管内国営事業所・事務所のご案内 > 地域の歴史


ここから本文です。

地域の歴史

和賀中部農業水利事業所猿ヶ石川農業水利事業建設所

地域の歴史

東和町は坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ=平安時代の武官)が創建したと伝えられる成島毘沙門堂や丹内山神社などが点在していること、また経塚(きょうづか=お経を納めた遺跡)なども多数あることから、この地域には平安時代にすでに多くの人々が暮らしていたようです。丹内山神社境内にはアラハバキ信仰(「アラハバキ」は「荒覇吐」とも。当時の朝廷から東北に追いやられた民である蝦夷《えみし》の人々が信じていたとされています。)を示す巨石が祀(まつ)られていることから、蝦夷の人々にとっても特別なところだったことがうかがえます。

前九年の役(1051年~)では東北を治めていた安倍氏と朝廷軍が戦いましたが、東和町周辺も戦いの場となり、朝廷側から出陣した源義家が、鏑八幡神社に戦勝の祈願をしたとされます。
その後、中世以降の東和町は長く和賀氏の支配下にありました。戦国時代末期、豊臣秀吉による小田原の役(1590年)に和賀氏は従わなかったことから、奥州仕置(おうしゅうしおき=東北地方の権力者への領土没収や身分の格下げなど)の対象となります。その後、復権を果たすために和賀一揆(わがいっき/1600年)を起こしますが、これも平定されてしまいます。

近世は南部藩領として、伊達藩と隣り合うところから、旧葛西氏の家臣、江刺隆直(長作)を城主に南方の守りを目的に、1612年(慶長17年)、土沢城を築きました。その後、1670年(寛文10年)に土沢城は廃城となりましたが、代わりに代官屋敷を設けるなどして、その役目を果たしました。さらに明治の頃に至るまで、盛岡から釜石までを結ぶ釜石街道の宿場町として多くの物資や人々が行き来したことで活気のある場所として発展します。

地域ゆかりの著名人

菊池 忠太郎(きくち ちゅうたろう)

菊池忠太郎は、近在の村に生まれ、東京で学んだ後、花巻に戻り地元発展のために尽くした実業家。
1912年(明治45年)創業の花巻電気株式会社社長に就任した菊池忠太郎は、花巻西部に点在する西鉛温泉、鉛温泉、大沢温泉、志戸平温泉、台温泉などへ馬やかごで行き来する湯治の人々の様子から、当時まだ温泉が引かれていなかった花巻温泉へ電車を走らせる計画を実現しました。また湯量豊富な台温泉からの引き湯なども成功し、4棟の旅館を建設して花巻温泉を開業しました。

島 善鄰(しま よしちか)1889年~1964年

農学者、島善鄰は1889年(明治22年)広島生まれ。8歳のときに父、時中が亡くなり、稗貫郡矢沢村高木(現・花巻市)に移ります。そこで幼少時代を過ごし、元盛岡藩士である祖父忠之の薫陶を受けました。
1916年(大正5年)、青森県農事試験場技師となり、リンゴの栽培の研究に取り組みます。さまざまの新しい試みを実践する一方、徹底した現場主義で、「手帳とナイフとルーペを持ち歩き、ルーペで病害虫を見る、ナイフでリンゴの味をみる、手帳には生産者の言葉を書き留めておく。そうすると必ず何かが出てくる。」ことを欠かさずに行なっていました。1923年(大正12年)にはアメリカからゴールデンデリシャスの穂木(ほぎ)を導入し、その普及に努めました。この品種からは現在も市場の中心となる「ふじ」「つがる」などが生まれています。一生をリンゴの研究と普及に務めた島 善鄰は「リンゴの神様」と言われています。

松原 緑(まつばら みどり)

東和町初代町長。1954年(昭和29年)、それまで土沢町、小山田町、中内村、谷内村の1町3村に分かれていた地区が合併。多大な働きをした人が、旧土沢町長だった松原緑です。合併に関しては近隣や地元の反対が多く、なかなか話がまとまりませんでしたが、松原の信念を曲げない粘り強さで、ようやく合併へと漕ぎ着けました。合併後の町名は一般公募により、大多数の意見と賛成により「東和町」と決定。合併を実現させた努力と決断力を示した松原は東和町の初代町長としても引き続き活躍を果たしました。

萬 鉄五郎(よろず てつごろう)1885年~1927年

萬鉄五郎は1885年(明治18年)、土沢の記念美術館に近い「八丁(屋号)」で誕生。1907年(明治40年)、東京美術学校(現・東京芸術大学)に入学、画家になる決心をします。1912年(明治45年)には岸田劉生や高村光太郎らの結成した「フューザン会」に参加。近代的な画風を開花させます。
その後、1914年(大正3年)、29歳の時に絵画制作に専念するため、故郷の土沢に戻ります。次第に色彩はモノクロームへ、デフォルメされた構図のキュビズムの作風に変化します。
その後、再び上京し、意欲的に作品に取り組みます。1919年(大正8年)、神経症の療養のため神奈川県茅ヶ崎に移り住んでからさらに画風は変化、日本の伝統絵画に関心を持つようになります。1927年(昭和2年)、短い生涯を終えました。

