ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > プレスリリース > 「食と農の体験活動を通じた食育交流会」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成28年2月4日

東北農政局

「食と農の体験活動を通じた食育交流会」の開催について

東北農政局は、平成28年3月1日(火曜日)仙台合同庁舎A棟において、「食と農の体験活動を通じた食育交流会」を開催します。

本交流会は公開です。また、報道関係者の取材・カメラ撮りは可能です。

趣旨

食生活の急激な変化や大量の食料の食べ残しの発生、健康や安全をめぐる問題が発生している中、自然の恩恵と食に関わる人々の活動について理解を深める農林漁業体験活動は、生産者団体、教育機関、NPO法人等の取組主体により、全国各地において各種の活動が展開されています。

本交流会は、先進的実践者による基調講演と事例発表を踏まえた意見交換を行うことにより、東北地域における農林漁業体験活動の一層の推進を図ることを目的として開催します。 

開催日時及び場所

日時 :平成28年3月1日(火曜日) 13 時30 分~ 16 時30 分
場所 :仙台合同庁舎A棟 8 階講堂
所在地:仙台市青葉区本町三丁目3番1号

内容

1.基調講演

「食の絆を育む体験活動の展望」
  NPO法人 食の絆を育む会 理事長  近江 正隆 氏

2.事例発表

(1)「わくわくモーモースクール 新林牧場の酪農体験」
    農事組合法人  新林牧場 代表理事  柴田 睦 氏

(2)「JA青年部による耕作放棄地を利用した農業体験」
    山形おきたま農業協同組合 飯豊地区青年部 盟友 田中 俊昭 氏

(3)「食農体験から地域の魅力を再発見!」
    NPO法人  プロジェクト88 理事長 高橋 菜里 氏

3.意見交換

参集範囲

農林漁業体験活動実践者及び団体、グリーン・ツーリズム実践者、子ども農山漁村交流プロジェクト実践者、生産者団体、消費者団体、教育関係者、行政担当者等

主催

東北農政局

参加申込方法

<参加申込先>

東北農政局経営・事業支援部地域食品課  伊藤、後藤  宛
〒980-0014 仙台市青葉区本町三丁目3番1号
FAX:022-722-7378

報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、事前に、社名、人数及び氏名等を御記入の上、平  成28年2月25日(木曜日)までに、ファクシミリで送付願います。(様式自由)

 

<添付資料>

お問い合わせ先

経営・事業支援部地域食品課
担当者:伊藤、後藤
代表:022-263-1111(内線4084、4384)
ダイヤルイン:022-221-6403
FAX:022-722-7378

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

東北農政局案内

リンク集