このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

プレスリリース

「農業分野における新たな外国人材の受入れに関する東北ブロック説明会」の開催について

  • 印刷
平成31年1月11日
東北農政局

東北農政局は、平成31年1月30日(水曜日)、仙台合同庁舎A棟において「農業分野における新たな外国人材の受入れに関する東北ブロック説明会」を開催します。報道関係者の取材及びカメラ撮影は冒頭のみ可能です。また、説明会終了後、報道関係者の皆様の取材をお受けします。
なお、飲食料品製造分野及び外食業分野につきましては、後日開催を予定していますので、開催日時等が決まり次第お知らせします。

1.概要

出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律が成立し、農業分野においても新たな在留資格に伴う外国人材の受入れが可能となることから、内容について広く周知するため説明会を開催します。

2.開催日時及び場所

日時 : 平成31年1月30日(水曜日)13時30分~14時30分
会場 : 仙台合同庁舎 A棟 8階 講堂
所在地 : 仙台市青葉区本町三丁目3番1号
 ・庁舎内の駐車場は御利用できません。お越しの際は、公共交通機関や近隣の民間駐車場を御利用ください。

3.議事

(1)農業分野における新たな外国人材受入制度の概要について
(2)質疑応答

4.参集範囲

県・市町村担当者、農業団体、農業者等(定員200名)

5.申込方法

参加費は無料です。参加を希望される方は、平成31年1月25日(金曜日)までに、インターネット又は別添の「FAX参加申込書」によりお申込みください。

《インターネットによるお申込先》 
  https://www.contactus.maff.go.jp/j/tohoku/form/keiei/sien/190111.html

《FAXによるお申込先》
  送信先:東北農政局 経営・事業支援部経営支援課
  FAX番号:022-722-7378
 
電話によるお申込みはお断りします。
お申込みより得られた個人情報は厳正に管理し、御本人への連絡を行う場合に限り利用します。

6.留意事項

参加に当たり、次の留意事項を遵守してください。これらを守れない場合は、参加をお断りすることがあります。
(ア)事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと
(イ)携帯電話等の電源は必ず切って傍聴すること
(ウ)傍聴中は静粛を旨とし、以下の行為を慎むこと
   ・発言者に対する賛否の表明又は拍手
   ・報道関係者の方々を除き、会場においてのカメラ、ビデオカメラ、ICレコーダー、ワイヤレスマイク等の使用
   ・新聞、雑誌その他議案に関連のない書類等の読書
   ・飲食及び喫煙
(エ)鉄砲刀剣類その他危険なものを議場に持ち込まないこと
(オ)その他、事務局職員の指示に従うこと

7.報道関係者の皆様へ

取材を希望される方は、上記の参加申込方法に従いインターネット又はFAXによりお申込みください。その場合、報道関係者である旨を必ず明記してください。なお、関係者への取材については、農政局担当者の指示に従って下さい。

<添付資料>

お問合せ先

経営・事業支援部経営支援課

担当者:峯岸
代表:022-263-1111(内線4434)
ダイヤルイン:022-221-6217
FAX番号:022-722-7378