ホーム > 食料産業 > 農産物・食品等の輸出関連情報 > 農産物・食品等輸出関連情報メールマガジン > 第88号


ここから本文です。

東北農政局  農産物・食品等輸出関連情報メールマガジン 平成26年3月10日<第88号>

編集・発行:農林水産省東北農政局経営・事業支援部事業戦略課
協力:東北地域農林水産物等輸出促進協議会

目  次

輸出規制等情報

  1. メキシコ向け牛肉の輸出について

お知らせ

  1. 平成25年度「東北地域農林水産物等輸出促進セミナー」の開催について(再掲)
  2. 第10回とうぎんアグリセミナー「ハラルビジネスについて」の開催について(東北銀行)
  3. 「平成26年度農山漁村6次産業化対策事業」のうち「輸出に取り組む事業者向け対策事業」について(要領等の修正のお知らせ)
  4.  EU域内に輸出するペットフードの適合事業場登録簿の更新について
  5. 「海外展開支援セミナー」の開催について(東北経済産業局)      ~ 海外進出における知財リスク対策とマドプロ制度の活用 ~
  6. 日本から香港向けに輸出する家きん卵の取扱施設一覧の更新について(動物検疫所)  

輸出規制等情報

1.メキシコ向け牛肉の輸出について

日本からメキシコ向けに牛肉が輸出可能になりました。
このため、メキシコ政府当局の認定を受けた輸出施設を管轄する地方自治体及び動物検疫所において、平成26年2月18日より、輸出に必要な衛生証明書の発行を開始しました。

輸出条件、輸出検疫証明書様式等について、詳しくは以下のホームページをご参照ください。
    http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/140206.html
 

お知らせ

1. 平成25年度「東北地域農林水産物等輸出促進セミナー」の開催について(再掲)

農林水産省では、昨年8月に「農林水産物・食品の国別・品目別輸出戦略」を策定し、それに基づく農林水産物・食品の輸出拡大を推進することとされたところです。
東北地域の輸出の状況は、果物、米、野菜や加工食品を中心に取り組まれておりますが、東北地域の経済の成長につなげるためにも輸出拡大の取り組みは重要と考えています。
このような状況から、輸出の状況の共有を図り、今後、東北地域の一層の輸出促進を図る目的でセミナーを開催します。
本セミナーに参加ご希望の方は、「参加申込書」に必要事項をご記入の上、3月11日(火曜日)まで、事務局あてFAXにてお申し込み下さい。

  1. 開催日時    平成26年3月13日(木曜日)  13時30分から16時00分
  2. 開催場所    仙台合同庁舎  8階講堂(仙台市青葉区本町3-3-1)
  3. 主催    東北地域農林水産物等輸出促進協議会
                  (事務局:東北農政局経営・事業支援部事業戦略課)
  4. 内容      
    (1)基調講演「清酒の輸出のきっかけと今後の課題について」          講師:株式会社一ノ蔵  代表取締役名誉会長  淺見  紀夫  氏
    (2)意見交換(パネルディスカッション形式)                  「東北地方からの輸出拡大に向けた取組について」
          コーディネーター
            ・宮城学院女子大学  学芸学部  教授  安部新一  氏
          パネラー       
            ・株式会社一ノ蔵  代表取締役名誉会長  淺見紀夫  氏
            ・センコン物流株式会社  社長室顧問  佐藤輝之  氏
            ・(独)日本貿易振興機構仙台貿易情報センター  所長  寺田佳宏  氏

        お申込み、詳細については、以下のURLをご覧ください。
        http://www.maff.go.jp/tohoku/kihon/yusyutu/kyougikai/index.html
 

2. 第10回とうぎんアグリセミナー「ハラルビジネスについて」の開催について(東北銀行)

