ホーム > 食料産業 > 農産物・食品等の輸出関連情報 > 農産物・食品等輸出関連情報メールマガジン > 第81号


ここから本文です。

東北農政局  農産物・食品等輸出関連情報メールマガジン 平成25年11月12日<第81号>

編集・発行:農林水産省東北農政局経営・事業支援部事業戦略課
協力:東北地域農林水産物等輸出促進協議会

目  次

輸出規制等情報

  1. 日本から韓国向けに輸出される飼料の輸入規制の変更について

お知らせ

  1. 平成25年度農林水産物等輸出促進全国協議会総会(11月1日)の開催について
  2. 農林水産物・食品に係る海外展開相談窓口について(日本政策金融公庫)
  3. 日本から米国向けに輸出される牛肉の認定処理施設一覧の更新について(動物検疫所)
  4. 日本からマカオ向けに輸出される牛肉の認定処理施設一覧の更新について(動物検疫所)
  5. 日本からタイ向けに輸出される牛肉の認定処理施設一覧の更新について(動物検疫所)
  6. 日本から香港向けに輸出される家きん卵の取扱施設一覧の更新について(動物検疫所)

輸出規制等情報

1.日本から韓国向けに輸出される飼料の輸入規制の変更について

東京電力福島第一原子力発電所事故の発生に伴う韓国の輸入規制について、  平成25年11月1日、韓国農林畜産食品部から「今後、放射能検査証明書の提出を義務化し、国内生産飼料に対するモニター検査も実施するなど、放射能安全管理措置をより一層強化していく計画」である旨の公表がされました。
【計画の具体的な内容】
    養魚用飼料と魚粉は水産物と同じく12都道県に対して、その他品目は農産物と同じく9県に対して放射能検査証明書の提出を義務化。
   (本年12月26日から適用開始するとの情報を得ていますが、科学的根拠、検査証明書の様式等について確認中です。)

【検査証明書を要求する県】
  ○養魚用飼料、魚粉:北海道、青森、岩手、宮城、千葉、東京、神奈川、愛知、三重、愛媛、熊本、鹿児島(12都道県)

  ○その他の飼料:青森、岩手、宮城、埼玉、千葉、神奈川、山梨、 (牛、馬、豚、家禽等)長野、静岡(9県)

      詳細については、以下のURLをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/j/export/e_shoumei/pdf/korea_henko_131106.pdf  

お知らせ

1. 平成25年度農林水産物等輸出促進全国協議会総会(11月1日)の開催について

11月1日(金曜日)に平成25年度農林水産物等輸出促進全国協議会総会がホテルオークラ東京で開催されました。
第1部では、安倍総理大臣、林農林水産大臣、茂木会長からの御挨拶を賜り、山下食料産業局長から「国別・品目別輸出戦略」が説明されました。
また、海外に在住し、長年にわたり日本食・日本食材その他日本産農林水産物の海外での紹介、普及などに大きく貢献してこられた功労者に対し、林大臣から表彰状の授与が行われました。
第2部では「“おいしい”to the world」と題して、在京63か国・地域・代表部の大使等を招いて晩餐会が開催されました。
晩餐会ではFBI戦略をベースに、日本産食材を活用した和食・中華・フレンチなどの料理が提供されたほか、日本のお酒の紹介や味噌・醤油の試食コーナーの設置、盆栽・花きなどの展示が行われました。
また、輸出戦略に沿って、ハラル処理された和牛や、まだ輸出できていない品目の紹介も行われました。

      詳細については、以下のURLをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/j/shokusan/export/e_conf/h25/soukai.html 

2. 農林水産物・食品に係る海外展開相談窓口について

 (株)日本政策金融公庫では、国産農林水産物・食品の輸出促進や国際競争力の高い経営体の育成・支援等を目的として、本支店農林水産事業に海外展開に必要な資金や販路拡大の相談窓口を設置しています。

        詳細については、以下のURLをご覧ください。
        http://www.jfc.go.jp/n/release/pdf/topics130517a.pdf 

3. 日本から米国向けに輸出される牛肉の認定処理施設一覧の更新について(動物検疫所)

日本から米国向けに輸出される牛肉の認定処理施設が、平成25年10月10日付けで更新されました。
    ・追加施設:株式会社ミヤチク都農工場(宮崎県児湯郡都農町)   施設番号 M-2

      詳細については、以下のURLをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/aqs/hou/pdf/us_beef.pdf 

4. 日本からマカオ向けに輸出される牛肉の認定処理施設一覧の更新について(動物検疫所)

日本からマカオ向けに輸出される牛肉の認定処理施設が、平成25年10月24日付けで更新されました。
    ・名称変更施設:株式会社北海道畜産公社道東事業所北見工場北見地区総合食肉流通センター(と畜場)(食肉処理場)(北海道網走郡大空町)   施設番号 HO-3

      詳細については、以下のURLをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/aqs/hou/pdf/mo_beef.pdf

5. 日本からタイ向けに輸出される牛肉の認定処理施設一覧の更新について(動物検疫所)

日本からタイ向けに輸出される牛肉の認定処理施設が、平成25年10月30日付けで更新されました。
    ・追加施設:徳島市立食肉センター(と畜場)(徳島県徳島市)株式会社フジミツハセガワ(食肉処理場)(徳島県徳島市)
                施設番号 TOKU-1
    ・名称変更施設:株式会社北海道畜産公社道東事業所北見工場北見地区総合食肉流通センター(と畜場)(食肉処理場)(北海道網走郡大空町)   施設番号 HO-2

      詳細については、以下のURLをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/aqs/hou/pdf/th_beef.pdf 

6. 日本から香港向けに輸出される家きん卵の取扱施設一覧の更新について(動物検疫所)

日本から香港向けに輸出する家きん卵の取扱施設一覧が平成25年10月30日付けで更新されました。
    ・追加施設:株式会社地主共和商会 本社GPセンター(三重県多気郡多気町)   施設番号 PEME002
                          有限会社旭養鶏舎(島根県大田市)   施設番号 PESMN001

      詳細については、以下のURLをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/aqs/hou/pdf/hk_egg_ex.pdf 

「東北農政局農産物・食品等輸出関連情報メールマガジン」の配信希望者の募集

東北農政局では、農産物の輸出を促進するため、セミナー等の開催情報、海外見本市情報、農産物の輸出に関する情報などについてメールマガジンとして配信します。どなたでも無料でご利用いただけますので、配信を希望する方は、以下のホームページからご登録ください。

    【東北農政局ホームページ】
    http://www.maff.go.jp/tohoku/press/mg/index.html

農林水産物等輸出相談窓口・問い合わせ先

東北農政局では、「東北地域農林水産物等輸出促進協議会」の組織的なバックアップにより、東北地域の農林漁業者等からの農林水産物等の輸出に関する相談を受け付けております。
相談窓口:東北農政局経営・事業支援部事業戦略課
住所:仙台市青葉区本町3丁目3番1号(仙台合同庁舎)
電話:022-263-1111 内線4374
FAX:022-722-7378

<東北農政局ホームページ>
    http://www.maff.go.jp/tohoku/index.html

    <農産物・食品等の輸出関連情報>
         http://www.maff.go.jp/tohoku/kihon/yusyutu/index.html

    ☆メールマガジンの配信停止や、メールアドレスなどの会員情報の変更は下記サイトで手続きをお願いいたします。
    パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

 

☆東北農政局では、このほかにも以下のメールマガジンを発行しております。配信をご希望される方は、ご登録をお願いします。

  • 「東北農政局メールマガジン」
  • どなたでも無料でご利用いただけますので、こちらからご登録下さい。
    http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/ssl.html

ページトップへ

お問い合わせ先

経営・事業支援部事業戦略
代表:022-263-1111(内線4374)

東北農政局案内

リンク集