ホーム > 食料産業 > 農産物・食品等の輸出関連情報 > 農産物・食品等輸出関連情報メールマガジン > 第95号


ここから本文です。

東北農政局  農産物・食品等輸出関連情報メールマガジン 平成26年8月11日<第95号>

編集・発行:農林水産省東北農政局経営・事業支援部事業戦略課
協力:東北地域農林水産物等輸出促進協議会

目  次

輸出規制等の情報

      1.  中国向け活水産物の輸出証明書について(水産庁)

お知らせ

      1.  【再掲】ハラル食専門セミナー及び個別相談会の参加者募集のお知らせ
             ★空席わずかです。

      2.  平成26年度「輸出戦略実行委員会  東北地方ブロック意見交換会」の概要について

      3.  JETROによるセミナー、商談会、見本市出展の年間計画(平成26年7月31日版)の更新のお知らせ

      4.  東北地域での海外展開支援事業について(JETRO)

      5.  日本から諸外国向けに輸出される畜産物の取扱施設一覧の更新について(動物検疫所)

輸出規制等の情報

1.中国向け活水産物の輸出証明書について(水産庁)

今般、中国政府との協議の結果、中国向けに輸出される活水産物についての輸出証明書の発行体制が整い、8月1日(金曜日)より、水産庁及び発行体制が整備された道府県において、同証明書を発行することとなりました。

    詳細につきましては、以下のホームページをご参照下さい。 
    http://www.jfa.maff.go.jp/j/kakou/export/chinakassui.html 

お知らせ

1.【再掲】ハラル食専門セミナー及び個別相談会の参加者募集のお知らせ

イスラム圏市場は、東南アジアから中東・北アフリカまで世界57カ国、世界人口の約1/4を占め巨大市場として近年注目を浴びる一方で、その参入のためには、ハラル(ハラール)といわれるイスラム教の戒律に対応した商品開発・マーケティングや認証の取得が求められています。
このため、東北農政局では、ハラルへの理解を深めることにより、ハラル食を対象とした6次産業化やイスラム圏への輸出促進を目的に「ハラル食専門セミナー及び個別相談会」を開催します。 
報道関係者の取材は、ハラル食専門セミナーのみ可能です。

【開催日時】  平成26年8月28日(木曜日)
                        13時30分~17時30分(受付開始13時00分)
【会         場】  東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)601会議室
【所  在  地】  仙台市青葉区国分町3-3-7
                        ※会場に駐車場はございませんので、お越しの際は公共交通機関や近隣の民間駐車場をご利用ください。
【定         員】  120名  ※先着順で定員になりしだい受付は終了します。
【内         容】  ○ハラル食専門セミナー
                           1.拡大するハラル市場と現状
                           2.ハラル食の加工と品質
                        ○個別相談会
【申込締切】  平成26年8月22日(金曜日)17時00分まで

    お申込み方法など詳細については、以下のホームページをご参照ください。
    http://www.maff.go.jp/tohoku/press/keiei/zigyo/140714.html

2.平成26年度「輸出戦略実行委員会  東北地方ブロック意見交換会」の概要について

7月16日にフォレスト仙台で「輸出戦略実行委員会 東北地方ブロック意見交換会」が開催されました。
意見交換会の概要や配布資料をダウンロードできますので、以下のホームページをご覧ください。
    http://www.maff.go.jp/tohoku/kihon/yusyutu/kyougikai/index.html#ikenkoukankai

3.JETROによるセミナー、商談会、見本市出展の年間計画(平成26年7月31日版)の更新のお知らせ

農林水産省は、輸出に取り組む事業者に対し、独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)を通じて、継続的かつ一貫したビジネスサポートを提供しています。
JETROにおいて公表しております平成26年度に予定しているセミナー、国内商談会、海外商談会及び海外見本市への出展の年間計画が更新されましたのでお知らせします。
本スケジュールは、輸出に関心を有する事業者の皆様への事前の情報提供を目的としたものです。

    詳細については、以下のホームページをご参照ください。
    http://www.jetro.go.jp/industry/foods/pdf/event_schedule_20140731.pdf

4.東北地域での海外展開支援事業について(JETRO)

(1) 「農林水産物・食品」輸出商談スキルセミナー
ジェトロ秋田では、ジェトロがこれまで実施してきた商談事例から見えてきた「農林水産物・食品の輸出商談で成果を出すための重要ポイント」を、事前・事後の流れに沿って体系的に説明するセミナーを開催します(農林水産省補助事業)。 
農林水産物・食品を輸出する上で、海外バイヤーとの商談会への参加は有効な方法ですが、限られた時間の中で成約まで到達するためには、事前準備から商談本番での売り込み・交渉の仕方、さらには商談終了後の対応まで、一連の流れを効果的に進めることが大切となります。 
農林水産物・食品の輸出をめざす事業者にとってご参考となる内容となっていますので、是非、本セミナーにご参加下さい。