(株)東北銀行では、世界人口のおよそ4 分の1 を占めると言われる巨大なイスラム圏の市場(マレーシアやインドネシアなど)を対象に、食品輸出拡大(アウトバウンド)や観光客増加(インバウンド)などの取組みに向けてハラルを学ぶことをテーマとし、セミナーを開催します(参加費無料)。
    ・日時  平成26年4月7日(木曜日)13時30分~15時30分
    ・場所  ホテルメトロポリタン盛岡New Wing(盛岡市盛岡駅前北通2-27)

      お申込み、詳細については東北銀行ホームページをご覧下さい
      http://www.tohoku-bank.co.jp/news/topics/pdf/140306_agri.pdf
 

3. 「平成26年度農山漁村6次産業化対策事業」のうち「輸出に取り組む事業者向け対策事業」について(要領等の修正のお知らせ)

「平成26年度農山漁村6次産業化対策事業」のうち「輸出に取り組む事業者向け対策事業」の公募に係る説明会を2月17日(月曜日)より開催して参りましたが、説明会での議論等を踏まえ、説明会配布資料について、下記のとおり修正致しましたので、ご連絡致します。

◯  公示  別表1

    ・  牛肉の補助対象国・地域について、フィリピンを追加。
◯  公募要領

    ・  第9の1の(5)

      (当初)
応募者が民間事業者である場合は、事業実施に当たって対象品目の輸出目標数量及び金額を複数の生産地の農林漁業者等と取り交わしていることを示す資料 

     (修正後)
応募者が民間事業者である場合は、事業実施に当たって対象品目の輸出目標数量及び金額を複数の農林漁業者等(別表1の第1欄の1及び2の取組にあっては、複数の生産地の農林漁業者等)と取り交わしていることを示す資料

    ・  別紙様式1-2  別添3-1

        6の(注1また書き以降

      (当初)
民間事業者の場合は、事業実施にあたって、関係する複数生産地の農林漁業者等を記載すること。

      (修正後)
民間事業者の場合は、事業実施にあたって、関係する複数の農林漁業者等を記載すること。

◯  実施要領(案)

    ・  第5の1の(8)

       (当初)
         第3の1の(4)の取組にあっては、~~~

      (修正後)
         第3の1の(5)の取組にあっては、~~~

    ・  第5の1の(12)

      (当初)
        第3の1、2及び3の(1)の取組の事業実施主体が、民間事業者である場合にあっては、~~~

     (修正後)
        第3の1、2の取組の事業実施主体が、民間事業者である場合にあっては、~~~

    ・  第5の1の(13)として、以下の採択基準を追加

      (当初の(13)が(14)に変更)
第3の3の(1)の取組の事業実施主体が、民間事業者である場合にあっては、事業実施に当たって、複数の農林漁業者等との間で、対象品目の輸出目標数量及び輸出目標金額の設定に係る合意文書を取り交わしていること。

    ・  第9の3の(1)

      (当初)
        「補助対象経費」-(「商品の売上げ等の収入」-「商品の仕入等の補助事業実施に要した補助対象外経費」)×1/2(補助率)

     (修正後)
       (「補助対象経費」-(「補助事業実施により発生した収入」-「補助事業実施に要した補助対象外経費」))×補助率

    ・  第9の3の(2)

      (当初)
        「補助対象経費」-(「補助事業実施により発生した収入」-「補助事業実施に要した補助対象外経費」)×補助率

      (修正後)
        (「補助対象経費」-(「補助事業実施により発生した収入」-「補助事業実施に要した補助対象外経費」))×補助率

    ・  別表

        牛肉の補助対象国・地域について、フィリピンを追加。

    ・  別記様式2  別添3-1

       6の(注1)また書き以降

      (当初)
        民間事業者の場合は、事業実施にあたって、関係する複数生産地の農林漁業者等を記載すること。

     (修正後)
       民間事業者の場合は、事業実施にあたって、関係する複数の農林漁業者等を記載すること。

◯  Q&A

    ・  Q2-6修正。

    ・  Q4-6及びQ4-7を追加。

    詳細については、以下のホームページをご参照ください。
    (輸出に取り組む事業者向け対策事業(補助事業)の「補足説明資料」)

