このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

秋田地域からの便り(平成31年度・令和元年度)

秋田の「農山漁村の季節の風物詩」、「農産物直売所、農漁家民宿等の取組」、「村おこしイベント」、「農山漁村の行事、お祭り」、「郷土料理」など東北各地域の取組や様子などを紹介します。

地域の活性化をみんなでホップ・ステップ・ジャンプ -秋田県・横手市- (2019年9月20日掲載)

横手市は秋田県の内陸南部に位置し、その中でも大雄(たいゆう)地区は気象や土壌、安定した水資源がビールの香りと苦みの原料となる「ホップ」の栽培に適しており、国内屈指の「ホップ」の産地となっています。

5メートルの棚を使用して栽培される「ホップ」は、収穫間近になると無数の毬花(まりばな)からさわやかなフローラルの香りが漂い、田園風景に点在するホップ畑のグリーンカーテンと収穫風景は、大雄地区の夏の風物詩です。

この大雄地区において、40名のホップ生産者を束ねている大雄ホップ農業協同組合の皆川組合長は「作業機械や収穫乾燥施設は老朽化が進んでいるが、部品等をメンテナンスしながら使用している。一番の問題は、労働力不足だ。当地区では、5つの収穫乾燥施設単位で収穫作業を行っているが、1施設当たり、1日30人前後の人手が必要である。また、高所での作業があることから、パートなどの労働力確保が難しく、生産者自体も高齢化が進み、収穫作業が難しくなってきている。」と話して下さいました。

横手市の2017年度ホップ生産量は全国一(市町村別)となっていますが、生産量は最盛期の3分の1ほどとなっています。

このような状況から産地を守るため、横手市では、ホップ生産者の後継者育成に特化した「ホップ栽培技術研修」制度を創設し、現在、この制度を活用して2名がホップ農家の下で学んでいるほか、横手市実験農場に新設された「ホップコース」で1名が学んでいます。

また、地元民間団体、横手市、ビールメーカー、大雄ホップ農業協同組合が一体となって設立した官民連携組織「よこてホッププロジェクト」を中心に、ビアツーリズムや街のあちらこちらでホップをプランターで栽培するグリーンカーテンづくりなど、様々な活動が展開されています。

横手市では、みんなの思いを一つにして、横手産ホップを守るための活動や横手産ホップを通じた地域の活性化に取り組んでおり、ホップのほかにも様々な横手産農産物を味わうことのできるツーリズムも開催されています。みなさんも足を運んでみてはいかがでしょうか。

  • お問合せ先:大雄ホップ農業協同組合  担当  佐々木
  • 住所:秋田県横手市大雄字三村東18番地
  • 電話:0182-52-2631
  (情報収集)秋田県拠点  電話:018-862-5611


地域の活性化をみんなでホップ・ステップ・ジャンプ
高さ5メートルにもなるホップ畑
高さ5メートルにもなる
ホップ畑
さわやかな香り漂うホップの毬花
さわやかな香り漂う
ホップの毬花
横手市役所のホップのグリーンカーテン
横手市役所のホップの
グリーンカーテン
刈り取ったホップの摘果作業の様子
刈り取ったホップの
摘果作業の様子

(写真:秋田県拠点職員撮影)

新たなyuwaブランドの構築 ~ 「yuwa MILK STAND」 ~ 「農家のパーティ」プロジェクト -秋田県・秋田市- (2019年6月20日掲載)

県庁所在地である秋田市の玄関口、秋田駅に、平成30年9月「yuwa MILK STAND」(ユーワミルクスタンド)がオープンしました。

秋田市では、平成29年3月に「秋田市農業ブランド確立総合戦略」を策定し、ブランドネーム「農家のパーティ」を旗印に、地元農産品の価値向上を図るため、様々な事業を展開しています。その事業の一つに、地元農産品を活用し、農家と事業者等が連携して行う事業アイデアを秋田市が支援する「農家のパーティ」プロジェクトという取組があります。

「yuwa MILK STAND」は、ノリット・ジャポン株式会社(秋田市)が秋田市から「農家のパーティ」プロジェクトの認定を受け開設した店です。

店内では、ソフトクリームや、フレッシュチーズのスイーツ等を販売しています。お店で使用するソフトクリームミックスやフレッシュチーズは、プロジェクト名「yuwa」の起源となる秋田市雄和(ゆうわ)地区にあるノリット・ジャポン株式会社雄和工場で、近隣の農家が朝絞った生乳から製造されています。

雄和工場は元々、30年ほど前に地域の酪農家で立ち上げた「雄和トールケーゼ組合」のチーズ工房でしたが、平成26年に継続稼働が危ぶまれていたところ、平成27年、ノリット・ジャポンが事業継承に名乗り出て、工房を再稼働させるに至りました。

ノリット・ジャポン株式会社「yuwa」ブランドリーダーの西村さんは、「『yuwa MILK STAND』は、『秋田の乳製品』を全国に知ってもらい、「yuwa」ブランドを構築することを目的にしたコンセプト店舗。商品が広く認知されるとともに、雄和や秋田の人たちに愛される商品となるようにという願いを込めました。」と話されました。

また、「小さな取組ではあるが、この取組の拡大で生乳出荷量が増加することにより、秋田市はもとより秋田県の酪農家の一助になれば」とも話され、今後は、チーズ製造にも本格的に取り組んでいきたいとのことです。

秋田市においては、「yuwa」事業のみならず、今後も続々と展開される「農家のパーティ」の活動についても期待されています。

  • お問合せ先:ノリット・ジャポン株式会社
  • 住所:秋田市大町三丁目5-8 ウイング・グラン4F
  • 電話:018-874-7547
  • ホームページ:https://www.norit.jp/
          ※秋田市「農家のパーティ」関連サイト:https://farmers-party.jp/
          ※yuwa MILK STAND:https://yuwa-akita.jp/

 

  (情報収集)秋田県拠点  電話:018-862-5611


新たなyuwaブランドの構築 ~「yuwa MILK STAND」 ~「農家のパーティ」プロジェクト
秋田空港に近い秋田市雄和地区にある雄和工場
秋田空港に近い
秋田市雄和地区にある雄和工場
濾過した生乳をソフトクリームミックスにします。
濾過した生乳を
ソフトクリームミックスにします。
yuwa MILK STANDの店内。フレッシュチーズを使ったスイーツ等が並びます。
yuwa MILK STANDの店内。
フレッシュチーズを使った
スイーツ等が並びます。
雪国ミルクソフトです!秋田駅にお立ち寄りの際、いかがですか?(商品開発もされるスタッフさん)
雪国ミルクソフトです!
秋田駅にお立ち寄りの際、いかがですか?(商品開発もされるスタッフさん)

(写真:秋田県拠点職員撮影)