このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

プレスリリース

「東北農政局消費者展示コーナー」(8月)のお知らせ

  • 印刷
令和元年7月25日
東北農政局

東北農政局では仙台合同庁舎B棟1階に「消費者展示コーナー」を設置し、農林水産行政一般、東北管内の地場産品等の紹介・PRに努めています。

いわて「洋野町」技ありの海・里・山の幸

岩手県洋野町(ひろのちょう)は岩手県の沿岸部最北に位置し、平成18年に旧種市町と旧大野村が合併し誕生しました。
洋野町は、東部の種市地区(海側)は、春から夏にかけてヤマセ(偏東風)に伴う濃霧が発生し冷涼な気候、西部の大野地区(山側)は、夏は東部に比べて気温が高く、冬は積雪が多い内陸型の気候であり、両地域の気候や地形を活かした農業・畜産業・林業・水産業が盛んです。ほうれん草や乳製品などの農産物、シイタケなどの林産物、ウニや天然ホヤ、アワビなどの海産物が主な特産となっているほか、約120年の歴史のあるヘルメット式潜水の南部もぐり、アカマツやトチを原料として職人が作る大野木工などの伝統技術があります。

8月の消費者展示コーナーでは、洋野町産の農水産物を使った商品や大野木工、実物の南部もぐりヘルメット、第49回岩手広告賞で最高賞の知事賞を獲得した町PRポスターなどを展示し、洋野町の海・里・山の幸の魅力を御紹介します。

開催期間

令和元年8月1日(木曜日)~8月30日(金曜日)

開催場所

東北農政局消費者展示コーナー(仙台合同庁舎B棟1階  行政情報プラザ)
仙台市青葉区本町3丁目3番1号

展示内容

農水産物加工品、大野木工、南部もぐりヘルメット、ポスター、パンフレット等


    【南部もぐり】
本町伝統の潜水技術で、南部ダイバーとして世界で活躍しています。
20kgのヘルメットをはじめ、装備の総重量は約70kgで、海中では空気の浮力で移動します。
  【大野木工】
職人が一つ一つ丁寧に作った大野木工の食器。手作りの温もりが魅力で、木目がそのまま残る美しい器です。町内では学校給食器にも活用されています。


 <参考>洋野町ホームページ
      http://www.town.hirono.iwate.jp/

お問合せ先

消費・安全部消費生活課

担当者:菊池、高橋
代表:022-263-1111(内線4317)
ダイヤルイン:022-221-6093
FAX番号:022-217-8432