ホーム > 農村振興 > 都市農村共生・対流及び地域活性化対策 > 平成27年度都市農村共生・対流総合対策交付金について > 平成27年度都市農村共生・対流総合対策交付金(集落連携推進対策、人材活用対策、施設等整備対策)の公募について


ここから本文です。

平成27年度都市農村共生・対流総合対策交付金(集落連携推進対策、人材活用対策、施設等整備対策)の公募について

東北農政局では、平成27年度都市農村共生・対流総合対策交付金(集落連携推進対策、人材活用対策、施設等整備対策)について、交付金の交付を受ける候補者を公募します。

なお、本公募は、平成27年度政府予算原案に基づいて行うものであるため、成立した予算の内容に応じて事業内容等の変更があり得ることに御留意ください。

1.公募対象事業の概要

農山漁村の持つ豊かな自然や「食」を観光、教育、福祉等に活用する、集落連合体による地域の手づくり活動を支援し、都市と農山漁村の共生・対流などを促進する取組を支援します。 

2. 事業内容、応募方法、対象団体、交付金の額等の本交付金に係る詳細

*下の公募は終了しました。

(1)本事業の実施を希望される方は、公募要領等を御覧いただき御応募ください。

(2)提案書の作成に当たっては、公募要領を踏まえ、提案書記載例を参考に、取組内容等を的確に記載して下さい。
   なお、次の点に十分に御留意下さい。

1)提案書全体について

○ 集落に根ざした取組を支援する事業であり、集落の合意形成に基づく内容であること。(例えば、提案書提出の際に、改めて、事業実施範囲内の集落や構成員の間で提案内容を精査する等。)

○ 「地区の現状」-「課題」-「取組内容」-「将来像」をストーリー性をもって、具体的に記述すること。

2)取組内容について

○ 取組におけるねらいを明確にし、そのねらいを達成するために適切・効果的な計画とし、具体的・定量的に記載すること。

○ 「交流」等の際の地域における訴求資源等を明確にし、訴求方法、訴求相手等を具体的に記載すること。又、訴求資源等のブラッシュアップの方法等を記載すること。

【参考資料】

費用対効果算定関係

3.公募期間等

*下の公募は終了しました。

(1)公募期間:平成27年1月29日(木曜日)から平成27年2月20日(金曜日)まで

(2)提案書等の提出期限:平成27年2月20日(金曜日)17時まで
※郵送の場合は、平成27年2月20日(金曜日)の消印有効です。

4.公募に係る説明会の開催

*下の公募に係る説明会は終了しました。

(1)仙台会場(案内図1(PDF:63KB)

開催時期:平成27年2月4日(水曜日)10時00分~12時00分

開催場所:仙台合同庁舎 8F 講堂(宮城県仙台市青葉区本町3-3-1)

(2)盛岡会場(案内図2(PDF:64KB)

開催時期:平成27年2月5日(木曜日)13時30分~15時30分

開催場所:橋市盛岡ビル 4F 盛岡地域センター会議室(岩手県盛岡市盛岡駅前北通1-10)

※公募要領等につきましては、ホームページからダウンロードの上、御持参願います。なお、仙台合同庁舎への入館の受付手続に際し、本人確認できる証明書等が必要となります。
会場には駐車場がありませんので、公共交通機関または民間駐車場等を御利用ください。 

5.お問い合わせ先及び提案書等提出先

応募者の取組地域が青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県の場合(これ以外の場合は公募要領の「11 お問い合わせ先及び提案書等提出先」を御覧下さい。)

東北農政局農村計画部農村振興課
    〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町3丁目3番1号  仙台合同庁舎

6.審査方法

 都市農村共生・対流総合対策交付金公募要領(集落連携推進対策、人材活用対策、施設等整備対策)に基づき、提出された提案書等について選定審査委員会で審査を行い、交付金交付候補者を選定します。

7.農林水産省のホームページもご参照ください。

8.公募結果 

9. 過去の公募結果

ページトップへ

お問い合わせ先

農村振興部農村計画課
電話:022-263-1111(内線4445,4444)
FAX:022-715-8217

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

東北農政局案内

リンク集