ホーム > 食料産業 > 農産物・食品等の輸出関連情報 > 農産物・食品等輸出関連情報メールマガジン > 第73号


ここから本文です。

東北農政局  農産物・食品等輸出関連情報メールマガジン 平成25年3月7日<第73号>

編集・発行:農林水産省東北農政局経営・事業支援部事業戦略課
協力:東北地域農林水産物等輸出促進協議会

目  次

輸出規制等の情報

  1. 東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う輸出証明書発行業務の国への移管について
  2. マレーシアの輸入規制への対応について

お知らせ

  1. 平成24年度「輸出拡大及び日本食・食文化発信緊急対策事業」のうち「輸出に取り組む農林漁業者等のきめ細かな支援」の公募実施について
  2. 平成24年度第2回東北ブロック6次産業化推進行動会議の開催について
  3. 日本からタイ向けに輸出される牛肉の認定処理施設について(動物検疫所)

輸出規制等の情報

1. 東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う輸出証明書発行業務の国への移管について

東京電力福島第一原子力発電所の事故以来、諸外国から求められている食品等の放射性物質規制に係る輸出証明書の発行業務については、これまで一部の地域を除き道府県が業務を実施してきました。
平成25年度からは、本業務について、農林水産省が行うこととし、平成25年4月1日から輸出証明書の申請の受付を開始します。

詳細については、東北農政局の以下のホームページにアクセスしていただき、「重要なお知らせ」をご覧ください。
    http://www.maff.go.jp/tohoku/kihon/yusyutu/index.html 

2. マレーシアの輸入規制への対応について

これまで、マレーシア向けに輸出される食品につきましては、全ての日本産食品に対し産地証明を求めるとともに、福島県産の食品に対しマレーシア側で全ロット検査を実施しておりましたが、今般、マレーシア保健省は3月1日付けで同措置を解除しました。
これにより、3月1日以降マレーシア向けに輸出する食品に産地証明書は不要となります。

詳細については、東北農政局の以下のホームページにアクセスしていただき、「輸出先国別の対象品目、規制内容等」をご覧ください。
    http://www.maff.go.jp/tohoku/kihon/yusyutu/file/syoumeisyo_all.html 

お知らせ

1. 平成24年度「輸出拡大及び日本食・食文化発信緊急対策事業」のうち「輸出に取り組む農林漁業者等のきめ細かな支援」の公募実施について

農林水産省は、(財)食品流通構造改善促進機構を通じ、平成24年度「輸出拡大及び日本食・食文化発信緊急対策事業」の補助金交付候補者の公募を3月中に行う予定(詳細時期は未定)です。
本事業への応募を希望される方は、適時(財)食品流通構造改善促進機構のホームページをご確認ください。
 【(財)食品流通構造改善促進機構】
    http://www.ofsi.or.jp/

 【事業の概要】
   (1)農林漁業者や食品事業者等が、輸出拡大を目指して取り組む、海外市場開拓調査や国内産地への海外バイヤーの招へいなどの活動、
   (2)ジャパン・ブランドの確立に向けたマーケティング活動、PR、セミナー開催等の取組、
   (3)今後輸出拡大が必要な品目について、海外市場への長期安定供給体制の整備を図る取組に対する支援。
 【公募開始までのお問合せ】
    農林水産省食料産業局輸出促進グループ 
    電話:03-3502-8111(内4330)

2. 平成24年度第2回東北ブロック6次産業化推進行動会議の開催について

東北農政局では、6次産業化の推進に向けて農林漁業者等の6次産業化の取組を強力に支援するための組織として、多様な関係機関等をネットワーク化した「東北ブロック6次産業化推進行動会議」(以下「行動会議」という。)を設置し、東北の実態に即した推進方策を検討しています。

来る3月19日(火曜日)、行動会議の平成24年度下半期の活動結果を報告するとともに、地域で取り組む6次産業化、百貨店が求める6次産業化産品についての講演を行いますので、農林水産業関係者をはじめ農林漁業の6次産業化に関心のある多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日時:平成25年3月19日(火曜日)13時~16時30分 
場所:仙台合同庁舎8階 講堂(仙台市青葉区本町三丁目3番1号)

第1部
    1.行動会議の活動について
    2.講演
    (1)伊藤 秀雄 氏 (農業生産法人  有限会社  伊豆沼農産代表取締役)
         人・地域・自然を活かした農村産業の創出
    (2)山田 貴 氏 (株式会社  藤崎食品部食品担当課長)
         百貨店(藤崎)における農産加工(6次産業)の取組みと問題点の打開策詳細については、以下のホームページをご参照ください。
第2部
    交流会 

参加申し込みされる方は以下のホームページをご覧ください。
    http://www.maff.go.jp/tohoku/6zi_koudou/130319_kaigi.html

          

3. 日本からタイ向けに輸出される牛肉の認定処理施設について(動物検疫所)

日本からタイ向けに輸出される牛肉の認定処理施設(1施設)が追加されました。
○追加施設番号:OI-1
   詳しくは、以下のURLをご覧ください。
    http://www.maff.go.jp/aqs/hou/require/pdf/th_beef.pdf

 

「東北農政局農産物・食品等輸出関連情報メールマガジン」の配信希望者の募集

東北農政局では、農産物の輸出を促進するため、セミナー等の開催情報、海外見本市情報、農産物の輸出に関する情報などについてメールマガジンとして配信します。どなたでも無料でご利用いただけますので、配信を希望する方は、以下のホームページからご登録ください。

    【東北農政局ホームページ】
    http://www.maff.go.jp/tohoku/press/mg/index.html

農林水産物等輸出相談窓口・問い合わせ先

東北農政局では、「東北地域農林水産物等輸出促進協議会」の組織的なバックアップにより、東北地域の農林漁業者等からの農林水産物等の輸出に関する相談を受け付けております。
相談窓口:東北農政局経営・事業支援部事業戦略課
住所:仙台市青葉区本町3丁目3番1号(仙台合同庁舎)
電話:022-263-1111 内線4374
FAX:022-722-7378

<東北農政局ホームページ>
    http://www.maff.go.jp/tohoku/index.html

    <農産物・食品等の輸出関連情報>
         http://www.maff.go.jp/tohoku/kihon/yusyutu/index.html

    ☆メールマガジンの配信停止や、メールアドレスなどの会員情報の変更は下記サイトで手続きをお願いいたします。
    パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

 

☆東北農政局では、このほかにも以下の各種メールマガジンを発行しております。配信をご希望される方は、ご登録をお願いします。

  • 「東北農政局メールマガジン」
  • 「東北農政局食料自給率向上メールマガジン」
  • どなたでも無料でご利用いただけますので、こちらからご登録下さい。
    http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/ssl.html

ページトップへ

お問い合わせ先

経営・事業支援部事業戦略
代表:022-263-1111(内線4374)

東北農政局案内

リンク集