ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > プレスリリース > 東北・日本酒テロワール・セミナーの開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年4月30日

東北農政局

東北・日本酒テロワール・セミナーの開催について

東北農政局は仙台国税局の協力の下、平成27年5月19日(火曜日)エル・パーク仙台において「東北・日本酒テロワール・セミナー」を開催します。

本セミナーは公開です。また、報道関係者の取材・カメラ撮りは可能です。

概要

米どころであり酒どころである東北地域において、地域で生産された米や地域の水を使った日本酒生産と、それを支える酒米生産の振興を図り、平成28年産米からの酒米の生産・利用に向け環境整備が進むよう、東北・日本酒テロワール・セミナーを開催します。

*テロワール【terroir】:フランス語の「terre(土地)」から派生した言葉。ワインの味わいに関係するぶどうの生育地の土壌、地勢、気候、人的要因などの特徴を指す。

開催日時・開催場所

受付を終了しました。お申込みありがとうございました。

日時    :平成27年5月19日(火曜日)14時00分~16時00分

場所    :エル・パーク仙台 6階ギャラリーホール

所在地:仙台市青葉区一番町4丁目11番1号141ビル(仙台三越定禅寺通り館)

電話    :022-268-8300 

内容

1. 基調講演

「日本酒を世界酒へ(酒サムライ活動とインターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)について)」

平出  淑恵   氏 (株式会社  コーポ・サチ  代表取締役)

2. 取組報告

(1)「酒米作りへの挑戦(俺たちの酒づくり)」
         齋藤  貴裕   氏 (みやぎ仙南農業協同組合 青年部)

(2)「酒米生産に求めること」

*講師が変更になりました(平成27年5月11日)。
 石垣  浩佳   氏(山形県工業技術センター 開発研究専門員)   

参集範囲

酒米生産者、酒造業者、農業団体、流通業者、行政関係者、輸出関連団体、一般消費者等

主催

主催:東北農政局

協力:仙台国税局

参加申込方法

(1)FAXによる場合

添付資料「参加申込書」に必要事項を記入の上、次のFAX番号までお申込みください。
FAX:022-217-4180

(2)インターネットによる場合

次のアドレスから申込フォームにお入りいただき、必要事項を入力の上、お申込みください。
https://www.contact.maff.go.jp/tohoku/form/6a1b.html

取材について

報道関係者で取材を希望される方には、別途席を用意しますので、上記「参加申込方法」に従いお申込みください。その際、報道関係者であり、取材を希望される旨を必ず明記してください。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

生産部生産振興課
担当者:奥平、新井
代表:022-263-1111(内線4109、4187)
ダイヤルイン:022-221-6169
FAX:022-217-4180

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

東北農政局案内

リンク集