このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

東北地域公共牧場現地研修会の概要について

1.概要

  東北農政局と一般社団法人日本草地畜産種子協会は、令和元年9月4日(水曜日)、公共牧場等における適切な草地整備や維持管理を推進することを目的として、「東北地域公共牧場現地研修会」を青森県三戸郡田子町で開催しました。
本研修会は、東北地域の公共牧場関係者、農業公社、農業協同組合、地方公共団体等の関係者約60名の参加があり、草地における土壌・水保全技術や雑草防除技術の講演、草地でのフィールドワークを行った後、それらを踏まえた意見交換等を行いました。

  東北農政局では、引き続き各関係機関と連携し、自給飼料生産基盤の強化に向けた取り組みを推進して参ります。

2.日時

令和元年9月4日(水曜日)10時30分から16時00分

3.場所

(1)座学
      田子町立中央公民館ホール(青森県三戸郡田子町大字田子字柏木田169)

(2)現地研修
      和平高原開発農場草地(青森県三戸郡田子町内)

4.内容

(1)講演1「公共牧場等の大規模草地における土壌・水保全技術」
      国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門
      草地利用研究領域 草地管理ユニット長 中尾誠司 氏

(2)講演2「放牧地における強害雑草防除技術」
      国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門
      草地利用研究領域 山地放牧研究ユニット 上級研究員 北川美弥 氏

(3)フィールドワーク「草地の現況調査(和平高原開発農場)」
      農事組合法人和平高原開発農場 理事長 佐藤敬一 氏
      青森県三八地域県民局地域農林水産部 総括主幹(畜産課長) 根城伸悦 氏

(4)情報提供「飼料作物優良品種の紹介について」
      一般社団法人日本草地畜産種子協会 参与 小林 正勝 氏

(5)意見交換
      テーマ「草地の生産性維持・改善に向けた課題と対策(和平高原開発牧場の例)」
      コーディネーター
        一般社団法人日本草地畜産種子協会 放牧アドバイザー 梨木 守 氏

研修会の様子

真鍋生産部長の挨拶 農研機構 畜産研究部門 中尾草地管理ユニット長 農研機構 畜産研究部門 北川上級研究員
真鍋生産部長の挨拶
農研機構 畜産研究部門
中尾草地管理ユニット長
農研機構 畜産研究部門
北川上級研究員
フィールドワークの様子(草地) フィールドワークの様子(牛道) (一社)日本草地畜産種子協会 小林参与
フィールドワークの様子
(草地)
フィールドワークの様子
(牛道)
(一社)日本草地畜産種子協会
小林参与
(一社)日本草地畜産種子協会 梨木放牧アドバイザー 意見交換の様子  
(一社)日本草地畜産種子協会
梨木放牧アドバイザー
意見交換の様子
 

お問合せ先

生産部畜産課

担当者:髙村、熊谷、小柳
代表:022-263-1111(内線4093、4333)
ダイヤルイン:022-221-6198
FAX番号:022-217-4180