    【ホーム > 組織・政策 > 食料産業 > 農林水産物等の輸出促進対策 > 平成26年度輸出促進事業のご案内】
    http://www.maff.go.jp/j/shokusan/export/e_h26_zigyou.html
 

4. EU域内に輸出するペットフードの適合事業場登録簿の更新について

EU域内に輸出するペットフード等の製造事業場の適合事業場登録簿が、平成26年2月13日付けで更新されましたのでお知らせします。

  ○追加登録施設(ペットフード)          承認番号:EU Pet No.25       事業所名:日本農産工業株式会社 塩釜工場

    詳細については、以下のホームページをご参照ください。
    【ホーム(動物検疫所) > 畜産物の輸出入 > EUへの輸出ペットフードの適合事業登録簿】
    http://www.maff.go.jp/aqs/tetuzuki/facility/pdf/eu_export_petfood.pdf
 

5. 「海外展開支援セミナー」の開催について(東北経済産業局) ~ 海外進出における知財リスク対策とマドプロ制度の活用 ~

東北経済産業局では、中小企業等の海外進出時における知的財産に関するリスクを低減し、知的財産を活用した戦略的な海外展開と、関連する国際出願制度の普及を図ることを目的に、中小企業者や各種支援機関等の関係者を対象とした「海外展開支援セミナー」を、青森市(3月27日)と仙台市(3月28日)で開催します。

    事前申込が必要です。申込はこちらのHPからお申込みください。
    http://www.bwg.co.jp/seminar/2014/tohoku032728.html

    詳細な内容につきましては、東北経済産業局HPをご覧ください。
    http://www.tohoku.meti.go.jp/2004_tokkyo/topics/pdf/140306.pdf

 

6. 日本から香港向けに輸出する家きん卵の取扱施設一覧の更新について(動物検疫所)

日本から香港向けに輸出する家きん卵の取扱施設一覧が平成26年2月28日付けで更新されました。(住所変更施設:PEIB002)

    詳細については、以下のURLをご覧ください
    http://www.maff.go.jp/aqs/hou/pdf/hk_egg_ex.pdf
 

「東北農政局農産物・食品等輸出関連情報メールマガジン」の配信希望者の募集

東北農政局では、農産物の輸出を促進するため、セミナー等の開催情報、海外見本市情報、農産物の輸出に関する情報などについてメールマガジンとして配信します。どなたでも無料でご利用いただけますので、配信を希望する方は、以下のホームページからご登録ください。

    【東北農政局ホームページ】
    http://www.maff.go.jp/tohoku/press/mg/index.html

農林水産物等輸出相談窓口・問い合わせ先

東北農政局では、「東北地域農林水産物等輸出促進協議会」の組織的なバックアップにより、東北地域の農林漁業者等からの農林水産物等の輸出に関する相談を受け付けております。
相談窓口:東北農政局経営・事業支援部事業戦略課
住所:仙台市青葉区本町3丁目3番1号(仙台合同庁舎)
電話:022-263-1111 内線4374
FAX:022-722-7378

<東北農政局ホームページ>
    http://www.maff.go.jp/tohoku/index.html

    <農産物・食品等の輸出関連情報>
         http://www.maff.go.jp/tohoku/kihon/yusyutu/index.html

    ☆メールマガジンの配信停止や、メールアドレスなどの会員情報の変更は下記サイトで手続きをお願いいたします。
    パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

 

☆東北農政局では、このほかにも以下のメールマガジンを発行しております。配信をご希望される方は、ご登録をお願いします。

  • 「東北農政局メールマガジン」
  • どなたでも無料でご利用いただけますので、こちらからご登録下さい。
    http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/ssl.html

ページトップへ

お問い合わせ先

経営・事業支援部事業戦略課
代表:022-263-1111(内線4374)

東北農政局案内

リンク集