このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

宮城地域からの便り(平成30年度)

宮城の「農山漁村の季節の風物詩」、「農産物直売所、農漁家民宿等の取組」、「村おこしイベント」、「農山漁村の行事、お祭り」、「郷土料理」など東北各地域の取組や様子などを紹介します。

宮城蔵王産「梨」香港へ渡る -宮城県・蔵王町- (2018年9月20日掲載)

宮城県内有数の果樹産地である蔵王町では、日本なし、りんご、桃、ブルーベリー等多くのフルーツが生産されています。特に日本なしは、平成28年の産出額(推計)が3億7千万円で県内一となっているほか、平成25年には、町の「蔵王ブランド推進協議会」において、定められた栽培基準や品質基準を満たした「蔵王梨」を、蔵王ブランドとして認定することとなりました。このため、JAみやぎ仙南蔵王地区梨部会(会員数70名、栽培面積約70ha)では、今後の「蔵王梨」ブランドの展開に意欲を高めています。

また、その栽培の歴史は古く、大正2(1913)年以来続いており、蔵王梨栽培100年目を記念して平成25年から始まった「みやぎ蔵王梨まつり」は、今年で第6回を数えました。

JAみやぎ仙南では、国外にも蔵王産の梨をPRするため、8月下旬から香港向けの梨輸出を始めました。この輸出の取組は昨年に続き2年目となります。

昨年は、近年経済成長が著しいベトナム向けに5tを輸出しました。ベトナムでは、甘くてジューシーなどと評判が良かったものの、事前のほ場登録や害虫防除などの検疫対策等、クリアすべき条件が多く、採算が合わないという課題がありました。

2年目の今年は、前年の課題を踏まえ、今後も継続して輸出に取り組めるよう、ベトナムにかえて、現在の施設や設備などで検疫対策などの輸出条件への対応が可能な香港向けの輸出に取り組むこととなりました。

今年は春先から高温で経過したため、例年に比べ1週間ほど生育が進んでいる中、8月27日から早生品種の「幸水」を皮切りに香港向け輸出が始まり、9月13日から店頭に並びました。

香港では中秋節の贈答用として、日本産の甘いフルーツは大変人気があります。輸出する蔵王梨は、JAみやぎ仙南蔵王梨選果場で選果され、光センサーで糖度を測定するなど味・品質の統一が図られており、今年は、好天に恵まれたため糖度が高く品質は良好です。

今後、「豊水」、「新高」と品種リレーをしながら輸出は続き、10月中旬まで現地のスーパーなど2社の店舗で約2tが販売される予定です。

この輸出の取組が、継続性のあるビジネスとなるよう、JA全農インターナショナルの協力の下、10月上旬には蔵王町、みやぎ仙南農業協同組合それぞれの代表が香港を訪れ関係者一丸となったトップセールスが行われます。

JAみやぎ仙南生産販売部長は、「この「蔵王梨」は、生産者が丹精込めて栽培した自信を持ってお届けできるもの。更なるPRに努め、生産者の意欲を高め、輸出拡大につなげたい。」と話されています。

蔵王梨輸出の取組は、昨年から始まったばかりで、まだ試行錯誤のところもありますが、今後は「蔵王梨」ブランドを更に確立し、輸出量の拡大が期待されます。

  • お問い合わせ先:みやぎ仙南農業協同組合生産販売部
  • 住所:宮城県柴田郡柴田町西船迫一丁目10-3
  • 電話: 0224-55-1870
  • FAX:0224-58-3181
  • URL:http://www.ja-miyagisennan.jp [外部リンク]

   (情報収集)宮城県拠点   電話:022-263-1111(内線4608)

宮城蔵王産「梨」香港へ渡る

収穫を待つ宮城蔵王産「梨」


宮城蔵王産「梨」香港向け輸出開始の様子


2018年産初出荷の「幸水」梨


第6回みやぎ蔵王梨まつり

( 画像提供:「宮城蔵王産「梨」香港向け輸出開始の様子」及び「2018年産初出荷の「幸水」梨」はJAみやぎ仙南、「第6回みやぎ蔵王梨まつり」は蔵王町、「収獲を待つ宮城蔵王産「梨」」は宮城県拠点職員撮影)

ワイナリーを核として中山間地域を元気に -宮城県・大和町- (2018年6月20日掲載)

宮城県大和町(たいわちょう)にあるワイナリー、了美(りょうみ)ヴィンヤード・アンド・ワイナリーは、「ワイナリーには何故か人が集まる。ワイナリーで地域の活性化が出来るのではないか」との発想から、平成29年に設立された県内3番目のワイナリーで、本年4月に直営ショップをオープンしました。

約500平方メートルある醸造所内には28基のタンクが並び、一度に約30,000本のワインを製造することが出来ます。現在は平成28年10月から植樹した約2,400本のぶどうの苗木が育成中のため、青森県産、山梨県産のぶどうを原料としたワインを醸造・販売しているほか、シードルの醸造・販売をりんご栽培農家(山形県と仙台市根白石地区)と契約して行っています。

本年中には地元の新鮮な野菜を使ったメニューを提供するレストランをオープンする予定であり、敷地内のぶどうが収穫できるようになる平成32~33年にはぶどう約10種類10,000本を使ったワインの生産を見込んでいます。

代表者は、「ワイナリーを中心に、ぶどう栽培からワインの醸造・販売、隣接する富谷市の特産であるブルーベリーを原料としたワイン製造の請負、レストランを併設することによる地産地消への取組のほか、将来的には宿泊施設を整備して、農泊に取り組むことも考えています。中山間地域の豊かな自然と、大和町にある七ツ森を望む標高330mからのすばらしい眺望を観光資源として活かして、近隣にある松島などの観光地をめぐる既存の地域観光のツアーに組み込んでもらうなど、農と食から人の交流と地域の活性化を目指していきたい。」と話されています。

皆さんも、ワイナリー敷地内の小高い丘から見下ろすすばらしい眺望とおいしいワインを味わいに、了美ヴィンヤード・アンド・ワイナリーを訪れてみてはいかがでしょうか。

  • お問い合わせ先:了美ヴィンヤード・アンド・ワイナリー
  • 住所:宮城県黒川郡大和町吉田字旦ノ原36-15
  • 電話: 022-725-8370
  • FAX:022-725-8371
  • URL:http://ryomi-wine.jp [外部リンク]

   (情報収集)宮城県拠点   電話:022-263-1111(内線4607)

ワイナリーを核として中山間地域を元気に

ワイナリーの敷地内にある育成中のぶどう畑


了美ヴィンヤード・アンド・ワイナリーの全景


ワイナリーの醸造用タンク


直売所の様子