このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

プレスリリース

第6回六次産業化勉強会の開催について

  • 印刷
平成30年6月12日
東北農政局

東北農政局は、平成30年7月6日(金曜日)、仙台合同庁舎B棟において第6回六次産業化勉強会を開催します。

本勉強会は公開です。また、報道関係者のカメラ撮影は可能です。

1.概要

我が国の食をとりまく環境変化や国際化等に対応し、食品の安全を確保するため、広域的な食中毒事案への対策強化、事業者による衛生管理の向上、食品による健康被害情報等の的確な把握や対応のため、第196回国会に「食品衛生法等の一部を改正する法律案」が提出され成立しました。

本改正法では、「原則として、すべての食品等事業者に、一般衛生管理に加え、HACCPに沿った衛生管理の実施を求める」旨の改正が含まれており、中小企業者もHACCP又はHACCPに基づく取組が求められることとなります。

このため、6次産業化事業者等に対する支援の一環として、「食品の製造・加工を行う6次産業化事業者のHACCP対策」をテーマとして、以下のとおり勉強会を開催します。

2.開催日時及び場所

日   時:平成30年7月6日(金曜日)  13時30分~16時00分(受付開始13時00分)

場   所:仙台合同庁舎B棟2階 共用第一会議室

所在地:仙台市青葉区本町三丁目3番1号

      ※会場には駐車場がございませんので、公共交通機関や近隣の民間駐車場を御利用ください。

3.内容

1.HACCPに沿った衛生管理の制度化について
     厚生労働省東北厚生局 健康福祉部 食品衛生課

2.支援策及びJFS規格等について
     農林水産省食料産業局 食品製造課 食品企業行動室

3.HACCP支援法による融資について
     日本政策金融公庫 農林水産事業本部 東北地区総括課

4.HACCPの事例紹介
    (1)株式会社 和壌 代表取締役 髙橋 淳 氏
    (2)東京サラヤ株式会社 サニテーション事業本部 東北支店 食品衛生サポート部 板橋 園実 氏

4.参集範囲

六次産業化・地産地消法認定者、農商工等連携事業認定者、6次産業化を目指す農林漁業者、食品製造事業者、食品衛生管理に関心のある方
(定員 60名)

5.参加申込

参加費は無料です。

参加を希望する方は、平成30年7月2日(月曜日)までにインターネット又は別添の「参加申込書」に必要事項を御記入の上、ファクシミリにてお申込みください。
なお、お申込みによって得られた個人情報は厳正に管理し、御本人への連絡を行う場合に限り利用します。

<インターネットによるお申込先>
 申込フォーム:https://www.contactus.maff.go.jp/j/tohoku/form/keiei/renkei/180612.html

<ファクシミリによるお申込先>
 送信先:経営・事業支援部地域連携課
 ファクシミリ番号:022-722-7378
(会場の関係もあり、多数の場合は先着順で締め切らせていただきます。なお、定員を超えるお申込みがあり、御参加いただけない方には御連絡します。)

参加される方は、仙台合同庁舎B棟 正面玄関(1階)の第6回六次産業化勉強会専用受付にて入館証をお受け取りいただき、2階 共用第一会議室にお入りください。

6.報道関係者の皆様へ

取材を希望される方は、別添「取材申込書」に必要事項を御記入の上、平成30年7月2日(月曜日)までにファクシミリにてお申込みください。

<添付資料>

お問合せ先

経営・事業支援部地域連携課

担当者:對馬、橋本
代表:022-263-1111(内線内線4361、4379)
ダイヤルイン:022-221-6402
FAX番号:022-722-7378

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader