ホーム > 食料産業 > 農産物・食品等の輸出関連情報 > 農産物・食品等輸出関連情報メールマガジン > 第122号


ここから本文です。

東北農政局  農産物・食品等輸出関連情報メールマガジン 平成28年6月10日<第122号>

編集・発行:農林水産省東北農政局経営・事業支援部地域連携課
協力:東北地域農林水産物等輸出促進協議会

【東北農政局 輸出相談窓口】
東北農政局では、農林水産物・食品の輸出に取り組んでいる事業者及びこれから輸出に取り組むことを考えている事業者の皆様が日頃から悩んでいることや知りたいことについて、専門知識を有する関係団体と連携し、情報提供を行うための輸出相談窓口を設置しておりますのでお気軽にご相談ください。
  ☆ご相談はこちらから(メールやFAXでも受け付けております)
  →  http://www.maff.go.jp/tohoku/kihon/yusyutu/soudan_madoguti.html

目  次

輸出規制等の情報(東京電力福島第一原子力発電所事故の発生に伴う規制)

   1. クウェートによる日本産食品の輸入規制の解除について

   2. ブルネイによる日本産食品の輸入規制の変更について

お知らせ

   1. 平成28年4月の農林水産物・食品の輸出実績について

   2. インドネシア向け日本産りんごの輸出について

   3. 「農林水産業の輸出力強化戦略」の関連資料について

   4. 「沖縄大交易会」の参加者募集について(沖縄大交易会実行委員会)

   5. 「Japanese Foods "Premium" Trade Fair」(海外販路拡大商談会)の参加者募集について((株)JTB西日本)

   6. 平成28年度「ふるさと名物応援事業費補助金(JAPANブランド等プロデュース支援事業)」の募集について(経済産業省)

   7. 輸出に関わる調査結果について

   8. 農林水産物・食品輸出関連イベントの参加者募集について(JETRO)

   9. 平成28(2016)年度農林水産物・食品分野出展海外見本市、海外商談会、国内商談会、セミナーの計画を更新しました(JETRO)

輸出規制等の情報

1. クウェートによる日本産食品の輸入規制の解除について

東京電力福島第一原子力発電所事故の発生に伴い、クウェート向けに輸出される食品については、これまで全ての食品に対し、クウェート輸入時に放射性物質検査報告書の添付が求められておりましたが、当該輸入規制が撤廃され、平成28年5月13日以降、同報告書の添付が不要となります。
このことは、日・クウェート首脳会談に係る共同声明にも盛り込まれました。

詳細については、以下のホームページをご参照ください。
    http://www.maff.go.jp//j/export/e_shoumei/kuwait_teppai.html

2. ブルネイによる日本産食品の輸入規制の変更について

東京電力福島第一原子力発電所事故の発生に伴うブルネイの日本産食品の輸入規制について、今般、以下の通り変更されました。本措置は平成28年6月1日の証明書発行分から適用されています。

○輸入規制の変更の概要
    福島県産の全ての食品について、放射性物質検査証明を添付することで、輸出が可能になりました(従来、福島県産の食肉、水産物、牛乳・乳製品については輸入停止措置が講じられていました)。
    なお、福島県産以外の全ての食品については、従来通り、産地証明の添付により輸出が可能です(変更なし)。

詳細については、以下のホームページをご参照ください。
    http://www.maff.go.jp/j/export/e_shoumei/brunei_kisei_kanwa.html

お知らせ   

1. 平成28年4月の農林水産物・食品の輸出実績について

平成28年4月の農林水産物・食品の輸出額は642億円となり、前年同月と比較すると3.2%の増加となりました。
この結果、平成28年1~4月の農林水産物・食品の輸出額(累計)は2,368億円となり、昨年の同期間(平成27年1~4月)に比べて0.9%の増加となりました。

主な内訳は、以下のとおりです。

・主な国・地域別内訳                                                                                       (単位:億円)                                                                  

国・地域名 平成27年1-4月 平成28年1-4月 増減額 増減率
世界

2,346

2,368

+22

+0.9%

 

 

 

 

 

香港

506

537

+31

+6.2%

米国

362

346

-16

-4.4%

台湾

308

321

+13

+4.2%

中国

297

252

-45

-15.2%

韓国

162

170

+8

+4.9%

タイ

110

109

-1

-0.7%

ベトナム

120

102

-18

-14.7%

シンガポール

64

69

+6

+8.9%

豪州

37

39

+2

+6.0%

オランダ

36

39

+3

+8.3%

EU

120

143

+23

+19.6%

                                                                                            (出典:財務省「貿易統計」)

詳しい輸出実績は、次のURLをご参照下さい。
    http://www.maff.go.jp/j/shokusan/export/e_info/zisseki.html

2. インドネシア向け日本産りんごの輸出について

インドネシアに植物由来の生鮮食品(青果物、茶、穀類)を輸出する際には、同国の法令により、化学物質等(農薬、重金属、微生物、マイコトキシン)が残留基準値以下であることが求められます。当該品目のインドネシア向け輸出には、以下のいずれかを満たしている必要があります。

(1)日本国内検査機関(インドネシア政府への登録が必要)によるロットごとの検査結果の提出。
(2)日本での青果物等の安全性確保システムが、インドネシア政府から認定されること(生産国認定)。

この度、日本産りんご15品種について、平成28年4月11日付けで生産国認定を取得し、化学物質等のロットごとの検査結果提出が不要となりました。

詳細については、以下のホームページをご参照ください。
    http://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/fruits/f_yusyutu/index.html?mode=preview

3. 「農林水産業の輸出力強化戦略」の関連資料について

平成28年5月19日に、農林水産業・地域の活力創造本部にて取りまとめられた農林水産業の輸出力強化戦略の関連資料について以下のホームページからダウンロードできますのでお知らせします。
また、本戦略に関する資料に加え、全国説明会及び地方ブロック説明会の配布資料も掲載しております。
    http://www.maff.go.jp/j/shokusan/export/e_kyouka_senryaku/h28_senryaku.html

4. 「沖縄大交易会」の参加者募集について(沖縄大交易会実行委員会)

「沖縄大交易会」とは、沖縄の国際物流拠点化(国際物流ハブ化)を促進することにより、日本全国の特産品等の海外販路拡大に資することを目的に開催されます。
 輸出に意欲のある方、興味のある方は、以下の沖縄大交易会HPからご確認ください。
    http://gotf.jp/

5. 「Japanese Foods "Premium" Trade Fair」(海外販路拡大商談会)の参加者募集について((株)JTB西日本)

アジア諸国の中でも成長著しい台湾・シンガポール・香港にて、日本産農林水産物・食品の海外販路拡大商談会「Japanese Foods "Premium" Trade Fair」を開催します。
3回目の実施となる今年度は、過去の開催結果を踏まえ、個別商談会のマッチング精度向上、販路支援メニューの拡充を図り、皆さまの海外販路創出・拡大の一助になるよう開催します。
農林水産事業者・食品メーカー様を募集します。是非この機会に、本商談会にご参加ください。

詳細については、以下のホームページをご参照ください。
    http://www.trade-support.info/

6. 平成28年度「ふるさと名物応援事業費補助金(JAPANブランド等プロデュース支援事業)」の募集について(経済産業省)

経済産業省では、インバウンド消費拡大に向けて地域の中小企業等が外部人材を活用し「魅力ある地域資源の磨き上げ、ブランディング、海外での誘客プロモーション・セールス等」を実施する取り組みに対して費用を補助する「Travel Mine Japan」プロジェクトを始動しました。
5月16日から一般公募を開始しておりますので、奮ってご応募下さい。

詳細については、以下のホームページをご参照ください。
    https://travelminejapan.com/

7. 輸出に関わる調査結果について

輸出先国の制度、マーケット等について、農林水産省の補助によりJETROが以下の調査を実施しております。
各国向けの輸出に取り組む皆様は、是非ご一読ください。

○主要国におけるハラール関連制度・市場動向
    https://www.jetro.go.jp/world/reports/2016/02/bdf7fdcc48b9a4a7.html
○米国・英国における日本産米の流通構造・消費実態調査
    https://www.jetro.go.jp/world/reports/2016/02/d5fb011ca6614cc4.html
○米国・香港における日本産食品の競合実態調査
    https://www.jetro.go.jp/world/reports/2016/02/d61b3dfbda336a9b.html

8. 農林水産物・食品輸出関連イベントの参加者募集について

農林水産物・食品輸出関連のイベントを下記の通りご案内いたしますので、下記URLをご参照の上、是非ご応募下さい。
(本事業は、農林水産省補助事業の事業実施者であるJETROが行います。)

詳細については、以下のホームページをご参照ください。
    http://www.jetro.go.jp/eventstop/foods/events/

9. 平成28(2016)年度農林水産物・食品分野出展海外見本市、海外商談会、国内商談会、セミナーの計画を更新しました(JETRO)

JETROでは、平成28(2016)年度農林水産物・食品分野出展海外見本市、海外商談会、国内商談会、セミナーの計画をウェブ上で公表しておりますが、平成28年5月31日付けで更新されましたのでお知らせします。

詳細については、以下のホームページをご参照ください。
    https://www.jetro.go.jp/industry/foods/foods_schedule.html

 「東北農政局農産物・食品等輸出関連情報メールマガジン」の配信希望者の募集

東北農政局では、農産物の輸出を促進するため、セミナー等の開催情報、海外見本市情報、農産物の輸出に関する情報などについてメールマガジンとして配信します。どなたでも無料でご利用いただけますので、配信を希望する方は、以下のホームページからご登録ください。

    【東北農政局ホームページ】
    http://www.maff.go.jp/tohoku/press/mg/index.html

農林水産物等輸出相談窓口・問い合わせ先

東北農政局では、「東北地域農林水産物等輸出促進協議会」の組織的なバックアップにより、東北地域の農林漁業者等からの農林水産物等の輸出に関する相談を受け付けております。
相談窓口:東北農政局経営・事業支援部地域連携課
住所:仙台市青葉区本町3丁目3番1号(仙台合同庁舎)
電話:022-263-1111 内線4381、4377
 FAX:022-722-7378

<東北農政局ホームページ>
    http://www.maff.go.jp/tohoku/index.html

    <農産物・食品等の輸出関連情報>
         http://www.maff.go.jp/tohoku/kihon/yusyutu/index.html

    ☆メールマガジンの配信停止や、メールアドレスなどの会員情報の変更は下記サイトで手続きをお願いいたします。
    パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

 

ページトップへ

☆東北農政局では、このほかにも以下のメールマガジンを発行しております。配信をご希望される方は、ご登録をお願いします。

お問い合わせ先

経営・事業支援部地域連携課
代表:022-263-1111(内線4552)

東北農政局案内

リンク集