このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

農業生産工程管理(GAP)

農業生産工程管理(GAP)とは

農業生産工程管理(GAP:Good Agricultural Practice)とは、農業生産活動を行う上で必要な関係法令等の内容に則して定められる点検項目に沿って、農業生産活動の各工程の正確な実施、記録、点検及び評価を行うことによる持続的な改善活動のことです。

これを我が国の多くの農業者や産地が取り入れることにより、結果として食品の安全性の向上、環境の保全、労働安全の確保、競争力の強化、品質の向上、農業経営の改善や効率化に資するとともに、消費者や実需者の信頼の確保が期待されます。

農業生産工程管理(GAP)の共通基盤に関するガイドライン

本ガイドラインでは、農薬や肥料の使用、土壌の管理、危険な作業の把握など、食品安全、環境保全及び労働安全に関する工程管理の内容と、工程管理の手法((1)計画、(2)実践、(3)点検・評価、(4)見直し・改善)の実践において、特に奨励すべき事項を提示しています。また、地域の実情に応じた新たな内容の付加や、産地内での役割分担などのガイドラインの活用方法等を提示しています。 

GAP取組支援データベース

  GAPの取組に関しては、補助事業により事例収集等を行いデータベースを作成しておりますので御活用下さい。

会議等情報

 GAP関係者の力を結集し国内におけるGAPの取組の裾野を広げ、我が国農産物の安全性等の向上を図るとともに、国内外の消費者・実需者等の信頼確保に寄与することを目的として「GAP戦略協議会」を設置しています。

お問合せ先

生産部生産技術環境課
担当者:課長補佐(営農対策)
代表:022-263-1111(内線4439)
FAX:022-217-4180

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader