ホーム > 食料産業 > 農産物・食品等の輸出関連情報 > 農産物・食品等輸出関連情報メールマガジン > 第87号


ここから本文です。

東北農政局  農産物・食品等輸出関連情報メールマガジン 平成26年3月4日<第87号>

編集・発行:農林水産省東北農政局経営・事業支援部事業戦略課
協力:東北地域農林水産物等輸出促進協議会

目  次

お知らせ

  1. 平成25年度「東北地域農林水産物等輸出促進セミナー」の開催について
  2. 「平成26年度農山漁村6次産業化対策事業」のうち「輸出に取り組む事業者向け対策事業」の公示について(再掲) 

お知らせ

1.平成25年度「東北地域農林水産物等輸出促進セミナー」の開催について

農林水産省では、昨年8月に「農林水産物・食品の国別・品目別輸出戦略」を策定し、それに基づく農林水産物・食品の輸出拡大を推進することとされたところです。
東北地域の輸出の状況は、果物、米、野菜や加工食品を中心に取り組まれておりますが、東北地域の経済の成長につなげるためにも輸出拡大の取り組みは重要と考えています。
このような状況から、輸出の状況の共有を図り、今後、東北地域の一層の輸出促進を図る目的でセミナーを開催します。
本セミナーに参加ご希望の方は、「参加申込書」に必要事項をご記入の上、3月10日(月曜日)まで、事務局あてFAXにてお申し込み下さい。

1   開催日時    平成26年3月13日(木曜日)    13時30分から16時00分
2   開催場所    仙台合同庁舎  8階講堂(仙台市青葉区本町3-3-1)
3   主催             東北地域農林水産物等輸出促進協議会 (事務局:東北農政局経営・事業支援部事業戦略課)
4   内容     
  (1)基調講演「清酒の輸出のきっかけと今後の課題について」
             講師:株式会社一ノ蔵  代表取締役名誉会長  淺見  紀夫  氏
  (2)意見交換(パネルディスカッション形式)
      「東北地方からの輸出拡大に向けた取組について」
             コーディネーター
                 ・宮城学院女子大学  学芸学部  教授  安部新一  氏
            パネラー       
                ・株式会社一ノ蔵  代表取締役名誉会長  淺見紀夫  氏
                ・センコン物流株式会社  社長室顧問  佐藤輝之  氏
                ・(独)日本貿易振興機構仙台貿易情報センター  所長  寺田佳宏  氏

    お申込み、詳細については、以下のURLをご覧ください。
    http://www.maff.go.jp/tohoku/kihon/yusyutu/kyougikai/index.html

 

2.  「平成26年度農山漁村6次産業化対策事業」のうち「輸出に取り組む事業者向け対策事業」の公示について(再掲)

【事業の概要】
農林水産省において策定した「農林水産物・食品の国別・品目別輸出戦略」に沿って、品目別に国内の主な輸出産地、食品事業者等を取りまとめる全国団体等が、ジャパン・ブランドの確立のために行う取組及び産地が連携した輸出振興体制の構築を図る取組を支援します。
  
また、農林漁業者の組織する団体等が、同戦略に掲げる品目の輸出拡大に向けて明確な目標を設定し、相手国の検疫条件への対応等の輸出環境整備や先進的輸送技術による最適輸出モデルの開発・実証等を行う取組を支援します。
  
本事業の公募にあたって、補助対象となる品目及び国・地域が指定されていますので、農林水産省のホームページでご確認ください。
 「ジャパン・ブランドの確立に向けた取組」、「産地が連携した輸出振興体制の構築を図る取組」及び「輸出戦略に沿った産地等の取組」のうち「輸出環境整備」については、民間事業者の応募が可能です。

 なお、審査の際は以下の取組を優先採択することとしますので、ご注意ください。
 ・  補助対象となる国・地域のうち新興市場を対象とする取組
 ・ 「ジャパン・ブランドの確立に向けた取組」及び「産地が連携した輸出振興体制の構築を図る取組」、またはこれらと連携した取組
 ・ 「輸出戦略に沿った産地等の取組」については、「輸出環境整備」及び「先進的輸送技術による最適輸出モデルの開発・実証」を優先採択するほか、補助対象品目が同一の取組については、県域を越えて複数産地等が連携して取り組む場合
  
また、「輸出戦略に沿った産地等の取組」のうち「輸出担当者育成」、「産地PR・国内商談会」及び「海外販売促進活動」を選択する場合は、独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)が公表している「平成26(2014)年度農林水産物・食品分野出展海外見本市、海外商談会、国内商談会、セミナーの計画」を参照し、課題提案書等を作成してください。
 http://www.jetro.go.jp/industry/foods/
 (注)本事業の財源は、700,000千円以内です。

【公募スケジュール】
○  公募期間    平成26年2月10日(月曜日)~平成26年5月8日(木曜日)17時00分
○  公募参加表明書の提出期限    第1次  平成26年2月27日(木曜日) (終了しました)             第2次  平成26年5月1日(木曜日)
○  公募締切(課題提案書等の提出期限)    第1次  平成26年3月5日(水曜日)        第2次  平成26年5月8日(木曜日)
○  公募に係る説明会日時    平成26年3月18日(火曜日)14時00分~     農林水産省  北別館6階  第4・第5会議室

  (注)事業の内容についてご不明な点等があれば、農林水産省本省または最寄りの地方農政局等までお気軽にお問い合わせください。

詳細については、農林水産省のホームページを御参照ください。

【ホーム > ご意見・お問い合わせ > 調達情報・公表事項 > 補助事業参加者の公募 > 平成26年度農山漁村6次産業化対策事業のうち輸出に取り組む事業者向け対策事業の公募について】
 http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/shokusan/140212.html

「東北農政局農産物・食品等輸出関連情報メールマガジン」の配信希望者の募集

東北農政局では、農産物の輸出を促進するため、セミナー等の開催情報、海外見本市情報、農産物の輸出に関する情報などについてメールマガジンとして配信します。どなたでも無料でご利用いただけますので、配信を希望する方は、以下のホームページからご登録ください。

    【東北農政局ホームページ】
    http://www.maff.go.jp/tohoku/press/mg/index.html

農林水産物等輸出相談窓口・問い合わせ先

東北農政局では、「東北地域農林水産物等輸出促進協議会」の組織的なバックアップにより、東北地域の農林漁業者等からの農林水産物等の輸出に関する相談を受け付けております。
相談窓口:東北農政局経営・事業支援部事業戦略課
住所:仙台市青葉区本町3丁目3番1号(仙台合同庁舎)
電話:022-263-1111 内線4374
FAX:022-722-7378

<東北農政局ホームページ>
    http://www.maff.go.jp/tohoku/index.html

    <農産物・食品等の輸出関連情報>
         http://www.maff.go.jp/tohoku/kihon/yusyutu/index.html

    ☆メールマガジンの配信停止や、メールアドレスなどの会員情報の変更は下記サイトで手続きをお願いいたします。
    パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

 

☆東北農政局では、このほかにも以下のメールマガジンを発行しております。配信をご希望される方は、ご登録をお願いします。

  • 「東北農政局メールマガジン」
  • どなたでも無料でご利用いただけますので、こちらからご登録下さい。
    http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/ssl.html

ページトップへ

お問い合わせ先

経営・事業支援部事業戦略課
代表:022-263-1111(内線4374)

東北農政局案内

リンク集