ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > プレスリリース > 平成27年度東北地域飼料増産研修会の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年6月10日

東北農政局

平成27年度東北地域飼料増産研修会の開催について

東北農政局は、平成27年7月10日(金曜日)古川商工会議所会館において「平成27年度東北地域飼料増産研修会」を開催します。
本研修会は公開です。また、報道関係者の取材・カメラ撮りは可能ですが事前に登録をお願いします。

概要

「飼料用米の地域内需給による飼料自給力向上・水田機能の維持に向けて」をテーマに、地域内需給の取組の定着に向け、実際に稲SGS(ソフトグレインサイレージ)に取り組んでいる先進地事例に学ぶ飼料増産研修会を開催します。

開催日時及び開催場所

定員に達しましたので受付を終了しました。

日時    :平成27年7月10日(金曜日)  13 時00 分~17 時00 分
場所    :古川商工会議所会館  第5研修室
所在地:宮城県大崎市古川東町5-46

内容

 1. 基調講演

飼料用米の生産・利用の現状と今後について(仮称)

一般社団法人日本草地畜産種子協会
    飼料稲アドバイザー    吉田   宣夫    氏

2. 事例発表

(1)真室川町の取組について(仮称)

   真室川町農業協同組合  地域営農センター営農部営農販売課
       課長補佐    丹   康之    氏

(2)SGSフロンティア十和田の取組について(仮称)

  上北地域県民局地域農林水産部農業普及振興室    主査    渋川   明弘    氏

(3)株式会社ゆりファームの取組について(仮称)

  株式会社ゆりファーム    代表取締役    堀内   忠    氏
  秋田県由利地域振興局農林部農業振興普及課    副主幹    牧   国博    氏

3. 総合討論

参集範囲

農業者、農業団体、行政、試験研究機関等

主催

主催:東北地域飼料増産行動会議(事務局:東北農政局生産部畜産課)
           一般社団法人日本草地畜産種子協会

参加申込み方法

 報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、7月1日(水曜日)まで、別紙参加申込書に必要事項をご記入の上、ファクシミリでお申し込みください。その際、取材を希望される旨を必ず明記してください。

 

ページトップへ

お問い合わせ先

生産部畜産課
担当者:村山、丸尾
代表:022-263-1111(内線4333、4544)
ダイヤルイン:022-221-6198
FAX:022-217-4180

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

東北農政局案内

リンク集