  ◆日  時:2014年8月29日(金曜日) 13時00分~15時00分
  ◆場  所:秋田県庁 第2庁舎 5階「情報化研究室」(秋田市山王3-1-1)
  ◆無料個別相談:セミナー前に無料個別相談を行います。
                                   8月29日(金曜日)10時00分~12時00分(1社あたり30分)
                                   会場:ジェトロ秋田
  ◆講  師:ジェトロ大阪本部  アドバイザー(農林水産・食品) 安田 憲世
  ◆主催・共催:ジェトロ秋田、秋田県(予定)、(一社)秋田貿易促進協会(予定)
  ◆後  援:あきた海外展開支援ネットワーク(予定)
  ◆参加費:無料
  ◆定  員:30名 (先着順)
                   ※定員になり次第、締め切ります。
  ◆内容、お申し込み方法、詳細等:下記URLよりご確認ください。  
       http://www.jetro.go.jp/jetro/japan/akita/events/20140730214-event
  ◆お申し込み締め切り:2014年8月27日(水曜日)
  ◆お問い合わせ先:
       ジェトロ秋田(担当:戸堀、佐々木)
       Tel:018-865-8062  Fax:018-888-1771

(2) 「日本酒・酒類輸出商談会2014」 in 秋田
ジェトロ秋田では、日本酒・焼酎などの酒類を対象とする輸出商談会を、海外からバイヤーを招へいして開催します(農林水産省補助事業)。 
日本酒の輸出額は、2013年に初めて100億円を突破、中間層・富裕層の増加が目覚しいアジアや、日本文化・日本食に対する評価の高い欧米など、今後も世界各地への輸出の伸びが期待されています。本商談会は、日本産の日本酒・酒類の輸入に強い関心を持つ海外バイヤーと直接商談できる絶好の機会となりますので、海外への販路拡大をお考えの皆様は、是非、ご参加下さい。

  ◆日  時:2014年10月10日(金曜日)9時30分~16時30分
  ◆会  場:秋田ビューホテル 4階 飛翔 (秋田市中通2-6-1)
  ◆対象者:日本酒・酒類製造業および卸売業
  ◆主  催:ジェトロ秋田
  ◆後援(予定):秋田県、秋田県酒造協同組合、(一社)秋田県貿易促進協会、あきた海外展開支援ネットワーク
  ◆内  容:
    <商談形式>
      商談会は「事前予約制」となります。
      海外バイヤーとの1回の商談時間は40分間。各バイヤーとの商談マッチングは1日当たり7件とし、商談会での商談マッチング総数は合計42件となります。
    <招へい予定バイヤー>
      英国・ベルギー・中国・タイ・シンガポール・オーストラリアの日本酒
    輸入卸売業・小売業6社。
    ※外国人バイヤーとの商談には通訳がつきます(日本語での商談に対応できない場合のみ、無料)。
  ◆参加費:無料
  ◆定  員:20社・団体程度
  ◆応募条件・選考基準・お申込方法・詳細等:下記URLよりご確認ください。
      http://www.jetro.go.jp/events/item/20140724182/
  ◆お申し込み締め切り:2014年8月29日(金曜日)17時00分必着 ※締切厳守
  ◆お問い合わせ先:
       ジェトロ秋田(担当:戸掘、佐々木、恩田、野崎)
       Tel:018-865-8062  Fax:018-888-1771

(3) ジェトロ食品輸出商談会2014 夏 in 福島
ジェトロ福島では、2014年9月18日開催の「ふくしま食の商談会」(東邦銀行主催)に合わせ、海外バイヤーとの食品輸出商談会を開催します(農林水産省補助事業)。 
本商談会は、日本産食材の輸入に強い関心をもつバイヤーを海外から招き、海外販路開拓に意欲のある食品関連企業・団体を対象として開催するものです。 海外からバイヤーが来福する貴重な機会ですので、海外への販路拡大をお考えの皆様は、是非ご参加下さい。

  ◆日  時:2014年9月18日(木曜日)13時00分~17時00分
  ◆会  場:ビッグパレット福島  1階主催者控え室A(郡山市2-52)
  ◆主催・共催:ジェトロ福島、福島県貿易促進協議会(予定)
  ◆後援:福島県(予定)
  ◆内  容:
    <商談形式>
      ※商談会は「事前予約制」です。
        商談マッチング総数は合計18件です。
        海外バイヤーとの1回の商談時間は30分間。各バイヤーの1日あたりの
      商談マッチング数は6件。
    <招へい予定バイヤー>
      北米、欧州の日本食品関連企業(輸入卸売業)3社(予定)。
      ※外国人バイヤーとの商談には通訳がつきます(無料)。
  ◆参加費:無料
  ◆定  員:10社程度
  ◆お申し込み締め切り:2014年8月18日(月曜日)※締切厳守
  ◆内容、お申し込み方法、詳細等:下記URLよりご確認ください。 
      http://www.jetro.go.jp/jetro/japan/fukushima/events/20140725462-event
  ◆お問い合わせ先:
       ジェトロ福島(担当:辻本、亀田)
       Tel:024-947-9800  Fax:024-947-9810

5.日本から諸外国向けに輸出される畜産物の取扱施設一覧の更新について(動物検疫所)

    (1) 日本からベトナム向けに輸出する家きん肉の取扱施設一覧が平成26年7月25日付けで更新されました。
       ○新規施設:1施設
          ・新潟ポートリー事業協同組合(施設記号:NGTB)(1) 「農林水産物・食品」輸出商談スキルセミナー

       ○名称変更:3施設
          ・福島エーアンドエーブロイラー株式会社(施設記号:FK1)
             (変更後)福島エーアンドエーブロイラー株式会社
             (変更前)福島エーアンドエーブロイラー株式会社本社工場
          ・株式会社ウェルファムフーズ岡山事業所(施設番号:MTO)
             (変更後)株式会社ウェルファムフーズ岡山事業所
             (変更前)丸紅畜産株式会社岡山事業所
          ・株式会社ウェルファムフーズ霧島事業所(施設番号:KGAD)
             (変更後)株式会社ウェルファムフーズ霧島事業所
             (変更前)丸紅畜産株式会社霧島事業所

       ○施設取消:3施設
          ・千葉チキン処理加工協同組合又は有限会社千葉チキンフーズ
             (施設記号:CB2)
          ・株式会社成塚食品(施設記号:SI2)
          ・有限会社笹原食鳥(施設番号:OI1)

               詳細については、以下のホームページをご参照ください。
               http://www.maff.go.jp/aqs/hou/pdf/vn_poultry.pdf

    (2) 日本からマカオ向けに輸出する牛肉等の取扱施設一覧が平成26年8月1日付けで更新されました。
        ○新規施設:1施設
          ・四日市市食肉センター(施設記号:YC-1)

               詳細については、以下のホームページをご参照ください。
               http://www.maff.go.jp/aqs/hou/pdf/mo_beef.pdf

 「東北農政局農産物・食品等輸出関連情報メールマガジン」の配信希望者の募集

東北農政局では、農産物の輸出を促進するため、セミナー等の開催情報、海外見本市情報、農産物の輸出に関する情報などについてメールマガジンとして配信します。どなたでも無料でご利用いただけますので、配信を希望する方は、以下のホームページからご登録ください。

    【東北農政局ホームページ】
    http://www.maff.go.jp/tohoku/press/mg/index.html

農林水産物等輸出相談窓口・問い合わせ先

東北農政局では、「東北地域農林水産物等輸出促進協議会」の組織的なバックアップにより、東北地域の農林漁業者等からの農林水産物等の輸出に関する相談を受け付けております。
相談窓口:東北農政局経営・事業支援部事業戦略課
住所:仙台市青葉区本町3丁目3番1号(仙台合同庁舎)
電話:022-263-1111 内線4377
 FAX:022-722-7378

<東北農政局ホームページ>
    http://www.maff.go.jp/tohoku/index.html

    <農産物・食品等の輸出関連情報>
         http://www.maff.go.jp/tohoku/kihon/yusyutu/index.html

    ☆メールマガジンの配信停止や、メールアドレスなどの会員情報の変更は下記サイトで手続きをお願いいたします。
    パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

 

☆東北農政局では、このほかにも以下のメールマガジンを発行しております。配信をご希望される方は、ご登録をお願いします。

  • 「東北農政局メールマガジン」
  • どなたでも無料でご利用いただけますので、こちらからご登録下さい。
    http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/ssl.html

ページトップへ

お問い合わせ先

経営・事業支援部事業戦略課
代表:022-263-1111(内線4377)

東北農政局案内

リンク集