宮沢 賢治(みやざわ けんじ)1896年~1933年

宮沢賢治は1896年(明治29年)、岩手県稗貫郡花巻町で誕生。1920年(大正9年)盛岡高等農林学校研修生を修了すると翌年上京。童話を多作しますが同年に妹のトシが病に倒れたのを機に帰郷。稗貫郡立稗貫農学校(のちの岩手県立花巻農学校)の教師となり、農村子弟の教育にあたるとともに多くの詩や童話の創作を続けました。1924年(大正13年)、28歳の時に詩集『春と修羅』・童話集『注文の多い料理店』を刊行、30歳で農学校の教壇を退き、『羅須地人協会』を設立。農民講座を開設し、青年たちに農業を指導しました。
32歳の時に急性肺炎を発症、2年あまりの療養を余儀なくされましたが、療養中も創作活動をつづけ療養生活を綴った詩群などを創作しました。病床からの回復の兆しをみせ、働き始めた1931年(昭和6年)、またも病に倒れてしまい帰郷し療養生活を送る。1933年(昭和8年)9月21日急性肺炎にて永眠。享年37歳でその短い生涯をとじました。
日本人に親しまれた作品を数多く残した宮沢賢治ですがそのほとんどの作品は没後に刊行されたもので、生前に刊行されたのは上記の詩集・童話集、作品としては雑誌や新聞に投稿・寄稿したものが少数存在しているのみです。

新渡戸 傳(にとべ つとう)1793年~1871年

新渡戸傳は1793年(寛政5年)、花巻に生まれました。27歳の時家計を助けるため商人となり、44歳で退くまでの17年間材木を中心に商いをし、商才を発揮して大きな利益を上げました。任官後は勘定奉行などをつとめ、特に開拓事業に力を発揮し花巻近辺で多くの開田に成功しました。62歳の時に三本木原開拓を藩に願い出て、1855年(安政2年)新田御用掛として着手。人工河川・稲生川を開削し、現在の青森県十和田市の発展の礎を築きました。最晩年は七戸藩設立に奔走、1869年(明治2年)七戸藩家老、後に大参事となりました。
日本初の農学博士であり、『武士道』の著書、現在の5000円札の肖像である新渡戸 稲造(にとべ いなぞう)は、孫にあたります。

地域の名所

1.田瀬ダム

町の中心より東に約7km、遠野市宮守町との境にあるのが「田瀬ダム」です。ダム湖である田瀬湖周辺には、人々が自然と触れ合い、くつろぎの理想的な環境創造を目指した「田瀬ダムレイクリゾート事業」によってつくられたレジャー施設が整っています。田瀬ダムは洪水の調整・かんがい・発電などの役割を果たし、平面的に眺めると「龍」の形をしていることから、「龍のタセくん」がマスコットキャラクターになっています。
また鯉やヘラブナなど20種類の魚が生息する淡水魚の宝庫で、休日などには釣り人が大物を求めてやってきます。
また、6月下旬から7月上旬の湖畔には多数のあやめが咲き誇り、「田瀬湖あやめまつり」として多くの観光客が訪れます。200種2万株のものぼるあやめ処の規模は、全国有数を誇ります。
そして、7月の最終土曜日には「田瀬湖湖水まつり」として、水・空中花火が打ち上げられる花火大会が催され花巻の空に大輪の花を咲かせます。

2.毘沙門堂、三熊神社

9月の例祭として古くから行なわれ、三熊野神社の神事とされる「泣き相撲」が全国的に有名。言い伝えでは、延歴年間(782年~806年)に坂上田村麻呂がこの地で部下に相撲を取らせたのが始まりと伝えられています。かつて猿ケ石川を境とした南・北成島の青年による相僕は、勝利した方が豊作になるという占いから流血の争いにまで発展したことから、1706年(宝永3年)には、神社氏子の長男で、数え年二歳の幼児による泣き相撲になりました。現在は健やかな成長と豊作を祈る行事として続けられています。

3.丹内山神社

約1200年前の創建とされ、承和年間(834年~847年)に空海の弟子(日弘)が不動尊像を安置。「大聖寺不動丹内大権現」と称し、以来、平安後期は平泉の藤原氏、中世は安俵小原氏、近世は盛岡南部氏の郷社として厚く加護されてきたと伝えられています。さらに、明治初めの廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)により丹内山神社として現在に至っています。本殿は、現存する棟札から、1810年(文化7年)に再建されたもの。権現づくりの厨子や外壁一面に施された彫刻、脇障子は唐獅子と牡丹の脇障子などからは当時の地方大工の力量を伺える資料としても貴重なもので、1990年(平成2年)に県指定有形文化財(建造物)となっています。
また、丹内山神社の伝統芸能としては「丹内山神社雅楽」・「丹内山神社社風流神楽」があります。同雅楽は1970年(昭和45年)、同神楽は1965年(昭和40年)に花巻市の無形民俗文化財に指定されました。9月の丹内山神社例大祭・3月の祭礼の場等でその雄姿を拝むことができます。

