このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー
豊沢川農業水利事業建設所TOP

地域の歴史

地域の農業の概要

事業の目的・内容

進捗状況

事業所のご紹





















































































































































地域の歴史

豊沢川流域の水利開発(水利紛争の歴史)

  豊沢川流域の水利開発は食糧確保のために、今から三百年余り前旧南部藩士による新田堰の築堤、開削に始まり、その後、逐次開田が進められました。
  この地域の水田は、豊沢川、瀬川その他の小渓流を水源とし、大小24ヶ所の取水堰による取水の他、数多くの小ため池によりかんがいを行っていました。どの河川も流域が狭いため、水田が増加するにしたがい用水不足となり、度々発生する干ばつ被害に見舞われ、水利紛争が頻発するようになりました。
流域図
                                                   流    域    図      (昭和20年頃)


円万寺より望む
                                                                  『円万寺より望む』

 

宮沢賢治も嘆いた流域の水不足

  宮沢賢治(明治29年~昭和8年)が大正14年の記録的な渇水「ヒデリ」を詩に刻んでいます。
  花巻農学校の教師時代に夜水引きの体験を描いた詩と言われており、何日も徹夜で水を守ろうとした農民の苦労が偲ばれます。
詩碑
                                                 『渇水と座禅の詩碑』

 

ダム建設への道を切り拓く

  こうした中、安定的な水源を確保するため、豊沢川上流にダムの設置が必要だとして、昭和十三年に稗和西部耕地整理組合(現在の豊沢川土地改良区の前身)が組織され、その初代組合長が平賀千代吉氏(明治25年~昭和51年)です。
  氏はダム建設運動に奔走し、言わば豊沢ダム建設の立役者です。
平賀千代吉氏碑    ダム放流
                    『平賀千代吉氏碑』                                 『雪解けで放流が行われる豊沢ダム』

 

「豊沢平和郷」

  豊沢ダム建設に当たっては、建設促進に邁進された先人たちの苦悩と献身的な努力がありました。
  一方で、住み慣れた土地から移転を余儀なくされた豊沢集落の人々の苦渋の選択の協力が必要でした。さらには、難工事と闘った工事関係者の苦労を我々は忘れてはなりません。
平和郷の碑    家屋    郷土芸能
      『豊沢平和郷の碑』              『ダム湖の底になった移転前の家屋』       『豊沢集落の郷土芸能』

 

前歴事業の概要(国営豊沢川土地改良事業)

  昭和16年に岩手県営稗和西部用水改良事業として工事に着手しましたが、途中戦争により中断となりました。
  その後、昭和24年に国営土地改良事業として豊沢ダムの建設を継承、昭和36年に豊沢ダムが完成しました。その後関連する事業等とも相まって、地域は県内有数の農業地帯へと変貌をとげました。

1 関係市 花巻市、北上市 建設中
              『コンクリート打設中の豊沢ダム』
2 受益面積 5,316ha
3 事業期間 昭和24~36年度
4 事業費 18億円
5 主要工事 豊沢ダム 1箇所

お問合せ先

和賀中央農業水利事業所
豊沢川農業水利事業建設所

住所: 〒025-0054 岩手県花巻市下北万丁目197-3

電話: 0198-21-2061
FAX: 0198-23-1414