このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

東北農政局情報公開窓口

情報公開制度

「行政機関の保有に関する情報の公開に関する法律」(平成11年法律第42号)に基づき、行政機関の保有する情報の公開の一層の公開を図り、もって政府の有するその諸活動を国民に説明する責務が全うされるようにするとともに、国民の的確な理解と批判の下にある公正で民主的な行政の推進に資することを目的としています。

東北農政局情報公開窓口

東北農政局(担当:総務課)では、「情報公開窓口」を設置し、東北農政局への開示請求書の受付や、開示請求手続等に関する相談・問い合わせに対して案内や情報提供を行っています。

  • 〒980-0014  仙台市青葉区本町三丁目3番1号
    東北農政局情報公開窓口(仙台合同庁舎7階)
    TEL:022-263-1111 (内線4300)

開示請求の対象となる行政文書

開示請求の対象となる「行政文書」は、「職員が職務上作成・取得したもの」で「職員が組織的に用いるもの」として「行政機関が保有しているもの」とされています。

また、不特定多数の者に販売することを目的として発行されるもの(官報、白書、新聞、雑誌、書籍その他)は、対象となりません。

なお、東北農政局情報公開窓口では、東北農政局の行政文書に係る開示請求書を受付しますが、東北農政局以外の行政機関に係る開示請求書については、そちらの行政機関へ直接持参するか郵送していただくこととなります。

開示請求の手続

開示請求書(PDF:236KB)]に以下の事項を記載し、行政文書1件につき300円の収入印紙を貼付のうえ、東北農政局情報公開窓口まで提出(郵送もできます)してください。

(ア) 請求者氏名又は名称

(イ) 請求者住所又は居所等

(ウ) 請求する行政文書の名称等

開示・不開示の決定及び通知等

原則として、請求のあった日から30日以内に、開示・不開示の決定を行い、書面により開示請求者へ通知します。

また、事務処理上困難である等の理由により、この期間内に決定できない場合は、開示決定等の期限を延長する旨及び延長後の期間等を書面により通知します。

開示の実施

開示請求のあった行政文書について、開示の決定をした場合は「開示決定通知書」に同封の「行政文書の実施方法等申出書」に開示の実施の方法(「閲覧」又は「写しの送付」)等の必要事項を記載し、開示実施手数料分の収入印紙を貼付のうえ、開示の実施方法等の申し出をすることができます。

なお、開示実施手数料は、開示の実施の方法により異なります。

不服申立て

不開示決定、一部開示決定等について、不服がある場合は、行政不服審査法に基づき、不服申立てを行うことができます。

その他

お問合せ先

総務部総務課
情報公開窓口(内線4300)
文書管理情報公開係(内線4406)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader