ホーム > 生産 > 東北の大豆 > 大豆作における失敗事例の紹介


ここから本文です。

大豆作における失敗事例の紹介

大豆作における失敗事例

東北地域は、26年産大豆の作付面積が全国の約4分の1を占め、大豆の一大産地となっていますが、近年は天候の影響等で収穫量の低迷が続いており、安定供給が強く求められています。大豆作における課題の解決のヒントになればと、平成24年度から「大豆作における失敗事例」について取りまとめています。今年度も東北6県から報告いただき、新たな失敗事例の追加と、改善策を講じた結果等の更新を行いました。全失敗事例77件のうち、改善策を講じた結果、約7割の事例で改善が見られています。大豆生産は大変難しく、条件が違えば同じやり方をしてもうまくいくとは限らず、環境の変化に対応しなければなりませんが、本資料に記載した事例と改善策が、皆様方の大豆栽培上の参考になれば幸いです。  

お問い合わせ先

生産部生産振興課 
担当者:豆類振興係
代表:022-263-1111(内線4112)
ダイヤルイン:022-221-6169
FAX:022-217-4180

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

東北農政局案内

リンク集