このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

今月の消費者展示コーナー(平成29年8月後半)

森・川・海の魅力いっぱいのまち 岩手県宮古市

宮古市は、平成17年6月、宮古市、田老町、新里村が合併し誕生しました。平成22年1月には川井村が加わり、1260平方kmの面積を有する本州最東端のまちです。

基幹産業である水産業は、鮭の漁獲量では本州一、真ダラの水揚量では日本一を誇り、いかやきちじ、うに漁も盛んでしたが、東日本大震災の大津波によって、農業とともに甚大な被害を受けました。着実に復興への道を歩んでいる中、平成28年に襲来した台風10号の記録的な豪雨により、二度目の被害に遭われた生産者や事業者もいます。しかしながら、自らの懸命な努力と、各方面からの温かい支援によって、宮古市の農水産業は日々復興しており、震災後から始まった、農畜産物の生産拡大支援などの新たな取り組みも少しずつ実を結んできています。宮古市産の農作物や海産物を原材料に使った新たな加工品や宮古市のご当地メニューも次々生まれております。

8月後半の展示コーナーでは、宮古市産の農水産物を使った加工品や浄土ヶ浜をはじめとした宮古市内の自然あふれる地域のポスターなどを展示し、森、川、海の魅力いっぱいのまち宮古市をご紹介します。

【展示内容】

農水産物加工品、カタログ、ポスター、パンフレット等



展示期間:平成29年8月16日(水曜日)~8月31日(木曜日)
   
展示場所:東北農政局消費者展示コーナー
                     (仙台合同庁舎B棟 1階行政情報プラザ)
                      仙台市青葉区本町三丁目3番1号


m100  m11
 m3 m11111


お問合せ先

消費・安全部消費生活課

担当者:山口、高橋
 代表:022-263-1111(内線4330)
ダイヤルイン:022-221-6093
 FAX番号:022-217-8432