このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

東北酒米生産振興セミナー

平成29年2月21日(火曜日)13時30分から、仙台合同庁舎(宮城県仙台市)において、「東北酒米生産振興セミナー」(主催:東北農政局、協力:仙台国税局、東北経済産業局)を開催し、農業者や酒造業者等約150名の参加を得て、酒米をめぐる情報の共有とともに東北地域における「地酒」の課題やその販売拡大について議論を行いました。


 局長挨拶
 東北農政局松尾局長による挨拶

1.事例紹介及び情報提供

はじめに、「酒米生産者と酒造業者との先進的な連携事例について」と題し、新政酒造株式会社代表取締役社長佐藤祐輔氏からご紹介をいただきました。続いて、「日本酒の輸出に向けた取組について」と題し、(独)日本貿易振興機構加工食品・酒類支援課長濱田哲一氏から、また、「IWC日本酒部門の開催について」と題し、兵庫県農政環境部農政企画局総合農政課長姫野崇範氏から事例紹介をいただきました。
次に、農林水産省、東北農政局、仙台国税局及び東北・夢の桜街道推進協議会から、それぞれ情報提供を行いました。(それぞれ資料は別添参照)



佐藤氏 濱田氏 姫野氏
新政酒造株式会社
代表取締役社長   佐藤 祐輔氏
(独)日本貿易振興機構
加工食品・酒類支援課長   濱田 哲一氏
兵庫県農政環境部農政企画局
総合農政課長   姫野 崇範氏

2.パネルディスカッション

その後、事例紹介をいただいた3名のほか、山形県JA酒米研究会連絡協議会会長成澤茂氏、日本酒類販売株式会社東北支社岩手営業所長瀧哲也氏及び株式会社コーポ・サチ代表取締役平出淑恵氏を交え、「東北地域における地元産酒米の使用と地酒の輸出の拡大に向けて」をテーマにパネルディスカッションを行いました。



パネルディスカッション 会場の様子
パネルディスカッション 会場の様子

その他

東北農政局では、セミナーの意見等を踏まえ、地元産酒米の取引拡大の可能性について、論点を取りまとめることとしています。

添付資料

資料1 当蔵の農関連事業について(新政酒造株式会社)((PDF : 1,853KB)
資料2 日本酒の輸出に向けた取組について(日本貿易振興機構)(PDF : 1,230KB)
資料3 IWC2016 SAKE部門 兵庫開催について(兵庫県)(PDF : 681KB)
資料4-1 平成29年酒造好適米の需給見通し(PDF : 391KB)
資料4-2 酒造好適米の需要量調査結果の取りまとめ(PDF : 210KB)
資料4-3 日本酒原料米の安定取引に向けた取りまとめ(PDF : 116KB)
資料4-4 今後の日本酒原料米の安定取引に向けた情報交換会について(以上、農林水産省)(PDF : 207KB)
資料5 酒米生産者と酒造業者との地元産酒米の取引拡大の可能性について(東北農政局)(PDF : 653KB)
資料6 最近の日本産酒類の輸出動向について(仙台国税局)(PDF : 638KB)
資料7 東北酒蔵街道(東北・夢の桜街道推進協議会)(PDF : 1,425KB)

お問合せ先

生産部生産振興課

担当者:新井
代表:022-263-1111(内線4187)
ダイヤルイン:022-221-6169
FAX番号:022-217-4180

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader