ホーム > 食料産業 > 農産物・食品等の輸出関連情報 > 農産物・食品等輸出関連情報メールマガジン > 第101号


ここから本文です。

東北農政局  農産物・食品等輸出関連情報メールマガジン 平成27年1月14日<第101号>

編集・発行:農林水産省東北農政局経営・事業支援部事業戦略課
協力:東北地域農林水産物等輸出促進協議会

あけましておめでとうございます。
本年も輸出関連情報メールマガジンをよろしくお願いいたします。

【東北農政局 輸出相談窓口】
東北農政局では、農林水産物・食品の輸出に取り組んでいる事業者及び、これから輸出に取り組むことを考えている事業者の皆様が日頃から悩んでいることや知りたいことについて、専門知識を有する関係団体と連携し、情報提供を行うための輸出相談窓口を設置しておりますのでお気軽にご相談ください。
  ☆ご相談はこちらから(メールやFAXでも受け付けております)
  → http://www.maff.go.jp/tohoku/kihon/yusyutu/soudan_madoguti.html

目  次

輸出規制等の情報

  1. オマーンの輸入規制の緩和について

お知らせ 

      1. 輸出戦略実行委員会における品目別輸出団体の整備状況について

      2. 農林水産物・食品関連セミナー、商談会及び海外見本市の参加者募集について(JETRO)

      3. JETROによるセミナー、商談会、見本市出展の年間計画(平成26年12月26日版)更新のお知らせ

      4. 日本から諸外国向けに輸出される畜産物の取扱施設一覧の更新について(動物検疫所)

輸出規制等の情報

1. オマーンの輸入規制の緩和について

東京電力福島第一電子力発電所事故の発生に伴い、オマーン向けに輸出される食品について、検査機関が発行する放射性物質検査結果報告書(以下「報告書」という。)の提出が義務づけられておりましたが、平成26年12月22日から、報告書に代えて輸出事業者の実績に基づく「輸出事業者証明書」の写しを添付することで通関が可能となりました。

【規制緩和の概要】
過去に報告書を提出し、オマーン向けに食品を輸出した実績のある業者については報告書の提出は不要となり、それに代わって、農林水産省に対し、過去の輸出実績の届出を行って「輸出事業者証明書」の交付を受け、当該証明書の写しを添付することになります。
なお、過去にオマーン向けの食品輸出実績のない業者は、初回の輸出については従来どおり報告書の添付を要しますが、問題が生じなければ、2回目以降は上記と同様に「輸出事業者証明書」の交付を受け、その写しを添付することになります。

今回の決定を反映したオマーン向けに輸出される食品の輸入規制については、以下のホームページをご参照下さい。
 http://www.maff.go.jp/j/export/e_shoumei/oman_shoumei.html 

お知らせ

1.輸出戦略実行委員会における品目別輸出団体の整備状況について

農林水産省は、昨年6月に閣議決定された「『日本再興戦略』改討2014」に沿って、輸出戦略実行委員会を創設し、オールジャパンでの実効性ある輸出拡大に向けた取組体制等について議論を行ってきました。
輸出戦略実行委員会では、品目毎の今後の輸出拡大方針を策定し、順次主要品目の輸出団体を立ち上げて、オールジャパンでの輸出促進体制を整備することとしています。
これまでに、輸出戦略実行委員会での議論を受けて、コメ・コメ加工品、牛肉(畜産物)、茶の各品目について、輸出団体が立ち上がっています。
今後は、水産物、花き、林産物についても体制を整備していきます。

詳細については、以下のホームページをご参照ください。
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/export/e_kikaku/26zikkou.html

2.農林水産物・食品関連セミナー、商談会及び海外見本市の参加者募集について(JETRO)

農林水産省補助事業の事業実施者である独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)では、現在、下記のとおり農林水産物・食品輸出関連商談会及びセミナー、海外見本市の参加者を募集しています。

【国内セミナー・商談会】
○米国食品安全強化法セミナーについて(会場:東京、神戸)
    ジェトロでは、「米国食品安全強化法セミナー:米国向け食品輸出関連事業者必見~米国食品安全強化法への対応はできているか~」を開催します。

詳細については、以下のホームページをご参照ください。
http://www.jetro.go.jp/events/item/20141211965/

○【再掲】「農林水産物・食品」輸出商談スキルセミナー:効果的な商品PRについて(会場:山形県山形市)
   ジェトロ山形では、農林水産物・食品の輸出をめざす事業者向けに、ジェトロが実施した商談事例から見えてきた「商談で成果を出すための重要ポイント」について、体系的にご説明するセミナーを開催します。

詳細については、以下のホームページをご参照ください。
http://www.jetro.go.jp/events/item/20141204730/

○【再掲】「水産物輸出・HACCP入門セミナー」 in 釜石(会場:岩手県釜石市)
   ジェトロ盛岡と一般社団法人・大日本水産会は、水産物の輸出促進に向け、ジェトロより海外水産物マーケットおよび水産物輸出の現状、輸出の進め方等についてご説明し、大日本水産会よりHACCPの概要と導入方法について解説するセミナーを、釜石市内で開催します。

詳細については、以下のホームページをご参照ください。
http://www.jetro.go.jp/events/item/20141121805/

【海外セミナー・商談会】
○【再掲】食品見本市「Seafood Expo Global 2015 (ベルギー・ブリュッセル)」ジャパンパビリオン
   ジェトロは、ベルギー・ブリュッセルにて開催される水産関連見本市「Seafood Expo Global  2015」において、ジャパンパビリオンを設置・運営します。
   この機会に是非、ジャパンパビリオンへの出品をご検討ください。

詳細については、以下のホームページをご参照ください。
http://www.jetro.go.jp/industry/foods/events/20141117398-event

3. JETROによるセミナー、商談会、見本市出展の年間計画(平成26年12月26日版)更新のお知らせ

農林水産省は、輸出に取り組む事業者に対し、独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)を通じて、継続的かつ一貫したビジネスサポートを提供しています。JETROにおいて公表しております平成26年度に予定しているセミナー、国内商談会、海外商談会及び海外見本市への出展の年間計画が更新されましたのでお知らせします。
本スケジュールは、輸出に関心を有する事業者の皆様への事前の情報提供を目的としたものです。

詳細については、以下のホームページをご参照ください。
http://www.jetro.go.jp/industry/foods/pdf/event_schedule_20141226.pdf

4. 日本から諸外国向けに輸出される畜産物の取扱施設一覧の更新について(動物検疫所)

日本からベトナム向けに輸出する牛肉及び豚肉の取扱施設一覧が更新されました。

詳細については、以下のホームページをご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000070051.pdf

 「東北農政局農産物・食品等輸出関連情報メールマガジン」の配信希望者の募集

東北農政局では、農産物の輸出を促進するため、セミナー等の開催情報、海外見本市情報、農産物の輸出に関する情報などについてメールマガジンとして配信します。どなたでも無料でご利用いただけますので、配信を希望する方は、以下のホームページからご登録ください。

    【東北農政局ホームページ】
    http://www.maff.go.jp/tohoku/press/mg/index.html

農林水産物等輸出相談窓口・問い合わせ先

東北農政局では、「東北地域農林水産物等輸出促進協議会」の組織的なバックアップにより、東北地域の農林漁業者等からの農林水産物等の輸出に関する相談を受け付けております。
相談窓口:東北農政局経営・事業支援部事業戦略課
住所:仙台市青葉区本町3丁目3番1号(仙台合同庁舎)
電話:022-263-1111 内線4377
 FAX:022-722-7378

<東北農政局ホームページ>
    http://www.maff.go.jp/tohoku/index.html

    <農産物・食品等の輸出関連情報>
         http://www.maff.go.jp/tohoku/kihon/yusyutu/index.html

    ☆メールマガジンの配信停止や、メールアドレスなどの会員情報の変更は下記サイトで手続きをお願いいたします。
    パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

 

☆東北農政局では、このほかにも以下のメールマガジンを発行しております。配信をご希望される方は、ご登録をお願いします。

ページトップへ

お問い合わせ先

経営・事業支援部事業戦略課
代表:022-263-1111(内線4377)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

東北農政局案内

リンク集