このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

平成16、17年度東北食料・農業・農村情勢報告

目次

 

東北の食料・農業・農村の特徴

  1. 東北農業の動向
  2. 新たな食料農業農村基本計画(経営所得安定対策等大綱)
  3. 担い手育成・確保の取組
  4. 米政策改革の推進
  5. 食料自給率向上に向けた取組
  6. 国際コメ年の取組
  7. 構造改革特区・地域再生計画での取組
  8. 農林水産関係補助金改革(三位一体改革)
  9. WTO等国際交渉の進展

 

第1部東北食料・農業・農村の動向

  1. 食料の安定供給の確保
    1. 食の安全と消費者の信頼の確保 7
      • (1)リスク管理体制の確立 7
      • (2)リスクコミュニケーションと消費者相談への対応 8
      • (3)食品に対する消費者の信頼を確保するための食品表示の適正化 12
      • (4)農薬の適正使用 15
      • (5)食品安全性向上の取組 16
    2. 望ましい食生活の実現 17
      • (1)食生活の動向 17
      • (2)食育の取組 22
    3. 食料自給率向上に向けた取組 27
      • (1)食料自給率の動向 27
      • (2)東北地域における食料自給率向上の取組 29
      • (3)地産地消の取組 34
  2. 農業・食品産業の持続的な発展
    1. 農業経営の動向 37
      • (1)農家経済を巡る動き 37
      • (2)農家数と農業労働力 39
    2. 担い手の育成・確保 44
      • (1)認定農業者の育成 44
      • (2)集落営農組織の育成と法人化の推進 45
      • (3)新規就農者の確保 47
      • (4)農業経営への女性の参画 48
      • (5)高齢農業者の活動の促進 50
    3. 農地の有効利用 51
      • (1)農地利用の動向 51
      • (2)農地の流動化の動向 55
      • (3)異業種の農業参入 58
    4. 米政策改革の推進 59
      • (1)地域水田農業ビジョンの策定、実施 59
      • (2)東北農政局の取組 60
      • (3)水田農業構造改革対策の取組 62
    5. 農業生産の動向(品目別) 63
      • (1)米 63
      • (2)麦・大豆・そば 71
      • (3)野菜 80
      • (4)果樹 86
      • (5)畜産・飼料作物 89
      • (6)花き及び地域特産物 95
    6. ニーズを捉えた販売 99
      • (1)輸出促進の取組 99
      • (2)品目別の販売(特徴的な取組) 102
    7. 自然循環機能の維持増進 112
      • (1)環境保全型農業の推進 112
      • (2)バイオマス利活用の取組 119
      • (3)容器包装リサイクル法 127
    8. 農業生産基盤の整備 127
      • (1)農業農村整備事業の推進 127
      • (2)国営土地改良事業地区における営農推進 131
      • (3)土地改良区組織の現状と課題 132
    9. 農業協同組合の動向 133
      • (1)農協改革と組織整備の状況 133
      • (2)農協事業の動向 134
      • (3)農協経営の概況 137
      • (4)農業制度資金を巡る動向 137
    10. 農業と食品産業との連携 138
      • (1)食料産業の構成とその動向 138
      • (2)食料産業クラスター形成に向けた取組 140
    11. 新技術の開発・普及 142
      • (1)産学官連携による技術開発 142
      • (2)農業キーテクノロジー等の新たな技術の普及・推進 144
      • (3)東北農業研究センター等による研究開発 144
  3. 豊かで住みよい農村の振興
    1. 農村地域の現状 147
    2. 中山間地域等の振興 149
      • (1)中山間地域の現状 149
      • (2)中山間地域等直接支払交付金 151
      • (3)山村等振興対策 154
      • (4)中山間地域の総合整備 156
    3. 地域資源の保全管理政策の構築に向けた取組 158
    4. 美しいむらづくりと定住の促進 159
      • (1)農道の整備 159
      • (2)農業集落排水の整備 160
      • (3)地域用水機能に配慮した農業用水路の整備 161
      • (4)美しいむらづくりに向けた整備 162
    5. 都市と農村の共生・対流 165
      • (1)共生・対流の動向 165
      • (2)グリーン・ツーリズム 168
      • (3)市民農園 168
  4. 農業災害の状況
    1. 災害による農業被害の概要 171
    2. 台風による被害 173

 

第2部集落営農を基盤とする組織経営体育成に向けた東北の動き

  1. 東北の農業生産、農業労働力の状況
    1. 農業産出額の減少 175
    2. 農家数、農業後継者の減少と農業労働力の高齢化 176
    3. 耕作放棄地の増加と耕地利用率の低下 178
    4. 担い手となる農家が減少 179
    5. 認定農業者の増加 181
  2. 集落営農の現状と組織化のメリット
    1. 育成すべき担い手としての集落営農組織の現状 182
      • (1)増加する集落営農組織 182
      • (2)集落営農組織の特徴 183
      • (3)集落営農に取り組む法人の概要 187
    2. 組織化によるメリット(作業の効率化とコストの削減効果) 190
    3. 品目横断的経営安定対策に向けた条件整備 192
  3. 集落営農の組織化を進めるに当たってのポイント
    1. 集落営農組織化の課題~リーダー育成が課題~ 197
    2. 集落を基盤とした組織経営体(集落営農)の育成方向 199

おわりに~集落を基盤とする組織経営の可能性~ 207

用語解説 209

ダウンロード

お問合せ先

企画調整室
担当者:地域農政調整官、地域分析係
代表:022-263-1111(内線4402,4076)
ダイヤルイン:022-221-6103
FAX:022-217-2382

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader