このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

プレスリリース

労働力確保に向けたセミナーの開催及び参加者の募集について

  • 印刷
平成30年12月3日
東北農政局

東北農政局は、平成31年1月22日(火曜日)仙台市において、労働力確保に向けたセミナー「東北農業の未来をつくる~求職者に選ばれる東北農業を目指して(労働力の確保)~」を開催します。
本セミナーは公開です。また、カメラ撮影は可能です。

1  趣旨

我が国の農林水産業・農山漁村においては、人口減少・高齢化による農業者の急激な減少が大きな問題となっています。なかでも東北地方では、全国平均を上回る速度でこれらが急速に進行し、多くの農村や地域では、将来に大きな不安を抱えています。
こうした中、幅広い観点から、若者たちが希望の持てる「強い農林水産業」、「美しく活力ある農山漁村」を創り上げ、次世代へと継承して行く方策を構築していく必要があります。
このため、幅広い分野の者に参加を求め、「東北農業の未来をつくる」と題して、まずは「労働力の確保」に着目したセミナーを開催します。

2  開催日時及び場所

日  時:平成31年1月22日(火曜日)13時00分~17時00分(受付開始12時00分)

場  所:仙台合同庁舎A棟8階 講堂(仙台市青葉区本町三丁目3番1号)

 ※会場には駐車場がございませんので、公共交通機関や近隣の民間駐車場を御利用ください。

3  内容

(1)講演

  (ア) 東北地方における労働力不足の現状と対応方向
        公立大学法人 宮城大学 食産業学群  教授  三石  誠司

  (イ) 穂海の取組概要について 【視点:作業の分散・平準化等】
        (株)穂海  代表取締役  丸田  洋

  (ウ) (株)はなやかの取組概要について 【視点:加工施設活用による周年雇用等】      
         (株)はなやか  代表取締役  伊藤  惠子

  (エ) 農でつながる農で輝く 【視点:地域の女性雇用等】 
        (有)かさい農産  代表取締役会長  葛西  信昭

  (オ) さくらんぼ労働力確保のための県内外からの多様な人材確保に向けた取組
         山形県 農林水産部 園芸農業推進課 果樹振興主査 高品  善

  (カ) 季節労働力の確保に向けた課題
         秋田県農業試験場 企画経営室 経営班 主任研究員 黒沢  雅人

(2)パネルディスカッション

 パネリスト: 講演者(6名)、東北農政局職員

4  参集範囲

どなたでも参加いただけます(150名程度)。

5  参加申込み

参加費は無料です。

参加を希望する方は、平成31年1月15日(火曜日)までにインターネット又は別添の「参加申込書」によりお申込みください。
なお、お申込みによって得られた個人情報は厳正に管理し、御本人への連絡を行う場合に限り利用します。

<インターネットによるお申込先>
   https://www.contactus.maff.go.jp/j/tohoku/form/181203.html

<参加申込書によるお申込先>
   送信先:東北農政局企画調整室
   ファックス番号:022-217-2382

参加される方は、仙台合同庁舎A棟正面玄関(1階)の「東北農業の未来をつくるセミナー専用受付」にて入館証をお受取りいただき、8階講堂にお入りください。

6  報道関係者の皆様へ

取材を希望される方は、別添「取材申込書」に必要事項を御記入の上、平成31年1月15日(火曜日)までにファックスにてお申込みください。

7  ワークショップの開催

セミナー開催後、2月7日(木曜日)にワークショップを開催します。
本ワークショップは、参加者が役職等に縛られずに、自由にいろいろな意見やアイデアを発表したり、他の参加者の疑問や悩みを聞いたりしながら、労働力の確保に向けての議論をする共同作業の場です。
参加希望の方は次のURLをご覧ください。

<添付資料>

お問合せ先

企画調整室

担当者:舘澤、佐々木
代表:022-263-1111(内線4259)
ダイヤルイン:022-221-6103
FAX番号:022-217-2382

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader