このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

プレスリリース

農業分野における外国人材の受入れに関する東北ブロック説明会の開催について

  • 印刷
令和元年7月18日
東北農政局

東北農政局は、令和元年8月19日(月曜日)仙台合同庁舎A棟8階講堂において、農業分野における外国人材の受入れに関する東北ブロック説明会を開催します。本説明会は公開です。報道関係者のカメラ撮影は冒頭のみ可能です。

1.概要

「改正出入国管理法」が4月1日に施行され、農業分野の外国人材の受入について、新たな在留資格として「特定技能」が創設されました。「特定技能」は深刻化する人手不足に対応するため、生産性向上や国内人材の確保のための取組を行ってもなお、人材を確保することが困難な状況にある分野において、一定の専門性・技能を有し、即戦力となる外国人材を受け入れる制度となっています。この制度を受けて、東北地域の事業者(農業者等)が必要な特定技能外国人を受入れられるよう7月3日に「東北地域農業特定技能協議会」を設置しました。
今後は、農業者、農業法人、農業協同組合及び登録支援機関等に対して幅広く本制度の周知を図り、東北地域における外国人材を円滑に確保していく必要があるため、下記により東北ブロック説明会を開催します。

2.開催日時及び場所 (終了しました。)

日時 : 令和元年8月19日(月曜日)  13時30分~15時30分 (受付開始13時00分~)
場所 : 仙台合同庁舎A棟8階講堂  (仙台市青葉区本町三丁目3番1号)

3.内容

 1  各省庁からの情報提供
     ・仙台出入国在留管理局(在留資格「特定技能」について)
     ・宮城労働局(外国人雇用はルールを守って適正に)
     ・東北農政局(農業分野における新たな外国人材の受入れについて)
 2  質疑応答 
 3  その他

4.参集範囲・募集人数

農業者、農業法人、農業協同組合、県、市町村、登録支援機関等    200名(定員)

5.参加申込方法

(1) 申込方法

参加費は無料です。参加を希望される方は、インターネット又は別添の「参加申込書(FAX送信用)」に必要事項をご記入の上、ファクシミリにてお申込み下さい。お申し込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、ご本人への連絡を行う場合に限り利用します。

<インターネットによるお申込先>
   申込フォーム:https://www.contactus.maff.go.jp/j/tohoku/form/keiei/sien/190718.html

<ファクシミリによるお申込先>
   FAX送付先:経営・事業支援部  経営支援課  宛て
   FAX番号:022-722-7378

(2) 申込締切

令和元年8月8日(木曜日)※定員(200名)になり次第締め切らせていただきます。

(3) 参加する場合の留意事項

  • 携帯電話等は必ずマナーモードに設定する等、説明会開催中は静粛を旨として下さい。
  • 会場には駐車場がございません。ご来場の際は、公共交通機関をご利用下さい。
  • その他、職員の指示に従って下さい。

6.報道関係者の皆様へ

取材を希望される方は、上記5(1)の「参加申込方法」によりお申込みください。

 
<添付資料>

お問合せ先

経営・事業支援部 経営支援課

担当者:千葉
代表:022-263-1111(内線4436)
ダイヤルイン:022-221-6217
FAX番号:022-722-7378

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader