ホーム > 基本政策 > 東北地域食料自給率 > 国産応援ポイントプログラム「こくポ」


ここから本文です。

国産応援ポイントプログラム「こくポ」

「こくポ」とは

国産応援ポイントプログラム「こくポ」とは、国産食料品の購入を促進することを目的としたポイントプログラムです。対象の国産食料品を買うと、抽選で国産食材が当たります。

「こくポ」については、消費面から食料自給率の向上を図る取組として農林水産省が支援し、平成21年度から3年間の実証期間を経て、平成24年度から「こくポ」という統一名称の下で本格的に実施しています。

これまでの取組

 【平成26年度】

東北農政局では、平成26年7月14日から15日にかけて、東北ブロックにおける企業・団体等を対象に、「こくポ」への理解を深め、事業展開を図るための訪問説明を実施しました。

 

【平成25年度】

東北農政局では、国産食料品の供給に大きな役割を果たしている東北各地の関係者(食品製造・流通・販売業等)を対象とした東北ブロックにおける国産応援ポイントプログラム事業の説明会(平成25年7月16日及び平成26年3月17日、いずれも仙台合同庁舎8F講堂)を開催し、本取組の推進を図りました(総計約70名参加)。

h25kokuposetumeikai

説明会の様子

 

【平成24年度】

東北農政局では、平成24年11月から12月にかけて、管内の全農県本部等に対し、本事業の趣旨を説明し周知を図りました。

ページトップへ

お問い合わせ先

企画調整室
担当者:室長補佐(基本計画推進)
代表022-263-1111(内線4535)
FAX:022-217-2382

東北農政局案内

リンク集