このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

平成30年度東北地域酪農経営支援シンポジウムの概要について

概要

東北農政局と公益社団法人中央畜産会は、平成30年12月20日(木曜日)、酪農の持続的な生産のための酪農従事者の安定的な育成を目的として、「平成30年度東北地域酪農経営支援シンポジウム」をJAビル宮城で開催しました。
本シンポジウムは、東北6県の学生、酪農家、農業協同組合、地方公共団体等の関係者約100名の参加があり、「株式会社Kalm角山の取組」と題して、北海道の株式会社Kalm角山の専務取締役川口谷仁氏から大規模酪農経営における農場HACCP及びJGAP認証の価値や重要性に関する講演をいただきました。
また、「酪農と私」と題して、秋田県の農事組合法人新林牧場の柴田瑞穂氏から、「酪農の労働環境改善と情報発信に向けた提案」と題して、株式会社NTTドコモ東北支社の金田直子氏からそれぞれ話題提供をいただきました。
その後、農場HACCP認証主任審査員、JGAP審査員の白戸綾子氏をコーディネーターとして迎え、「明日の酪農を担う後継者育成の取組(事業継承と法人化の観点から)」をテーマに、講演者3名の方々によるパネルディスカッションが行われました。
東北農政局では、関係者と連携し、酪農が職業として「選ばれる」ための環境づくりと情報発信を引き続き推進して参ります。

日時

平成30年12月20日(木曜日)12時30分から15時30分

場所

JAビル宮城  11階  大会議室(仙台市青葉区上杉1-2-16)

内容

1 講演
    「株式会社Kalm角山の取組」
     川口谷 仁 氏(北海道江別市 株式会社Kalm角山 専務取締役)

2 話題提供
(1)「酪農と私」
     柴田 瑞穂 氏(秋田県由利本荘市 農事組合法人新林牧場)
(2)「酪農の労働環境改善と情報発信に向けた提案」
     金田 直子 氏(株式会社NTTドコモ東北支社)

3 パネルディスカッション
   「明日の酪農を担う後継者育成の取組(事業継承と法人化の観点から)」
  コーディネーター  農場HACCP認証主任審査員,JGAP審査員 白戸 綾子 氏
  パネリスト          株式会社 Kalm角山 専務取締役 川口谷 仁 氏
                           農事組合法人新林牧場 柴田 瑞穂 氏
                           株式会社NTTドコモ東北支社 金田 直子 氏

シンポジウムの状況


真鍋生産部長の挨拶
株式会社Kalm角山専務取締役
農事組合法人新林牧場 柴田瑞穂氏
真鍋生産部長の挨拶
株式会社 Kalm角山
専務取締役 川口谷 仁 氏 
農事組合法人新林牧場 柴田 瑞穂 氏
     
株式会社NTTドコモ東北支社 金田直子氏
パネルディスカッションの様子
パネルディスカッションの様子
株式会社NTTドコモ東北支社 金田 直子 氏  パネルディスカッションの様子  パネルディスカッションの様子 

 

お問合せ先

生産部畜産課

担当者:髙村、丸尾
代表:022-263-1111(内線4433,4091)
ダイヤルイン:022-221-6198
FAX番号:022-217-4180