このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

プレスリリース

新たなJAS制度説明会の開催について

  • 印刷
平成30年2月9日
東北農政局

農林水産省は、平成30年2月21日(水曜日)から、新たなJASについての説明会を全国15か所にて開催し、東北農政局管内では、2月27日(火曜日)に盛岡市、3月9日(金曜日)に仙台市において開催します。

本説明会は公開で行います。ただし、カメラ撮影は質疑応答前まで可能です。

 

1.概要

JAS制度については、昨年6月の「農林物資の規格化等に関する法律(JAS法)」の改正により、農林水産品・食品の生産、製造を行う方だけでなく、保管、輸送、販売などに携わる幅広い方にも、商品、技術、取組をアピールするツールとして活用いただけるものになりました。

今回の説明会では、4月1日の施行を前に、戦略的にJAS制度を活用していただくため、新制度の下で検討が進められているJAS規格案を紹介するとともに、新たな規格を提案・活用いただくための手続を、関連予算も含めて説明いたします。

改正されたJAS法の詳細については、以下のURLを御覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/jas/h29_jashou_kaisei.html 


2.開催場所及び日時

(1)盛岡会場
日時:2月27日(火曜日)14時00分~
場所:東北農政局岩手県拠点4階会議室(盛岡市盛岡駅前北通1-10橋市盛岡ビル)
人数:40名 

(2)仙台会場
日時:3月9日(金曜日)14時00分~
場所:仙台第3合同庁舎8階共用第2会議室(仙台市宮城野区五輪1-3-15)
人数:50名 

説明会は1時間半程度を予定しています。 

(3)各地域ブロック別説明会の詳細は以下を御覧ください。

http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/syoku_kikaku/180209.html


3.内容

「自社の魅力をJASでアピール~新たなJASの活用方法~」

新たなJAS制度について

事業者・産地によるJAS規格の戦略的な制定・活用について

事業者発規格の策定・検討状況について

関連予算の紹介

 4.参加申込方法及びお問合せ先

参加及び取材の申込みについては、独立行政法人農林水産消費安全技術センター仙台センターにおいて受け付けます。申込方法については、以下のURLを御確認ください。
http://www.famic.go.jp/event/jas/sendai.html

 【お問合せ先】
独立行政法人農林水産消費安全技術センター仙台センター規格検査課(担当者:柳通、水田、堤)
ダイヤルイン:050-3797-1890 

(お申し込みいただく際の注意事項)

御参加いただける方は、入館時に受付で身分証明書を御提示いただきます。また、参加に当たり、次の留意事項を遵守してください。これらを守れない場合は、参加をお断りすることがあります。

  1. 事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと。
  2. 携帯電話等音の出る機器については、電源を切るかマナーモードに設定してください。
  3. 参加中は静粛を旨にし、以下の行為を慎むこと。参加中の入退席(ただし、やむを得ない場合を除く。)新聞、雑誌その他議案に関連のない書類等の読書
  4. 食事及び喫煙
  5. 報道関係者の方々を除き、会場においてのカメラ、ビデオ、ワイヤレスマイク等の使用
  6. 説明者及び参加者の発言に対する賛否の表明又は拍手
  7. 銃砲刀剣類その他危険なものを会場に持ち込まないこと。
  8. その他事務局職員の指示に従うこと。

5.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、資料準備の関係から上記の「参加申込方法」に従い、独立行政法人農林水産消費安全技術センター仙台センターへお申し込みください。その際、報道関係者である旨を必ず明記してください。
当日は、受付にて記者証等の身分証明書を提示していただきますので、あらかじめ御了承願います。なお、質疑応答のカメラ撮影は御遠慮願います。

お問合せ先

東北農政局経営・事業支援部食品企業課

担当者:安藤、澤瀬
代表:022-263-1111(内線4336,4097)
ダイヤルイン:022-221-6146
FAX番号:022-722-7378