4.旧小原家住宅(国指定重要文化財)

旧小原家は岩手を代表する曲り屋で建築年代については明かではありませんが、構造手法などからみて18世紀中頃に建築されたと推定されています。曲り屋は、母屋の棟に対して直角に馬屋が張りだし、平面形が鈎形となるのが特徴とされています。小原家は曲り屋の古い形態で、寄棟造・茅葺きで、建物の突出部が非常に小さくつくられていること、19世紀中頃の増築で、直家(すごや)から曲がり家に改造されたもので、曲がり家の歴史を伺うことができる貴重な建物です。

5.萬鉄五郎記念美術館

東和町出身の萬鉄五郎の作品や生い立ちを紹介している美術館。町の北側にある館山はかつての土沢城跡地ですが、その中腹に美術館と共に土沢中学校や幼稚園などが建っています。周辺は桜並木に囲まれ、生家である土蔵の「八丁蔵」も復元されています。

6.花巻新渡戸記念館

胡四王山の南麓に建ち、近くには宮沢賢治記念館もあります。新渡戸稲造と一族が果たした花巻への地域貢献などを中心に展示している記念館です。裏手には花巻系新渡戸本家二代目が、夢枕に現れた紫波稲荷大明神の分霊を屋敷の居久根林に勧請し、以来、一族の氏神様としてとして祀った安野稲荷神社もあります。

7.宮沢賢治記念館

宮沢賢治の生涯をさまざまな資料、写真パネルなど約400点とビデオやスライドなどで視覚的に楽しむことができます。また、図書資料室に賢治の各種全集類、研究書など2000点余りの書籍を備え、研究者に開放しています。
一画には童話「山猫軒」をモチーフにしたレストランもあります。

8.フォルクローロいわて東和

エスペラント語で民話を意味する「フォルクローロ」を冠したホテルです。JR東日本ホテルチェーン直営で少人数からファミリーなどの宿泊に最適。隣り合う東和温泉とは渡り廊下でつながっていますので、入浴する楽しみも大きな特徴のひとつです。

9.日高見の霊湯・東和温泉

泉質は単純温泉(低張性中性高温泉)で、神経痛や筋肉痛、関節痛、五十肩、うちみ、冷え性、疲労回復などに効能がある日帰り温泉施設です。

名所所在地

水田と土地改良のあゆみ

猿ヶ石川地区の水田開発は、水不足との戦いであり、度重なる飢饉に悩まされていましたが、近年の田瀬ダム完成でようやく水の確実な供給が実現し、安定した農業を営めるようになりました。

本地区の歴史を振り返ると、802年(延歴21年)には坂上田村麻呂が率いる屯田兵がこの地域に配置され、続いて、1189年(文治5年)に藤原秀衡の三男、泉三郎忠並行が、奥州征伐に敗れ矢沢村幸田の地に上・中・下3枚17町歩の三郎堤を築造しました。1859年(安政6年)には新渡戸伝が、南部藩の命により高松、十二ヶ、安俵各村の新田造成並びに稚鍋(おさなべ)川及び平山用水路の開削に着手しますが、素掘りだったため漏水などで通水することなく失敗のうちに終わります。その後、2度の大きな台風により花巻・北上地域が水害に遭い、治水と農業用水の確保を目的に、1941年(昭和16年)から1954年(昭和29年)にかけて建設省で田瀬ダムを建設します。これを受け、農林水産省では、花巻地域の慢性的な用水不足の解消と開田のために田瀬ダムを水源とした「国営猿ヶ石川農業水利事業」[1953年(昭和28年)~1963年(昭和38年)]及び「国営猿ヶ石開拓建設事業」[1959年(昭和34年)~1970年(昭和45年)]を実施しました。これにより、河川、渓流、ため池、湧水等の天候に左右される不安定な水源から、ダムからの安定した水源へ変わり、安定した農業経営を待ち望んだ、先人たちからの願いがようやくかなうこととなりました。これらの国営事業では、農業用水路の造成のほか、山林・原野の開田、幹線・支線道路の造成も行われたため、地域の田園風景が一新されたと言います。その後、気象その他の諸条件の影響により、施設の損傷、漏水が生じたことから、これらを緊急で補強する「国営猿ヶ石川国営造成土地改良施設整備事業」[1975年(昭和50年)~1980年(昭和55年)]や「国営猿ヶ石川2期国営造成土地改良施設整備事業」[1988年(昭和63年)~平成1992年(平成4年)]を実施し、現在に至っています。

 

開田の様子
開田の様子
造成された水田
造成された水田

 

<主な引用・参考文献>
「東和の先人」東和町ふるさと歴史資料館(平成17年)
「三十年の歩み」猿ヶ石北部土地改良区(昭和61年)
「東和町史(上)(下)」東和町(昭和49年・53年)
「東和町勢要覧」東和町(平成7年)
「花巻市」ホームページ

 

 

 

ページトップへ

お問い合わせ先

猿ヶ石川農業水利事業建設所
〒028-0115 岩手県花巻市東和町安俵3区19
電話:0198-43-1314
FAX:0198-43-1317

東北農政局案内

リンク集