このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

農業生産工程管理(GAP)

農業生産工程管理(GAP)とは[農林水産省へリンク]

GAPの定義
 「GAP(Good Agricultural Practice)」とは、農業において、食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取組のことです。GAPの実施は、生産管理・効率性の向上や経営意識の向上にもつながるといった効果があり、農業人材の育成や我が国の農業の競争力強化にも有効な手段です。
農林水産省ではGAPの推進に当たり、GAPをすること、GAP認証をとることの両方を進めることとしています。

GAPの推進に向けた東北地域の特徴的な動き(PDF : 850KB)

未来につながる持続可能な農業推進コンクール(GAP部門)受賞者

農業生産工程管理(GAP)共通基盤ガイドラインに完全準拠した都道府県版のGAPの掲載について [農林水産省へリンク]  

GAP指導員[農林水産省へリンク]

会議等情報[農林水産省へリンク]

関連予算及び事業の公募状況[農林水産省へリンク]

東北各県リンク



お問合せ先

生産部生産技術環境課
担当者:課長補佐(営農対策)
代表:022-263-1111(内線4439)
FAX:022-217-4180

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader